1. 奨学金ホーム
  2. 奨学金制度(学部)
  3. 民間・地方公共団体奨学金

奨学金制度

民間・地方公共団体奨学金

民間・地方公共団体奨学金とは、民間企業が母体の財団法人、市区町村などの地方公共団体などが募集する奨学金です。
団体は、奨学生募集の形態により、大きく①大学推薦団体(財団が大学に奨学生の推薦を依頼し、大学が推薦者を選考し財団に推薦するもの)と ②公募団体(団体が直接奨学生を募集するもの。大学は掲示等で募集を周知します)の2種類に分けることができます。
※このページの一覧には、奨学金制度(大学院)の「民間・地方公共団体等奨学金」の内容も含みます。

1.民間団体 大学推薦分一覧

学部の大学推薦分の奨学金を希望する場合には、9月下旬に受付を行う(新入生は入学前の2月にも受付)「民間団体奨学金《大学推薦》志望登録」の手続をとってください。
大学院生の大学推薦分の奨学金については、公募は行いません。なお、大学推薦分のうち一部の団体については、公募することがあります。公募する場合には、掲示いたしますので確認の上、応募してください。

(1)給付
団体名設立趣旨対象月額
アイコム電子通信工業振興財団アイコム(株)の創立40周年記念事業の一環として2004年1月に設立
アイコム電子通信工業振興財団
近畿地区の大学生または大学院生で、電子通信工学関係を学んでいる、学部3年次以上または大学院生50,000円
アイザワ記念育英財団アイザワ証券(株)の創業者故藍沢彌八氏の遺徳を継承し、元役員諸瓜勇吉氏が中心となり1991年3月に設立。学業優秀、品行方正でありながら、経済的理由により修学が困難な大学又は大学院に学ぶ日本人学生及び外国人留学生に対し、奨学援助を行い、もって外国との友好親善及び社会有用の人材を育成することを目的とする。
アイザワ記念育英財団
学部2〜4年次生30,000円
大林財団都市の構造と機能、文化と環境はどうあるべきかについて研究を進めることが必要であり、更にそれを実現するための技術開発研究などの問題が山積しているために、学術の総合的かつ学際的な研究を早急に進めることが望ましく、民間からの重点的な研究支援が必要と考え、関係各方面の賛同を得て1998年9月に設立
大林財団
都市に関連ある分野の実業、実務又は学術研究に将来従事しようとする学部2年次生50,000円
大阪造船所奨学会理工系の学科を専攻する大学生及び大学院生で、学業優秀でありながら経済的理由により就学困難な者に対して奨学援助を行い、もって我が国の科学技術分野の教育・学術研究の発展に寄与することを目的として2014年に設立理工学部3~4年次生
および
大学院(修士課程)1~2年次生
30,000円
*1年限り
海堀奨学会朝日ウッドテック(株)社長故海堀寅造氏が1975年に設立大阪府在住の理工学研究科博士課程前期課程、修士課程1年次生または理工学部3年次生学部
25,000円
大学院
30,000円
樫山奨学財団(株)オンワード樫山創業者故樫山純三氏が私財を投じて1977年に設立
樫山奨学財団
学部1年次生40,000円
川村育英会DIC株式会社創業者の川村喜十郎を出捐者として、将来社会に貢献し得る有用な人材を育英するため、学術優秀、品行方正、身体強健でありながら、経済的理由により修学が困難な者に対し、学資を支給して修学の機会を与え、また、優れた能力を有する若手研究者に対し、研究奨学金を支給して研究に専念する機会を与え、もって社会文化の向上並びに科学技術の発展に寄与することを目的として設立
