1. 同志社大学ホーム
  2. 教職員募集
  3. 教員採用(グローバル地域文化学部)

教員採用(グローバル地域文化学部)

教員(ヨーロッパコース・英語専任) 公募

1.任用職名
助教、准教授、または教授

2.担当科目
ヨーロッパ地域(主にイギリス・アイルランド)に関連する学部専門科目、全学共通教養教育科目(英語)

3.採用人員
1名(ヨーロッパコース)

4.採用予定日
2022年4月1日

5.応募資格
(1)
人文学もしくは社会科学の分野において、ヨーロッパ地域(主にイギリス・アイルランド)を研究対象とする者。
(2)
全学の英語教育に責任をもって取り組む者。
(3)
博士(PhDを含む)の学位を有する者、またはそれに準ずる業績を有する者。
(4)
国籍は問わない。ただし、大学での教育・研究・各種校務を十分に遂行できる日本語・英語両方の能力を有すること。
(5)
採用後、近畿圏に居住できる者。

6.提出書類
以下の(1)~(5)をPDF形式でEメールに添付して提出すること。
(1)
履歴書および研究業績書[Excel 64KB]
(2)
主たる業績3点と、各業績についての日本語要約(各800字程度・書式自由)。
(3)
応募理由書(日・英両言語によるこれまでの教育・研究・校務経験をふまえ、同志社大学および本学部にどのように貢献しうるかを日本語でまとめたもの。3000字程度)。
(4)
ヨーロッパコース1年次必修科目「ヨーロッパ研究入門Ⅰ(「ヨーロッパ」とは何か)」を、応募者が単独で担当する場合の、シラバス案(全15回分)。書式は同志社大学のシラバスを参照のこと
https://syllabus.doshisha.ac.jp/)。
(5)
最終学歴の学位記の写し、または学位証明書。

7.応募締切日
2021年7月1日(木)17:00(日本時間)【必着】
受領確認メールをもって提出完了とします。受領確認メールの送信にはしばらく時間がかかることがあります。
PDFデータの容量が大きいなどメール添付での提出が難しい場合は、事前にご相談ください。

8. 提出先
同志社大学グローバル地域文化学部ヨーロッパコース・英語専任教員応募用アドレス
gr-saiyo@mail.doshisha.ac.jp
Eメールの件名に必ず「グローバル地域文化学部ヨーロッパコース・英語専任教員応募」と書くこと。

9.選考方法
(1)
審査手続き
第一次審査上記提出書類による業績審査。
第二次審査8月初め、第一次審査通過者に全業績(PDF形式および原本)の提出を求め、新たな業績審査を行う。
第三次審査8月下旬~9月上旬、第二次審査通過者に面接を行う。
面接では、模擬授業の審査も行う(オンラインで面接の可能性あり)。

(2)
面接時に、学位記(原本)の提示を求める。
(3)
面接に際し、本学部所定の交通費を支給する。
(4)
選考結果は、選考が済み次第、直接本人に通知する。
(5)
本件に関する問い合わせは、Eメールのみとする。件名に必ず「ヨーロッパコース・英語専任教員応募について」と記載すること。
(6)
夏期休暇中に連絡先が変わる場合には、変更期間、変更先の住所、電話/FAX番号、Eメールアドレス等を記載した文書を、PDFで添付すること。

同志社大学グローバル地域文化学部
〒602-0898 京都市上京区烏丸通上立売上る
電話:075-251-2610  Fax:075-251-2781
Eメール:gr-saiyo@mail.doshisha.ac.jp
グローバル地域文化学部ホームページ:https://gr.doshisha.ac.jp/
同志社大学ホームページ:https://www.doshisha.ac.jp/

付記
応募書類は、厳重に保管・管理し、審査終了後は責任をもって破棄します。また、応募書類に含まれる個人情報は、個人情報保護法に基づき選考以外の目的には使用しません。

One full-time tenured position at the Faculty of Global and Regional Studies


Position
  • Assistant Professor (助教), Associate Professor (准教授), or Professor(教授)
  • Tenured, irrespective of the rank at the time of hiring
  • Area of Specialization: Humanities or Social Sciences
  • Starting from April, 2022


Departmental Affiliations
European Studies Course, Faculty of Global and Regional Studies
  • English Division, Department of General Education

Job description
1.
Teaching courses in the humanities and social sciences relating to the English-speaking countries of Europe, mainly Britain and/or Ireland for students of the Faculty of Global and Regional Studies.
2.
Teaching university-wide English language and culture courses offered to all Doshisha students, irrespective of faculty. These courses are offered as part of the General Education Program of Doshisha University.
3.
Fulfilling administrative duties at both the faculty and the university level.
Specific tasks include:
  • Curriculum development
  • Entrance examination creation
  • Language counselling
  • Study-abroad programme supervision
  • Liaising with part-time native speaker English language instructors in the General Education Programme Serving on faculty- and university-wide committees

Qualifications

Degree:

PhD degree or equivalent in the areas of either the humanities or social sciences

Language requirements:

Proficiency in both Japanese and English sufficient to perform administrative tasks both at the faculty and university-wide level.

Application Items Required

  1. Complete CV in Doshisha format
  2. Three academic publications in Japanese or English (PhD thesis could be included). Each should be accompanied by an 800-character summary in Japanese.
  3. 3000-character cover letter in Japanese
  4. A sample syllabus for a course on the history, culture, and society of Europe which is meant to be taken by all first year students of European Studies Course, Faculty of Global and Regional Studies
  5. Copy of the degree certificate.
All items should be sent as PDF files to the faculty office as email attachments.

