1. 同志社大学ホーム
  2. 生涯学習
  3. 同志社講座2018 秋学期(「いつまでも美しく健康」を科学する 特別編「食と睡眠」)

同志社講座2018 秋学期

「いつまでも美しく健康」を科学する 特別編「食と睡眠」

アンチエイジングの目標は健康長寿です。いつまでも美しく健康でいるためには、「食」「睡眠」に関する知識も不可欠です。睡眠がメタボリックシンドロームや認知症にどう関わっているのか、どのようであればいい睡眠なのか、睡眠の質をあげる理想の環境とはどのようなものなのか、を学びます。若さと健康を保つ食育の回では、サプリメントについても取り上げます。
米井 嘉一
講師
米井 嘉一(よねい よしかず)
同志社大学生命医科学部 アンチエイジングリサーチセンター 教授

1958年 東京生まれ。慶応義塾大学大学院医学研究科内科学専攻博士課程修了。日本鋼管病院内科、人間ドック脳ドック室部長などを歴任。2005年同志社大学アンチエイジングリサーチセンター教授。2008年より現職。日本抗加齢医学会理事、日本人間ドック学会評議員。最近の研究テーマは老化の危険因子と糖化ストレス。

第1回 10/26(金)睡眠とメタボ! 睡眠とコグニ!

アンチエイジングの目標は健康長寿。身体は様々な部品から構成されており、加齢に伴い機能が衰えてゆきます。老化の仕方はヒトそれぞれ、筋肉の老化はサルコペニア、骨の老化は骨粗鬆症、血管の老化は動脈硬化、神経の老化は認知症(コグニ)につながります。いつまでも若く健康な身体を保つためには「食育」「知育」「体育」といった生活習慣が大切です。初回は「知育」のなかで睡眠を取りあげます。睡眠がメタボリックシンドローム(メタボ)とコグニにどのように関わっているか、どうすれば良いかを考える講座です。果報は寝て待て。寝る子は育つ。枕を高くして寝る。諺にも様々なヒントがあります。睡眠の質に自信のない方は是非ご参集ください。

第2回 12/7(金)睡眠の質を向上させるアイデア特集!

人生の3分の1は睡眠と言われています。いつまでも若く健康でいるためには睡眠はとても大切。今回は睡眠の質を高く保つための理想の睡眠環境を考えてみたいと思います。寝室の温度・湿度は快適に保つことは当然。「照度」は寝る前から工夫すること、睡眠中は真っ暗に、アイマスクも有りです。「呼吸」は絶対に鼻呼吸。「音環境」は無音状態では心臓の鼓動が気になって眠れないので、不快な音を減らして心地よい音を残すことが肝要です。解決策もちゃんとあります。その他、寝室の「香り」は何がよいか、快適な寝具とは、寝間着・下着はどんな素材が良いのでしょうか?臨床試験の成績もたくさん紹介します。

第3回 12/21(金)食と健康!

若さと健康を保つための「食育」について学びます。基本はメタボリックシンドローム(メタボ)対策、ロコモーティブシンドローム(ロコモ)対策、認知症(コグニ)対策、動脈硬化対策の食育です。その他、脂肪依存症から脱出するため、怠け癖を直すため、眠りの質を高める食材、憂うつ気分を吹き飛ばす食育など色々あります。また、自分の街が好きになる食育について「自分の住む街が好きですかアンケート」の結果から紹介します。究極は「Happy!」を目指す食育です。誤解しないで欲しいことは、病気の人に対する食事療法と健康な人(境界型も含む)に対する健康増進法は異なるということ。食と健康に関わる話は奥が深いのです。

第4回 2/22(金)今、注目のサプリメント!

私たちは食事から様々な栄養分を摂取します。必要な栄養がすべて足りていれば良いのですが、食生活が不規則になると栄養バランスが乱れてしまいます。そこでサプリメントの登場、不足気味の栄養素を補うための強い味方です。不足している成分がわからない時はマルチビタミンマルチミネラルが良いでしょう。不足による健康障害リスクを減らします。特定の成分が多いと、過剰による健康障害リスクが高くなります。神経の老化、血管の老化、骨の老化、関節の老化、筋肉の老化など、自分の老化の弱点を補強するためにサプリメントを用いるのも良い方法です。腸内環境を整えるサプリメントもあります。最近注目のサプリメントを紹介します。

開催概要

回数 全4回
定員100名
時間15:00~16:30
受講料4回一括のみ 12,000円
資料当日講師より配布いたします
会場・アクセス
同志社大学東京サテライト・キャンパス セミナー室 交通アクセス
〒104-0031 東京都中央区京橋2丁目7番19号 京橋イーストビル3階
「東京」駅八重洲南口から徒歩6分 、地下鉄 東京メトロ銀座線「京橋」駅 6番出口から徒歩1分。みずほ銀行脇の入口からお入りください。

お問合せ先
同志社大学東京オフィス(平日 9:00~17:00)
TEL:03-6228-7260 FAX:03-6228-7262 
E-mail:ji-toky1@mail.doshisha.ac.jp
東京オフィスオリジナルサイト

申込方法
以下のいずれかの方法でお申し込みください。

お申込み・受講に関する注意事項
  • 定員になり次第、受付を終了いたします。
  • 受講料は、初回に受付でお支払いください。
  • 開講後は、受講料の払い戻しはいたしません。
  • 万が一、開講出来ない場合は開講の1週間前までにお申込みいただいた方にご連絡いたします。
  • 開講が決まりましたら、事務局より受講票を郵送いたします。
  • 受講票(ハガキ)は1講座1枚です。受講時に受付にお出しください。
  • 全回ご出席の方には「修了証」を最終回にお渡しいたします。
  • 休講・補講
1.
講師の都合および事故、台風、天災、交通機関遅延等によりやむを得ず休講する場合があります。
2.
休講が事前に判明した場合は 同志社大学HP および 同志社TOKYO HUB サイトに掲載し、各個人にメールにてお知らせし、補講等の対応をいたします。
  • 受講時は
1.
講義中は携帯電話の電源をお切りいただくか、機内モードにしてください。
2.
講座の録音、録画、写真撮影は講師の許可がある場合を除き禁止です。