川村育英会 
理工学部2年次生
および
大学院(修士課程)1年次生
学部
30,000円
大学院
60,000円
木下記念事業財団マルイトグループの創業40周年記念事業として、グループの創業者、故木下政雄前理事長の資産を元に、次代を担う学生に対する修学支援を目的に昭和50年に設立
木下記念事業財団
学部2~4年次生年額600,000円
京信榊田喜三記念育英会京都信用金庫の創立者故榊田喜三氏の功績を記念し、地元京都より一人でも多くの有能な人材を輩出することを目的として設立学部3〜4年次生年額
500,000円
*1年限り
勤労学生援助会内外学生センター京都学生相談所の支援団体として1966年に設立学部1〜3年次生
家庭からの援助が皆無に近く、学費、生活費をアルバイト収入から捻出している者
年額
100,000円
*1年限り
久保育英会久保商事株式会社が資質優秀な大学生を経済支援するために設立学部生30,000円
鴻池奨学財団(株)鴻池組元会長故鴻池藤一氏と社長鴻池一季氏により1994年設立
鴻池奨学財団
学部2〜4年次生
または大学院生
24,000円
小森記念財団丸大食品(株)前社長故小森敏之氏の遺志で1982年設立学部1年次生30,000円
近藤育英会学部学生。学業人物ともに優秀・健康で学支支弁困難な者
近藤育英会
学部1年次生30,000円
春秋育英会旧日本火災海上保険(株)元社長斉田高三氏が私財を投じて1955年に設立学部1年次生給付
20,000円+
貸与
10,000円
尚志社武田薬品工業(株)五代目社長武田長兵衛によって1923年に設立
尚志社
博士課程前期課程または後期課程の1年次生授業料・他正規納入金額(入学金以外)+
[前期課程]
自宅
27,000円
自宅外
36,000円
[後期課程]
自宅
40,000円
自宅外
48,000円
住友電工グループ社会貢献基金「Glorious Excellent Company」をめざす住友電工グループにふさわしい社会貢献を実現するため、国内外の様々な分野における人材育成と学術振興を行うことを目的として、2009年4月に設立博士課程前期(修士課程)1年次生30,000円  
瀧川奨学財団兵庫県出身者の生徒、学生あるいは兵庫県内に就学する海外留学生で、学業優秀、品行方正、身体強健でありながら、経済的理由により修学困難な者に対し、奨学金を給付することによって、社会有用の人材の育成あるいは国際社会の理解と有効促進に寄与する目的で兵庫トヨタ自動車株式会社が設立学部生または大学院生学部
25,000~28,000円
大学院
30,000~33,000円
中信育英会京都中央信用金庫が創立40周年を記念し1981年に設立
中信育英会
学部2年次生20,000円
戸田育英財団戸田建設(株)会長故戸田利兵衛氏の強い意向を受け、氏の私財、戸田建設からの寄附を基に1981年に設立
戸田育英財団
学部生1~2年次生30,000円
同盟育成会
(古野奨学金)
同盟通信社(共同・時事両通信社の前身)の第2代社長故古野伊之助氏が1963年新聞文化賞受賞時の賞金を育成会に寄付、それを基に1965年に設立
同盟育成会
ジャーナリズム、マスコミ関係の研究に従事している大学院修士課程、博士課程前期1年次生50,000円
中西奨学会中西金属工業(株)が設立
中西奨学会
経済・理工学部3年次生45,000円
中村積善会故中村静尾氏が1947年に設立学部生[給付制]
30,000円
[給付+貸与制]
給付30,000円

