1. 同志社大学ホーム
  2. 学部入試
  3. 入試メールマガジン(Vol.28)

入試メールマガジン

vol.28  同志社大学合格への道 出願時の注意 【2018.12.14 配信】

☆DOSHISHA UNIVERSITY MAIL MAGAZINE 2018 vol.28 2018.12.14号★

みなさんこんにちは。同志社大学入学課です。
12月も早いもので折り返しとなりました。寒い日が続いていますが、体調は崩
していませんか?冬になると風邪やインフルエンザが流行します。体調管理も
受験勉強と同じくらい大切です。くれぐれも体には気をつけて過ごしてくださ
いね。

今回の「同志社大学合格への道」は、「出願時の注意」についてお話しします。
毎年、記入ミスや記入漏れ(志望学部・試験地など)が目立ちます。提出の前
に、必ず最後の確認、そして書類の控え(コピー)を残すようにしてください。

======================================================================
 2019年度一般選抜入学試験・大学入試センター試験を利用する入学試験
            まもなく出願開始!
======================================================================
2019年度一般選抜入試・センター利用入試の出願を2018年12月26日(水)より受
け付けます。

2019年度入試では、昨年度に続きインターネットおよび入学志願票(紙)によ
る出願の両方を実施しています。どちらでも、ご自身にとって出願しやすい方
法をお選び下さい。

出願期間は2019年1月11日(金)までとなります(締切日消印有効。郵送による
出願に限る。インターネット出願の場合、入学志願票の代わりに出願確認票を
提出してください)。センター利用入試は、センター試験終了後に出願が可能
な学部・学科・方式もありますので、HPや入試要項(願書)等で必ず確認して
ください。

「2019年度一般選抜入学試験・大学入試センター試験を利用する入学試験 受
験案内」のページを開設しています。
両試験の概要、入学試験要項(PDF)、入試ガイド2019(PDF)、入試要項(願
書)請求、インターネット出願に関して掲載をしていますので、ご覧ください。

https://www.doshisha.ac.jp/admissions_undergrad/new/application_guide.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        同志社大学合格への道28 出願時の注意
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【注意事項】
インターネット出願を行う場合は、入試要項の「インターネット出願のご案内」
のページをご覧の上、出願してください。
下記の内容は、入学志願票(紙)の願書を想定して説明をします。

(1)出願書類として、入学志願票の他に調査書、写真(入学志願票に貼付)が必
要です。出願書類封筒の中に、入学志願票が一般選抜入試用1枚、センター利用
入試用2枚の合計3枚入っています。一般選抜入試の場合は、この入学志願票1枚
で全学部日程・学部個別日程あわせて最大7日間の併願が可能です(同日内での
学部・学科・コースの併願は不可)。

(2)入学志願票の記入について
入学志願票は必ず受験生本人が記入してください。例年、受験者以外が記入し
たことによるトラブルがみられます。筆記用具は鉛筆ではなく、必ず黒のボール
ペンを使用してください。消えるボールペンは使用不可です。記入を間違えた場
合は、修正液または修正テープを使用して丁寧に修正してください。

(3)入学志願票に記入した学部・学科・コース、日程を忘れないように、入学志
願票は必ずコピーし、控えをとっておいてください。出願後の変更はいかなる
理由があろうとも一切認められません(入学志願票送付後、出願期間内であれば、
受験学部・学科・コースを追加することは可能です。その場合は、新たに出願書
類一式を提出してください)。

(4)調査書について
出願書類には「調査書」が必要となりますが、複数学部を併願する場合も入学
志願票1枚につき、調査書は1通で結構です(一般選抜入試とセンター利用入試
の両方に出願される方は、調査書がそれぞれ1通ずつ必要となります)。卒業
見込み者は、2学期の成績まで記載されたもの(2学期制の学校は、前期の成績
まで記載されたもの)を提出してください。既卒者は卒業後に発行されたもの
であれば結構です。高等学校卒業程度認定試験合格者は「合格成績証明書」、
合格見込者は「合格見込成績証明書」を提出してください(いずれも開封無効)。
大学入学資格検定についても同様です。

(5)一般選抜入試の試験地について
全国17試験地(学部個別日程は11試験地)で試験会場を設けています。全て
同一時間・同一問題で実施しますので、どの会場で受験しても有利不利はあり
ません。受験する試験地を1試験日につき1つのみマークしてください。
1試験地において複数試験会場がある地域(名古屋・神戸)では試験会場の選
択はできません。試験会場は本学が指定し、受験票に記載しますので、必ず受
験票を確認してください。なお、京都会場に限り、「今出川」「京田辺」を選
択することができます。ただし、志願者数によっては希望どおりの試験会場で
受験できない場合があります(両校地とも先着順受付)。原則として、試験会
場を間違うと受験できませんので、必ず受験票で試験会場を確認してください。

(6)第2志望について
一般選抜入試 商学部「全学部日程」、「学部個別日程」とも、商学総合コー
ス・フレックス複合コースどちらか一方を第2志望とすることができます。
各コースの合格最低点によっては、第1志望コースが不合格の場合でも第2志望
コースに合格となることがあります。

理工学部では、「全学部日程(理系)」において、定められた以下の学科の組
み合わせで第2志望合格を実施する場合があります。
・インテリジェント情報工学科と情報システムデザイン学科
・電気工学科と電子工学科
・機械システム工学科とエネルギー機械工学科
・機能分子・生命化学科と化学システム創成工学科
・環境システム学科と数理システム学科
上記組合わせ以外の第2志望はできませんので注意してください。

なお、第2志望を希望した場合も、入学検定料は1受験分のみです。

(7)追加合格の実施について
一般選抜入試において、神学部、文学部、社会学部、法学部、経済学部、商学
部、政策学部、理工学部(学部個別日程のみ)、生命医科学部、スポーツ健康
科学部、心理学部、グローバル・コミュニケーション学部、グローバル地域文
化学部では、合格者の入学手続状況により欠員が生じた場合は、成績上位者か
ら順次、追加合格を決定します。それぞれの学部によって通知方法や日程等が
異なりますので、詳しくは入試要項P56~60をご覧ください。

なおこの場合、合格者発表から入学手続締切日までのスケジュールがタイトな
学部もありますので、期日についてはご注意ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

======================================================================

同志社大学 入試情報はこちらからどうぞ

ホームページ:https://www.doshisha.ac.jp/nyushi/

======================================================================

11月1日より一般選抜入試・センター利用入試の入学試験要項(願書)を
発売しております。入手請求方法は、こちらからご確認ください。
http://www.doshisha.ac.jp/admissions_undergrad/new/application_request.html

======================================================================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ご注意】携帯電話のアドレスでメールマガジンに登録されている場合は、キ
ャリア受信ブロックにより、配信されない場合がありますので、ご了承くださ
い。※キャリア受信ブロックとは、携帯キャリア(携帯電話事業者)へ大量に
メールを配信したり、エラーアドレスを多く含むメールを配信をすると、迷惑
メールとみなされ、メール未着・配信遅延といった症状が発生することです。
======================================================================
本メールマガジンに関するご意見、ご感想をお寄せください!
E-mail:ji-nyugk@mail.doshisha.ac.jp
======================================================================
入試メールマガジン解除希望の方は、「入試メールマガジン登録解除」と題し
氏名(フリガナ)、メールアドレスを同志社大学入学課まで連絡してください。
E-mail:ji-nyugk@mail.doshisha.ac.jp
======================================================================