このページの本文へ移動
ページの先頭です
以下、ナビゲーションになります
以下、本文になります

学費について

2024年度学費延納・分納願受付について
(Payment Deadline Extension, Payment in installments)

対象者
Who can apply
やむを得ない理由で学費の延納または分納を希望する人(一般・正規学生に限る)
Those who are experiencing difficulty in meeting the deadline for the payment of fees.

※「高等教育の修学支援新制度」(授業料等減免)に出願中の方は、採否にかかわらず選考結果が通知されるまでの間、2024年度春学期の学費の納付が猶予されますので、学費延納・分納の申請の必要はありません。

申請方法
How to apply
奨学金・学費延分納申請(WEB)から申請してください。
Please make a procedure from the following URL.

在学生のページ:シングルサインオン https://sso.doshisha.ac.jp/からログインし、
メニューの「奨学金・学費延分納申請」を選択して奨学金・学費延分納申請システムへ進んでください。

個人情報の取り扱いに関して同意した後、メニューから「学費延納・分納の申込を行う」を選択し、必要な情報を入力してエントリー(申請)してください。

※以下に該当する学生は、「延納」のみ選択できます。「分納」を選択しても無効とします。
 ・専門職課程のビジネス研究科、司法研究科の学生
 ・「高等教育の修学支援新制度」(授業料等減免)に既採用の学生

春学期分(Spring Semester)

受付期間
Period for Entry
4月1日(月)0:00~4月26日(金)23:59
手続き後の納入期限
Payment deadline after the procedure
  • 分割納入1回目 5月31日(金)
    (Payment in installments|first deadline)
  • 分割納入2回目 7月17日(水)
    (Payment in installments|second deadline)
  • 延期納入 7月17日(水)
    (Payment Deadline Extension|Extended deadline)

秋学期分(Fall Semester)

受付期間
Period for Entry
9月21日(土)0:00~10月31日(木)23:59
手続き後の納入期限
Payment deadline after the procedure
  • 分割納入1回目 11月28日(木)
    (Payment in installments|first deadline)
  • 分割納入2回目 2025年1月20日(月)
    (Payment in installments|second deadline)
  • 延期納入  2025年1月20日(月)
    (Payment Deadline Extension|Extended deadline)

【重要】2024年度 大学院修士段階における「授業料後払い制度」について
(2024年度 修士課程・博士前期課程進学予定者)

2024年度から大学院修士段階(修士課程・博士前期課程及び専門職学位課程)の授業料について、在学中の授業料を国が立て替え、修了後の所得に応じて返還を行う「授業料後払い制度」が創設されます。

2023年11月までに文部科学省から通知のあった情報に基づき、2024年度春学期に本学大学院(修士課程・博士前期課程)への進学を予定している方に対する本制度の取扱いを申請要項に記載しております。本制度の利用を希望される方は、下記申請要項に従って手続きを進めてください。

なお、2024年度春学期に本学大学院専門職課程に進学される方は、入学後に本制度の申請を受け付けます。

1.本制度の概要
(1)対象者
以下の条件を全て満たす者
・令和6年度以降に国内の大学院に進学した者(※)
・本人の希望に基づき、在学校を通じて申請を行った者
・日本学生支援機構(JASSO)の修士段階を対象とした月額5万円又は8万8千円の第一種奨学金(以下単に「第一種奨学金」という。)と同様の家計基準及び学業成績基準を満たす者
・過去に貸与を受けた奨学金の返還が延滞中である等、第一種奨学金の貸与を受けられない事由がない者

※令和6年度については、上記に加え、以下のいずれかに該当する者のみを対象とする。
①令和6年度秋の新規入学者
②令和6年度春の新規入学者であって、学部で修学支援新制度の対象となったことがあり、かつ、就労等を挟まずに大学院へ進学した者。当該者については、進学先の大学院が秋まで授業料の納付を猶予する場合、本人からの申出に基づいて、令和6年4月からの授業料に遡って支援の対象とする。

(2)後払いとできる授業料の額
・年776,000円を上限として大学が請求する授業料(予定)

法的には第一種学資貸与金(無利子の貸与型奨学金)の一形態として、これらの金額に保証料を上乗せした金額を日本学生支援機構から学生に貸与する(貸与額から保証料を天引きした額が授業料相当となるよう、貸与額及び保証料を設定する。すなわち、授業料相当額及び保証料相当額を併せた額が貸与額となる。
※保証料の支払い(機関保証への加入)を必須とする。

2.本学の対応について
(1)申請要項
2024年度春学期に本学大学院(修士課程・博士前期課程)への進学を予定している方は、下記の要項をご確認ください。
2024年度「授業料後払い制度」申請要項(同志社大学)

(2)申請期間
 【夏期・秋期実施入試合格者】
  2023年12月26日(火)~2024年1月16日(火)(当日消印有効)
 【春期実施入試出願者】
  受験する研究科の出願開始日~出願締切日(当日消印有効)

(3)申請書式
「授業料後払い制度」申請書

その他OTHERS

奨学金に関連するページやイベントのリンクはこちらです。