貸与50,000円
日揮・実吉奨学会日本揮発油(株)(現日揮(株))創業社長故実吉雅郎氏の寄附により1968年に設立
日揮・実吉奨学会
理工および生命医科学部・研究科に在学中の日本人学部生・大学院生で、申請時点で年齢30歳未満であること年額
300,000円
*1年限り
日新電機グループ社会貢献基金電気系の研究を行う大学院生で、経済的困難があり学業優秀な者に対して奨学援助を行うことで、電力エネルギーおよび高電圧技術、情報技術分野、ビーム・真空応用分野、材料技術分野等の教育・学術研究の発展に寄与する目的で設立博士課程前期(修士課程)1年次生30,000円
日本証券奨学財団(社)日本証券業協会の発足を記念し1973年に設立
日本証券奨学財団
法・経済学部2年次生(22歳以下)自宅
35,000円
自宅外
45,000円
服部国際奨学財団故服部太氏が私財を投じて、アジア諸国を中心とした諸外国から、わが国の大学等に留学する優秀な学生に対する奨学、援助を行い、わが国と諸外国との友好親善に寄与することを目的として平成20年11月に設立
服部国際奨学財団
学部3年次生100,000円
福嶋育英会兵庫県下における教育の振興、人材育成に寄与するため、1990年に設立兵庫県出身の学部1年次生28,000円
藤井国際奨学財団アジア諸国の留学生並びに国内の優秀な者に対する奨学及び援助等に関する事業を行い、我が国とアジア諸国を中心とした諸外国との友好親善に寄与することを目的に設立理工学部または経済学部の学部3・4年次生30,000円
フジシールパッケージング教育振興財団(株)フジシールインターナショナル創業者藤尾正明氏が私財を投じて2005年に設立
フジシールパッケージング教育振興財団
理工学部1年次生、理工学研究科博士課程前期課程1年次生50,000円
ベターホーム協会国民生活の向上に寄与することを目的にベターホーム協会が2017年に設立学部2年次生30,000円
松口奨学会東南・東アジア並びに我が国において、広く育英事業を行い、当該地域の平和と繁栄並びに文化の向上に寄与する国内外の人材を育成するために2015年に設立
松口奨学会
学部1~2年次生40,000円
三木瀧蔵奨学財団三共生興(株)理事長故三木瀧蔵氏が私財を投じて1972年に設立
三木瀧蔵奨学財団
兵庫県出身の学部1年次生30,000円
三菱UFJ信託奨学財団旧三菱信託銀行(株)が1953年に設立
三菱UFJ信託奨学財団
社会・法・経済・商・政策・文化情報2年次生で満23歳以下35,000円
村上奨学財団日本の将来を担う学生の育成を願いつつ地元静岡県出身者で日本国内の大学に就学している学生、もしくは他地域より静岡県内の大学に就学している学生のうち、学業優秀で心身ともに健全でありながら経済的に就学が困難な学生を支援することを目的に、村上開明堂が母体となって2016年に設立静岡県出身の学部2年次生20,000円
村尾育英会(株)上組元代表取締役会長故村尾市松氏の理念に則り1972年に設立
村尾育英会
兵庫県出身の学部2年次生30,000円
山岡育英会ヤンマーディーゼル(株)創設者山岡孫吉氏が私財を投じて1950年に設立
山岡育英会
理工学研究科機械工学専攻または情報工学専攻の博士課程前期課程1年次生60,000円
山田育英財団(株)キング創設者山田松義氏が私財を投じて1981年に設立学部2年次生20,000円
山田満育英会日本の科学技術の振興を目的に、2015年に大研医器株式会社が設立理工学・生命医科学専攻の学部生または大学院生20,000円
ユニ・チャーム共振財団ユニ・チャームが目指す人とペットの共生社会実現のため、次代を担う大学生、大学院生の中から特にモノ作り・福祉・グローバルを志向する学生の育成を目的に、ユニ・チャーム社長である高原豪久が設立学部3年次生または博士課程前期(修士課程)1年次生40,000円
夢&環境支援宮崎記念基金学術優秀、品行法政、心身健全でありがながら、経済的理由により修学が困難な者に対し、奨学援助に関する事業を行い、もって社会に有用の人材を育成することを目的として2014年に設立
夢&環境支援宮崎記念基金
学部生20,000円
吉村財団奨学育英及び研究助成に関する事業を通じて、社会に有用な人材の育成及び学術の振興に貢献することを目的として2012年11月に設立(丸一鋼管株式会社)
吉村財団
理工学研究科または心理学研究科1年次生40,000円

