1. 同志社大学ホーム
  2. 学部入試
  3. 入試メールマガジン(Vol.16)

入試メールマガジン

vol.16  同志社大学合格への道 日本史 対策・傾向 【2018.8.31 配信】

☆DOSHISHA UNIVERSITY MAIL MAGAZINE 2018 vol.16 2018.8.31号★

こんにちは、同志社大学入学課です。
明日から9月に入りますね。この夏休みを振り返ってどうでしたか?
まだまだ残暑も厳しく、夏休みに生活のリズムが乱れてしまった人もいるかも
しれません。新学期を迎えられた皆さんは、学校での規則正しい生活を利用し
ながら体調を整え、秋以降、スムーズに勉強が進められるように工夫していき
ましょう。

今回の「同志社大学合格への道」は、「日本史対策・傾向」です。選択率の高
い科目ですので、受験科目として考えている方も多いかと思います。
ぜひ参考にしてください。

 ┏入試メールマガジンバックナンバーはこちらから
 ┗https://www.doshisha.ac.jp/admissions_undergrad/new/mailmagazine/backnumber/list.html

======================================================================
            進学相談会のお知らせ
======================================================================
■9月進学相談会スケジュール
・宇都宮 9月 5日(水) 14:30~18:00 マロニエプラザ
・秋 田 9月 7日(金) 15:30~18:30 アルヴェ
・和歌山 9月 8日(土) 13:00~16:00 和歌山県JAビル
・神 戸 9月 9日(日) 13:00~16:00 スペースアルファ三宮
・富 山 9月11日(火) 15:30~19:00 ANAクラウンプラザホテル富山
・新 潟 9月12日(水) 15:00~18:30 朱鷺メッセ
・金 沢 9月12日(水) 15:30~19:00 金沢駅もてなしドーム
・岡 山 9月12日(水) 15:30~19:00 岡山コンベンションセンター
・熊 本 9月12日(水) 15:00~18:30 ホテル日航熊本
・福 井 9月13日(木) 15:30~19:00 フェニックス・プラザ
・鹿児島 9月14日(金) 14:30~18:30 ジェイドガーデンパレス
・大 阪 9月15日(土) 11:00~16:30 梅田スカイビル タワーウエスト
                    10階アウラホール
・奈 良 9月17日(月・祝)13:00~16:00 なら100年会館
・長 崎 9月18日(火) 15:30~19:00 長崎新聞文化ホール アストピア
・福 岡 9月19日(水) 15:00~18:30 ソラリア西鉄ホテル
・大 分 9月20日(木) 16:00~18:30 トキハ会館
・ 津  9月24日(月・祝)13:00~16:00 アスト津
・宮 崎 9月26日(水) 15:00~18:30 MRT micc
・横 浜 9月30日(日) 10:00~16:30 パシフィコ横浜


[詳細はこちら]
 http://www.doshisha.ac.jp/admissions_undergrad/guidance/orientation/counseling.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      同志社大学合格への道16  日本史対策・傾向
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
文系入試の選択科目の1つとなっている日本史。配点は150点、時間は75分です
(政策学部の全学部日程のみ配点を150点から200点に換算します)。
入試ガイド2019のP46・P47・P48に、出題・採点担当者の講評が載っています
ので、ぜひ参考にしてください。

日本史の出題方針は例年、以下のとおりです。
(1)高校教科書「日本史B」の範囲を逸脱しないこと。
ただし、史料や文献あるいは図表などは教科書以外からも使用することがあり
ます。また、教科書に掲載される頻度の低い歴史用語はできるだけ避けますが、
歴史理解を多面的に求める必要から難しい用語を使用することがあります。
しかし、どちらの場合も教科書の知識で正答を導き出せる配慮をしております。

