Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. 同志社大学ホーム
  2.  > 在学生
  3.  > 課外プログラム(♭プログラム)

課外プログラム

♭(ふらっと)プログラム(映画上映・コンサート / 京田辺)

♭(ふらっと)プログラムでは、コンサートや映画上映など、多彩な文化プログラムを行っています。どなたでもご自由に、”ふらっと” お立ち寄りください。

場所ハローホール(多目的ホール)やローム記念館劇場空間 など
※内容・日程・場所は都合により変更となる場合があります。
入場料全て無料
♭(ふらっと) プログラム(映画上映・京田辺)

2016年度秋学期ラインナップ

アロハフェスティバル 「Kahealani×Meahula Nohealani」

10月6日(木)  12:20~
@ローム記念館 劇場空間

ープロフィールー
Kahealani(カヘアラニ)
~Call of heaven~
Vocal. maimaiの心地よい歌声は、まるでハワイの楽園に連れて行ってくれるかのようだ。その歌声を包み込むようにGuitarを奏でるKou、演奏の土台を作り、支えるBassのDaiからなるハワイアンバンド。フラのダンサーからの信頼も厚く、数々のコンペティション、ホイケ(Ho'ike ハワイ語で発表会の意)に出演。関西始め、地方からの出演依頼も数多い。慰問活動も積極的に行う。

2014年 Maunalei Hula コンペティション、バンド部門で優勝
2015年1月 1st Album 『Ku'u Manawa』発売


Meahula Nohealani(メアフラノヘアラニ)
同志社大学公認団体。2008年創部。
200名近い部員が季節を問わず学内外で様々なイベントから発表会までをこなす学内フラダンスサークル。

【出演メンバー】
maimai (Vocal & Ukulele)
Kou (Guitar)
Dai (Bass)

【コラボゲスト】
Meahula Nohealani(同志社大学公認団体)



※ハワイアンバンドのKahealaniによる生演奏に、コラボダンサーとして学内フラサークル Meahula Nohealaniを迎え、歌って・踊って・見て楽しめる「アロハフェスティバル」コンサートを開催します。
アロハフェス2015

昨年の「アロハフェスティバル」の様子

kahearani

Kahealani

meahula nohealani

Meahula Nohealani

コマ撮り人形アニメーション「秦俊子 短編アニメ上映」

10月13日(木)  ①12:20~ ②14:55~(2回開催)
@ローム記念館 劇場空間

ープロフィールー
秦 俊子(Hata Toshiko)
アニメーション作家、イラストレーター
1985年生まれ
2009年 東京藝術大学美術学部工芸科染織専攻卒業
2011年 東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻修了

フリーランスで、コマ撮りアニメーションを始めとする映像やイラストを制作している。大学院の修了制作作品「さまよう心臓」は、国内外の映画祭で受賞、多数上映されている。
仕事ではNHKみんなのうた「ヤミヤミ」「とりあえず、タマで。」や、おかあさんといっしょ「おもちゃのブルース」などの人形アニメーションを制作。NHKBSプレミアム「ワラッチャオ!」では、番組内コーナーアニメや歌のアニメを企画・制作している。


※今回は、映画上映の他に監督によるメイキングトーク、作品の展示を同時開催いたします。

作品1
作品2
秦監督

秦 俊子監督

FLAT(京田辺)×CLAP(今出川)
「内藤日和 短編アニメ Uncle and Girl」×「コマ撮りアニメーションワークショップ2016」

12月2日(金)  ①12:20~ ②14:55~(2回開催)
@ローム記念館 劇場空間

【作品情報】
「Uncle and Girl」 (2011)
監督/アニメーション/音楽: 内藤日和

■あらすじ■
一人で留守番するのに飽きてしまった女の子。
外で遊んでいたら、戸が開いている家を見つけ、こっそり忍び込み遊んでいるとその家の住人が帰ってきてしまい・・・


ープロフィールー
内藤日和(アニメーション作家)
1989年大阪府出身。
大手前大学メディア芸術学部でアニメーションを学ぶ。
卒業制作にて、「Uncle and Girl」が2011年 アニメーション神戸デジタルクリエイターズ部門 最優秀賞を獲得し、その他国内での受賞歴多数。
子どもと大人の感覚や視点を対比したユーモアや、記憶や質感、鬱屈した気持ちを意識したアニメを中心に制作しており、現在はイラストの制作なども行っている。
2012年、神戸市からの依頼で制作した「in KOBE」や、2014年に制作されたMV「ちっちゃな手」などを同時上映します。


※今回は、今出川校地で開催されたCLAPコマ撮りアニメーションワークショップ2016での学生作品の同時上映と作品の展示などを同時開催します。

作品1

in KOBE

作品2

Uncle and Girl

監督イラスト

内藤日和監督(イラスト)