(2)貸与
阪和育英会阪和興業(株)からの基金の寄付をもとに1957年に設立
阪和育英会
法・経済・商・政策・文化情報学部の学部生50,000円
法華倶楽部四恩育英会(株)法華倶楽部創立者故小島愛之助氏の遺志により前理事長小島五十人氏が1973年に設立学部生24,000円

2.民間団体 公募一覧

公募分の奨学金を希望する場合には、随時、掲示いたしますので、確認の上、応募してください。

(1)給付
団体名対象月額募集開始
愛恵福祉支援財団学部生または大学院生で社会福祉学を専攻する者で、指導教員がいる者
愛恵福祉支援財団
年間授業料相当額(100万円限度とする)を2年間(平成26年度)4月下旬
岩國育英財団与えられた枠組の中で機能する"人材"ではなく、自ら新しい枠組を創造しようとする者。原則として1年次生
岩國育英財団
年額25万円を4年間(平成26年度)4月上旬
奥山育英会高い志を持ち、品行が正しく、良識のある人。大学で修学するために、経済的援助が必要な人。
奥山育英会
40,000円7月中旬
JAWKインターナショナル米国または日本国籍を有する学部および大学院に在籍する女子学生で、家族の年収合計が500万円以下の人
JAWKインターナショナル
年額1,000,000円を限度とする10月下旬
きたしん育英会大阪府下に住所を有する者が保護する大学生で、学資の支弁が困難と認められる者
きたしん育英会
20,000円5月
北田奨学会保護者が福岡県内に居住する、福岡県内の高校を卒業した学部1年次生
北田奨学会
30,000円4月
楠田育英会学部2年次生以上で学外活動、ボランティア等を積極的に行っている者が望ましい
楠田育英会
30,000円4月
公益信託池田育英会トラスト愛媛県内の高等学校を卒業、または保護者が愛媛県内に居住している学部2年次生以上、大学院生
公益信託池田育英会トラスト
17,000円3月中旬
公益信託古屋亨記念奨学基金法学部1年次生50,000円3月中旬
香雪美術館兵庫県内の高校を卒業生(あるいは両親が同県内に在住する者)で、美術、美術・芸術理論・美術史・文化財保存等を専修する学部1年次生中心
香雪美術館
自宅通学生
40,000円
下宿生
50,000円
4月上旬
大学女性協会一般奨学生
大学院博士課程前期課程、修士課程2年次生以上の女子学生
社会福祉奨学生
学部2年次生以上・大学院博士課程前期課程、修士課程2年次生以上で、身体に障がいのある女子学生
大学女性協会
<年額>
学部
100,000円
大学院
200,000円
6月下旬
大東育英会大阪府下に住所を有する者が保護する学部生
大東育英会
20,000円
*期間は1年間。ただし、継続する場合がある
3月上旬
朝鮮奨学会韓国人・朝鮮人学部生および大学院生(韓国籍・朝鮮籍学生、本国からの留学生も含む)
朝鮮奨学会
学部
25,000円
博士課程前期課程、修士課程
40,000円
博士課程後期課程
70,000円
*期間は1年間。継続して受給希望する場合は、翌年度に再応募し審査を受ける
3月中旬
博報教職育成奨学金中・高等学校の国語科教員を目指す学部学生
博報財団
年額120万円4月上旬
船井奨学会大阪府内在住の学部1年次生
船井奨学会
30,000円5月下旬
ほくと育英会学部1年次生で、京都府宮津市、京都市(ただし旧京北町に限る)、福知山市、舞鶴市、綾部市、亀岡市、京丹後市、南丹市、船井郡および与謝郡の出身者で同地区に所在する高等学校の卒業生
ほくと育英会
15,000円5月下旬
ホリプロ文化芸能財団学部生で、卒業後タレント、アーティストなどの芸能人のマネージャーを志す者
心身共に健康でかつ、志が高くコミュニケーション能力が優秀な者
ホリプロ文化芸能財団
30,000円7月上旬
吉田育英会
〈マスター21〉
募集次年度4月現在、学部4年次に在学中で、次々年度春季に大学院自然科学系研究科の博士課程前期課程、修士課程に進学を希望する年齢30歳未満の人
吉田育英会
いずれかを選択
①月額80,000円
②学校納付金として給与期間内に合計250万円以内の実費
2月中旬
吉田育英会
〈ドクター21〉
募集次年度4月現在、大学院博士課程前期課程、修士課程に在学中で、次々年度春季に大学院自然科学系研究科の博士課程後期課程に進学を希望する年齢35歳未満の人
吉田育英会
いずれかを選択
①月額200,000円
②学校納付金として給与期間内に合計250万円以内の実費
2月中旬
ヨネックススポーツ振興財団学部、大学院に在学し、体育学等を専攻する学生、またはスポーツを積極的に行う学生で、
①専攻するスポーツ種目において、自他ともに認める力量を有していること
②青少年スポーツ振興のための指導者を目指していること
③海外からの留学生で上記①または②の基準を満たしていること
④申請時に満30歳未満であること
ヨネックススポーツ振興財団
学部・大学院
月額5万円以内
*給付期間は1年
10月中旬
レントオ-ル奨学財団学部、大学院で工学部等の建設機械およびその関連分野に在学し(本学では理工学部機械システム工学科、エネルギー機械工学および理工学研究科機械工学専攻)、保護者が大阪府内に住所を有する人
レントオ-ル奨学財団
30,000円4月上旬