(2)当該年度の問題全体の中では、時代や分野において満遍なく出題すること。

まず、「教科書の範囲」とは、教科書の本文のほか、脚注、口絵、図版、資料、
年表など、教科書に盛り込まれた全体の内容を意味します。この範囲の中で、
教科書に含まれた内容を多面的に幅広く問う、教科書に登場することの少ない
歴史用語を解答として求めることはできるだけ避ける、などといった点に配慮
して問題は作られています。ただし、出題のテーマによっては、教科書の範囲
を超える問いが出題される可能性がありますが、それは全日程の中でも2、3問
に過ぎず、それは教科書の知識の応用力を問うものと理解してください。本文
以外の史料や図表の利用を含めて多様な設問形式で出題されていますので、教
科書はくまなく勉強することが重要です。なお、自分が使っている教科書以外
の教科書も出題範囲に入ることになりますので、用語集などで補足学習しまし
ょう。

また、特に注意しなければいけないのは、例年、記述式が多いということ。
毎年、漢字の間違いが非常に多く見られますので、人物名・地名などはしっか
りと漢字で書けるように練習しておいてください(例えば、新島襄の「襄」を
「譲」とした間違いなど)。標準的な問題であるからこそ、このような不用意
なケアレスミスが合否判定に大きく影響するのです。

文化史まで手が回らない受験生も多いようです。また、たとえば政治史や文化
史という分野を別個に学習するだけでなく、様々な分野をクロスさせて理解す
ることが求められます。個々の知識を歴史の流れの中で位置づけて理解するこ
とが大切です。

日本史の合格者平均得点率は約75~80%になる年が多いので、80%以上の正解率を
目標にしましょう。合格ラインに達するには正解率の高い問題を着実に答えら
れるようにすることが大切です。応用的な問題や難問、あるいは正解率の低か
った問題を克服するには、さらに、より幅広い知識の獲得が必要ですが、まず
はしっかりとした基礎力をつけることこそが、応用力を身に付ける近道という
ことを忘れないで下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               新島襄物語
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1889年秋、新島は最後の力を振り絞るかのように病を押して関東に出掛け、大
学設立のための募金運動を展開しようとしました。病状から考えるに、生きて
帰れない可能性もあり、出張前に全校生徒に向けて別離と希望のあいさつを述
べています。そして、ついに前橋で発病し、大磯(神奈川県)で療養生活を送る
ことになりました。しかし、療養に専念することなく、次々と手紙を書き、協
力要請や指示、激励などを関係者に発信しました。その中には、「良心の全身
に充満したる丈夫の起り来たらんことを望んで止まざるなり」の一節もありま
した。
そして翌年1月21日、いよいよ危篤状態に陥った新島は教え子の徳富蘇峰に遺言
を書き取らせました。生徒のことを案じた和歌や、同志社の将来に対する期待
と戒めとが述べられています。遺言の中では「教職員は学生を丁重に扱うこと」
など、生徒に関することが最優先されました。
こうした遺言以外にも、伊藤博文や井上馨、大隈重信、陸奥宗光、勝海舟、渋沢
栄一といった大学設立の支援者にも個別に遺言が残されました。
その2日後の1月23日に新島は八重が差し出す腕の中で息を引き取りました。
死因は急性腹膜炎でした。彼は念願の同志社大学の設立を見ることなく46歳
11カ月という若さで亡くなりました。
なお、新島が息を引き取った大磯の百足屋旅館の跡地には永眠記念の碑が建て
られています。

======================================================================

同志社大学 入試情報はこちらからどうぞ

ホームページ:http://www.doshisha.ac.jp/nyushi/

======================================================================

2019年度資料・願書のお申込みはこちらから
http://www.doshisha.ac.jp/admissions_undergrad/new/data_request.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ご注意】携帯電話のアドレスでメールマガジンに登録されている場合は、キ
ャリア受信ブロックにより、配信されない場合がありますので、ご了承くださ
い。※キャリア受信ブロックとは、携帯キャリア(携帯電話事業者)へ大量に
メールを配信したり、エラーアドレスを多く含むメールを配信をすると、迷惑
メールとみなされ、メール未着・配信遅延といった症状が発生することです。
======================================================================
本メールマガジンに関するご意見、ご感想をお寄せください!
E-mail:ji-nyugk@mail.doshisha.ac.jp
======================================================================
入試メールマガジン解除希望の方は、「入試メールマガジン登録解除」と題し
氏名(フリガナ)、メールアドレスを同志社大学入学課まで連絡してください。
E-mail:ji-nyugk@mail.doshisha.ac.jp
======================================================================