~世界のギター博覧会&コンサート~
【特別展】英語でわかる!ビートルズ「大江和基・田中彬博・豊田渉平」

12月14日(水)  12:20~
@ローム記念館 劇場空間

ープロフィールー
大江和基
ANミュージックスクール卒業後、ギタリストとして関西を中心に様々なアーティストとライブ活動を展開。近年は女性ポップスシンガーのサポートを筆頭にファンク・ソウル・ブルース・即興演奏など様々なジャンルのライブに参加している。ウクレレのプレーヤーとしても活動しており、2013年開催の「第7回ジ・ウクレレコンテスト」にウクレレデュオ【Lagoo】として出場。関西予選大賞受賞、 東京で行われた本選ではパフォーマンス賞受賞と「タイランド・インターナショナル・ウクレレフェスティバル2014」に招聘される。2016年アコースティックギタリスト・森田大地とのデュオアルバム「a little time」を発売。

田中彬博
「フィンガーピッキング」と呼ばれる繊密な指弾き奏法の魅力と共に、作曲やアレンジも独自のアイデアにあふれる。出身地である京都を拠点に国内外、世代やジャンルを越えた様々なアーティストとの共演や、聴き手とのコラボレーションを生み出し続けている。 2007年、モリダイラ(株)主催フィンガーピッキングコンテスト全国決勝大会において『最優秀賞(グランプリ)』『オーディエンス賞』『オリジナルアレンジ賞』の三冠を獲得。
2010年、アメリカ・カンサス州ウィンフィールドで開催される世界規模のギターコンテスト、39th Walnut Valley Festival「International Fingerstyle Guitar Championship」にて日本人初、大会史上最年少でのグランプリを獲得した。

豊田渉平
ジャズやカントリーをベースに、オリジナルや親しみあるポップスを演奏するギタリスト兼シンガー。11年、INTERNATIONAL THUMB-PICKING Contestにて日本人としては初の3部門総合優勝者に選ばれる。2012年全国フィンガーピッキングデイコンテストにて最優秀賞とアレンジ賞の2冠を獲得。


【出演メンバー】
大江和基 (Guitar)
田中彬博 (Guitar)
豊田渉平 (Guitar)

※今回は特別展と題してビートルズの作品を中心に3人のギタリストと学生が博物館学芸員に扮して、全編を英語によってご案内するギター博覧会とコンサートを行います。展示されたそれぞれのギターを手に取りながら、名曲解説と音楽を一緒にお届けするコンサートです。
昨年の様子

昨年の「世界のギター博覧会」の様子

大江さん

大江和基

田中さん

田中彬博

豊田さん

豊田渉平

クリスマス週間ランチタイムコンサート「F.A.C+OneVoices」

12月22日(木)  開演時間12:20~
@ローム記念館 劇場空間

ープロフィールー
F.A.C(軽音楽団体)
主なライブは、他大学のサークルと合同してのライブハウスでのジョイントコンサート、学園祭でのステージ、毎月1回学校内のホールもしくはホール内で行われる定演です。
これらのライブはほとんどが土曜日や日曜日に開催されます。また京都フォークソング連盟に加盟しており、計8大学のサークルとの合同ライブも行っております。演奏するジャンルは様々で、J-Pop、J-Rock、アニソン、ヘビーメタル、フュージョンなど本当に多種多様です。

One Voices(アカペラサークル)
私たちOne Voicesは、歌を歌うのが大好きなメンバーが自分たちの声だけを使って音楽を奏でる”アカペラ”を楽しむサークルです。100人を越える巨大サークルですがアットホームな雰囲気で毎日楽しく活動しています。邦楽・洋楽・バラードからアップテンポな曲までジャンルにとらわれず好きな曲を歌うことが出来ます。


【出演】
F.A.C (同志社大学公認団体)
One Voices (同志社大学公認団体)

※今回は同志社大学公認団体の各サークルによるジョイントコンサートをランチタイムの時間帯にローム記念館 劇場空間にておこないます。
F.A.C

昨年の「ランチタイムコンサート」の様子(F.A.C)

One Voices

昨年の「ランチタイムコンサート」の様子(One Voices)

~タンバリンコンサート&ワークショップ~
タンバリン博士「田島隆」
鳴らしてみようタンバリンワークショップ

2017年1月7日(土)  開演時間13:00~
@ハローホール(多目的ホール)

ープロフィールー
田島 隆
世界中のあらゆるタンバリンを演奏するタンバリン専門の演奏家。
日本でのタンバリンという楽器は、三日月形や丸型のフレームのみの形をしていて、カラオケのお供のような存在としての使用法が一般的ですが、実は想像のつかない程の優れた表現力を持っています。
ライブではその何種類の音色を奏でるだけではなく、メロディを奏でたり、ドラムセットの音が出たりというオリジナルサウンドも披露、その演奏は世界でも知られています。
また、その演奏法を世界に広く伝える活動もしています。シンプルな楽器から沢山のリズム、素晴らしい音楽が生まれる瞬間を是非とも体感してください。