(2)貸与
団体名対象月額募集開始
アキレス育英会品行方正、学業優秀、身体健康で、学資の支弁が困難である学部1年次生自宅通学者
20,000円
自宅外通学者
30,000円
4月中旬
あしなが育英会学部生で、20歳未満のときに保護者が病気、災害、自死で死亡、またはそれらが原因で後遺障害を負っている人
あしなが育英会
一般
40,000円
特別
50,000円
4月上旬
味の素奨学会理系学部3〜4年次生および大学院生で、成績抜群、身体強健、志操堅固な人
味の素奨学会
<学部>
自宅通学者
30,000円
自宅外通学者
35,000円

<大学院>
自宅通学者
40,000円
自宅外通学者
45,000円
4月下旬
浦上奨学会広島県出身で、募集次年度4月に大学院へ入学する人
浦上奨学会
5万円・6万円・7万円・8万円のうちから選択9月下旬
大堀育英財団福井県出身の優秀な学生で、経済的理由により修学が困難な学部1年次生または大学院1年次生
大堀育英財団
40,000円5月末〆切
きたしん育英会大阪府下に住所を有する者が保護する大学生で、学資の支弁が困難と認められる者
きたしん育英会
20,000円5月
交通遺児育英会保護者等が交通事故で死亡または重い後遺障害のために働けず、修学が困難な人(申込時29歳までの人)
交通遺児育英会
学部
4万円、5万円、6万円から選択
大学院
5万円、8万円、10万円から選択
※学部1年生希望者には入学一時金の制度もある
4月下旬
帝人育英会学部生で、修士課程・博士課程前期課程に進学することが決定している者
帝人育英会
80,000円2月
日本通運育英会学部1〜2年次生
日本通運育英会
自宅通学
15,000円
自宅外通学
20,000円
3月上旬

3.地方公共団体奨学金 公募一覧

地方公共団体によっては次に掲載している以外にも奨学金を実施している場合があります。各自、父母等がお住まいの地方公共団体へ直接お問い合わせください。

(1)給付
団体名対象月額募集開始
城陽市教育委員会本人または保護者が城陽市在住する人
勉学奨励
学部2年次生以上、大学院生1年次生以上
スポーツ・芸術奨励
学部1年次生以上
年額500,000円以内7月中旬
舞鶴市教育委員会
(入学支度金)
学部新1年次生で、保護者が交付申請書を提出する日の6ヵ月前から引き続き舞鶴市に住所を有する人生活保護世帯、市町村民税非課税世帯
200,000円
低所得世帯(世帯の収入が生活保護基準の100分の130以下の世帯)
100,000円
3月中旬

(2)貸与
団体名対象月額募集開始
石川県教育委員会学部生で、保護者が石川県内に現に引き続き3年以上居住している人44,000円3月下旬
*随時緊急
採用制度あり
茨城県教育委員会学部生で、保護者が茨城県内に居住する人40,000円3月中旬
*8月下旬に二次募集が行われる場合がある
岐阜県教育委員会学部生で、保護者が岐阜県内に住所を有する人32,000 円
(日本学生支援機構奨学金と併給の場合は16,000円)
4月上旬
*9月下旬に2次募集が行われる場合がある
富山県教育委員会学部生で、学業成績の評定平均値が5段階評価で3.5以上あり、1年前から引き続き富山県内に保護者が住所を有する人51,000円1次募集
4月上旬
2次募集
11月上旬に行われる場合がある
長崎県育英会学部生で、保護者が長崎県内に住所を有する人47,000円3月中旬
新潟県教育委員会学部生で、保護者が新潟県内に居住している人51,000円5月中旬
八戸市教育委員会学部生で、保護者が八戸市に現在まで引き続き2年以上居住する人40,000円5月下旬
東大阪市教育委員会学部生で、東大阪市に住所を有する人17,000円4月下旬
福島県教育委員会学部生で、福島県内の高等学校卒業者(大学入学資格検定合格者は合格当時に住所を有していた場合に限る)で、入学のために住所を移転するまで県内に引き続き6ヵ月以上住所を有し、保護者が県内に居住している人40,000円3月下旬
*10月上旬に追加募集が行われる場合がある
宮崎県育英資金学部生で、生計を主として維持する方が宮崎県内に居住している人63,000円、48,000円、32,000円から選択3月中旬
*随時緊急
採用制度あり
宮崎県奨学会学部新1年次生で、宮崎県に本籍を有する人25,000円3月中旬
山口県ひとづくり財団学部生で、保護者が山口県内に生活の本拠を有する人52,000円4月上旬