1. 同志社大学ホーム
  2. 学部入試
  3. 文学部
  4. STUDENT'S VOICE 学生の声(文学部:岡本さん)

STUDENT'S VOICE 学生の声

文学部

岡本 汐里 さん

国文学科 3年次生 岡本 汐里 さん

京都という日本文化の宝庫で、草双紙を学ぶ面白さ

 各時代の日本文学を学ぶ中、山田和人先生の「日本文学講読(近世)」で江戸時代の娯楽に興味を持ち、山田ゼミへ。現在は草双紙や浄瑠璃、歌舞伎を鑑賞し、過去に実在したであろう人物の伝説化とその魅力を探っています。『草双紙年代記』の研究にグループで取り組む中、私は登場人物の一人である大友黒主の調査を担当。ゼミ生との議論や先生のアドバイスの中に新たな発見も多く、視野が広がりました。高校時代とは異なる視点で文化を見つめることを学び、史料の見方も変わりました。江戸時代の建築物を訪ねるフィールドワークなどもあり、京都で日本文化を学ぶ価値を実感しています。