※今回はコンサートだけでなく、「皆で鳴らしてみようタンバリン!」のワークショップもおこないます。



タンバリン奏者田島氏

田島隆

2016年度春学期ラインナップ

アニメーション上映 「コーポにちにち草のくらし」(2013年/8分22秒/カラー)

4月27日(水)  ①12:20~ ②14:55~(2回開催)
@ローム記念館 劇場空間

【作品情報】
「コーポにちにち草のくらし」 (2013年/8分22秒/カラー)
 監督/脚本/アニメーション:若井麻奈美
 音楽:直江香世子
 サウンドデザイン:黒岩若菜
 ナレーション:板路ゆゆ
 プロデューサー:伊藤有壱

若井麻奈美(映像作家/イラストレーター FOGHORN所属)
1989年神奈川県生まれ。
多摩美術大学絵画学科油絵専攻 東京芸術大学大学院映像研究科アニメーション専攻卒業。ミクストメディアのように様々な技法を取り入れたアニメーションを制作。多摩美術在学中に絵画や立体、インスタレーションなどを制作し、2010年に短編ア ニメーション「SANKAKU」で第16回学生CGコンテスト最優秀賞を受賞。同作は海外での上映も多数。2013年3月、「コーポにちにち草のくらし」が沖縄国際映画祭クリエーターズファクトリー特別賞を受賞。2014年、イオンエンターテインメントとROBOTが主催する「HAG」にてイオングループ賞受賞。現在は幅広く映像やイラストの制作を行っている。

その一見脱力系なキャラの醸し出す可愛らしさとは裏腹に、リリカルで、同時に誰もが共有出来る日常に潜む哀しみや喪失感を伝える独特のストーリーや作風は、最新作である「ひとりぼっちのヒーロー」も含め、コアなファンを中心に強力に支持されている。2013年より、アニメーション作家・中内友紀恵、いよりさきと共にイベント「ANIME SAKKA ZAKKA」を共同主宰。

※今回は、作家によるメイキングトークを同時開催いたします。

コーポにちにち草のくらし

「コーポにちにち草のくらし」

若井監督

若井監督

ガールズホーンバンド×軽音楽部 Jazzfunkコンサート「ガラムマサラ」

5月14日(土)  12:45~
@ハローホール(多目的ホール)
※12:30デモ演奏あり(@ハローホール前広場、雨天時中止)

ープロフィールー
ガラムマサラ
2005年、奈良県立郡山高校OGで結成。結婚式や演奏会でのゲスト、地域のお祭り等、ジャンルを問わず様々なイベントに出演。仕事に子育てと、メンバーそれぞれの生活環境が大きく変化する中、同じ志を持ちながら活動継続中!!

軽音楽部
同志社大学軽音楽部は、同志社軽音系サークル唯一の部活動として活動しております。Jazzを中心に、Fusion、Ska、Latin、BossaNovaから、Rock、Popsまでジャンルに制限はありません。また、楽器についても特に制限はなく、"やりたい"という意思があればどんな楽器、音楽をすることも可能です!軽音楽部に興味をもってくださった方は、是非、練習場や学内コンサートにお越しください。また、見学希望質問等何かあれば練習場へ直接来てください。

※今回はプロ活動している、坂田明奈・奥山佳奈に加え、メンバーそれぞれが、違った生活リズムの中で活動を続け、志を維持してゆくためには?といったお話などを交えてコンサートを展開してゆきます。 また、同志社大学公認団体「軽音楽部」がコラボゲストとして出演します。


【出演メンバー】
坂田明奈(sax奏者from東京)
奥山 佳奈(drum&percussion)


【コラボゲスト】
軽音楽部(同志社大学公認団体)

ガラムマサラ
ガラムマサラ

スイングジャズ&タップダンスコンサート「Clap Stomp Swingin'」

5月25日(水)  12:45~
@ハローホール(多目的ホール)
※12:30デモ演奏あり(@ハローホール前広場、雨天時中止)

ープロフィールー
Clap Stomp Swingin'
歌うギター、笑うベース、踊るピアノ、陽気な3人組からなる関西発エンターテイメントスウィングShow!! スウィングジャズが大衆音楽であった古き良き時代のスウィングナンバーをこよなく愛し、ルーツに根ざしたサウンドとファッション、様々なエッセンスを内包した楽曲で独自の世界を展開、その個性溢れるライブパフォーマンスは各地で手拍子、足拍子、笑顔の渦を巻き起こす!これまでに3枚のアルバムをリリース、最近では2015年10月より半年連続でナット・キング・コールトリビュートシングル「I Saw Her Kissing Nat Cole」をリリースし、好評を博している。
エビバデClap! せーのでStomp!! あなたのハートにSwingin'!!!

Shim Sham
2008年に誕生した年々成長中のタップダンスサークル。先輩後輩ともに仲良く練習している。学園祭でのステージ出演や小学生向けのタップダンス教室など、”タップダンスの楽しさを伝える”をモットーに学内外問わず幅広く活動している。

※今回は学内サークルのShimShamとのコラボでステージを盛り上げます。

【出演メンバー】
高田亮介(guitar)
斎藤一郎(bass)
井高寛朗(piano)

【コラボゲスト】
Shim Sham(同志社大学公認団体)

CLAP stomp swingin'
shimsham

アコースティックミュージックコンサート「nigumo(ニグモ)」

6月17日(金)  12:20~
@ローム記念館 劇場空間
※デモ演奏なし

ープロフィールー
nigumo
ブルースやジャズを主軸に、アーバン感覚を取り入れた音楽スタイルを主眼として、芦田良平 (guitar)と寺本裕也(steel pan)の2人で2009年に結成。ビル、都会の喧騒を中心に活動してゆくなか、アコースティックからエレクトリックへと志向が推移することによって、 R&Bやヒップホップ、ファンク色を強めたサウンドとなる。2013年に坂野雄亮(鍵盤ハーモニカ)が加入して以降は、新しいアコースティックミュージックへと進路を変え、現在はアダルトオリエンティッド、大人のアコースティックミュージックへと熟成に熟成を重ねて活動中。今回は、RED-B(Percussion)をフィーチャーしての特別プログラムで挑みます!

【出演メンバー】
芦田良平(guitar)
坂野雄亮(鍵盤ハーモニカ)
寺本裕也(steelpan)
RED-B(percussion)
nigumo
redb

光と色の立体アニメーション上映「約束」(2011年/8分23秒/カラー)

6月22日(水)  ①12:20~ ②14:55~(2回開催)
@ローム記念館 劇場空間

【作品情報】
「約束」 (2011年/8分23秒/カラー)
 監督/脚本/アニメーション:河野亜季
 音楽:山本清香 音響:高橋享平
 ナレーション:廣川三憲
 プロデューサー:伊藤有壱

■あらすじ■
木々が赤く染まる季節、命をなくした我が子の前で泣き続ける女がいた。女は我が子を失いたくないが為、黒い闇を背負った男とある約束をかわしたのだった。


河野亜季(こうの あき)
シルエット(影絵)、半立体を使ってアニメーション作品やインスタレーション作品を制作。同志社女子大学情報メディア学科にてアニメーション制作の面白さを知り、より深くアニメーション学ぶため大学卒業後、東京藝術大学大学院映像研究科アニ メーション専攻に入学。大学院在学中にシルエット、半立体アニメーション作品を制作し、修了制作『約束』はモンストラリスボンアニメーション映画祭学生審査員部門最優秀賞等、 国内外での上映歴多数。独自の色彩感覚によってつくられた世界観には定評があり、近年は京都の伝統工芸作品とアニメーションを融合させた新しい映像作品のカタチを作り出している。

主な作品として、2012年、京都の伝統工芸品「阿以波団扇」と日本文学の代表作「源氏物語」を融合させた 「うごきだす阿以波団扇展」(SHINA galleryにて開催)、また2013年には、文化庁の助成を受けて制作したインスタレーション作品「女郎蜘蛛」(東京ミッドタウンにて展示)がある。

本上映では、修了制作『約束』の他、同志社女子大学在学中に制作し立体アニメーションを志すきっかけとなった『青春』、今年4、5月に放送されたNHK「みんなのうた」より『すっぽんぽんぽん』の新作アニメーションも同時上映予定です。

※今回は作家によるメイキングトーク・作品展示を同時開催いたします。

約束
河野亜季

七夕週間ランチタイムラウンジコンサート「邦楽部」

7月6日(水)  開演時間12:20~
@ローム記念館 劇場空間


ープロフィールー
邦楽部
同志社大学邦楽部は今年で創立85年目を迎える、同志社大学公認の部活動です。箏、三絃(三味線)、尺八といった日本伝統の和楽器を演奏する活動をしております。どれも魅力的な音色をもつ奥深い楽器ですが、大学から楽器を始めた初心者でも、先輩からの丁寧な指導と練習で十分に弾きこなせるようになります。また、曲の種類も、古典的な曲から、親しみやすいメロディーや激しいリズムのある現代的な曲まで幅広いので、それぞれの好みにあわせて自由に演奏を楽しめます。楽器の音色を聴いてみたい、楽器に触れてみたいという方は是非一度、邦楽部の部室にお越しください。お待ちしてます!

【出演】
邦楽部(同志社大学公認団体)
このページの先頭へ