Deadline

No later than 17:00 (JST), Thursday, 1 July 2021

Screening process
Candidates passing the initial screening process will be asked to submit their remaining publications. Candidates making it to the final stage will be called for an interview either at the end of August or the beginning of September. The interview can be online depending on the circumstances.

* For further details, please refer to the Japanese version.

教員(アメリカコース・英語専任A・全学英語教育) 公募

1.任用職名
助教、准教授、または教授

2.担当科目
主に全学共通教養教育英語科目(若干の学部科目担当)

3.採用人員
1名(アメリカコース所属)

4.採用予定日
2022年4月1日

5.応募資格
(1)
英語教育学・応用言語学を専門とする者。
(2)
博士(Ph.D.を含む)の学位を有する者、または博士号を取得見込みであることが証明できる者。
(3)
国籍は問わない。ただし、本学での授業および職務(会議参加、書類作成、卒論審査、入試業務など)遂行において必要とされる日本語および英語運用能力を有する者。
(4)
日本語を母語としない場合は、日本語能力試験N1に合格している者。
(5)
職務内容の中心は、全学英語教育のカリキュラム作成や運営である。よって、大学での英語教育経験が原則として3年以上あり、英語教務委員会の主要メンバーとして全学英語教育を運営していく強い意志を持つ者。
(6)
教育・研究のほか、各種校務に積極的に関わる意志のある者。
(7)
採用後、近畿圏に居住できる者。

6.提出書類
以下の(1)~(4)をPDF形式でEメールに添付して提出すること。
(1)
履歴書および研究業績書[Excel 64KB]
(2)
主たる業績3点(少なくとも1点は英語で書かれたものとする)と各業績についての日本語要約(各800字以内・書式自由)。
(3)
博士(Ph.D.を含む)の学位を有する者は、学位記の写し、または学位証明書。学位を有しない者は、学位を取得見込みであることを証明する文書。
(4)
英語教育に関する提言:「CEFRや日本の中・高の学習指導要領を踏まえ、グローバルな視点からみた全学英語教育のあり方についての提言」(日本語で2,000字程度・書式自由)。

7.応募締切日
2021年6月30日(水)17:00(日本時間)【必着】
追って受領確認メールをお送りします。それをもって、提出完了になりますので、ご確認ください。ただし、受領確認メール送付まで時間を要する場合があります。
PDF データの容量が大きいなどメール添付での提出が難しい場合は、事前に相談すること。

8.提出先
同志社大学グローバル地域文化学部英語専任教員応募用アドレス
gr-saiyo@mail.doshisha.ac.jp
Eメールの件名に必ず「グローバル地域文化学部アメリカコース(英語専任A・全学英語教育)教員応募」と書いて送信すること。

9.その他
(1)
選考の過程で応募業績の原本およびその他すべての業績の原本(抜き刷り不可)及び電子媒体化したものの提出を求めることがある。(7月上旬以降)
(2)
必要な時点で学位記(原本)の提示を求める。
(3)
必要に応じて面接を行う。また、英語の模擬授業の実施を求めることがある。(8月下旬予定)なお、面接と模擬授業についてはオンラインで実施する場合もある。
(4)
面接に際し、本学部所定の交通費を支給する。
(5)
選考結果については、選考が終了次第、直接本人に通知する。
(6)
夏期休暇中に連絡先が変わる場合には、変更期間、変更先の住所、電話/ファクス番号、Eメールアドレスなどを、必ず応募メールに記載すること。

同志社大学グローバル地域文化学部
〒602-0898 京都市上京区烏丸通上立売上る
電話:075-251-2610  Fax:075-251-2781
Eメール:gr-saiyo@mail.doshisha.ac.jp
グローバル地域文化学部ホームページ:https://gr.doshisha.ac.jp/
同志社大学ホームページ:https://www.doshisha.ac.jp/

付記
ご提出いただいた書類は厳重に保管・管理し、審査終了後は責任を持って破棄いたします。また、提出いただいた書類に含まれる個人情報は、個人情報保護法に基づき、選考以外の目的には使用いたしません。

教員(アメリカコース・英語専任B・社会科学) 公募

1.任用職名
助教、准教授、または教授

2.担当科目
アメリカ合衆国に関する学部科目、全学共通教養教育科目(英語)など

3.業務内容
担当科目の講義、学生指導、コース・学部および大学運営のための会議やワーキンググループ等への参加と貢献(卒業論文の審査、入試業務や広報業務などを含む)、専門分野の研究など。

4.採用人員
1名(アメリカコース)

5.採用予定日
2022年4月1日

6.応募資格
(1)
社会科学の分野(政治学、国際関係論、経済学、地域研究など)でアメリカ合衆国に関する研究業績があり、北米地域の政治、経済、社会などに関する科目を担当できる者。
(2)
大学における英語教育の経験、もしくは英語による大学での教育経験があり、全学の語学教育にも責任をもって取り組む者。
(3)
博士(Ph.D.を含む)の学位を有する者。
(4)
米国・カナダなど北米地域に留学・滞在経験があることが望ましい。
(5)
国籍は問わない。ただし、本学での職務遂行上必要な日本語運用能力を有すること。
(6)
教育・研究のほか、上記3に記された各種校務へ積極的に関わる意志がある者。
(7)
採用後、近畿圏に居住できる者。

7.提出書類
以下の(1)~(6)をそれぞれPDF形式で保存し、圧縮ファイルにまとめてEメールに添付して提出すること。
(1)
履歴書および研究業績書[Excel 64KB]
なお、研究業績書の「その他」の項目で競争的資金の獲得歴について記すこと。
(2)
主たる研究業績3点と各業績についての日本語要約(各800字程度・書式自由)。業績のうち1点は英語で書かれたものとする。主たる研究業績に著書を含める場合は、現物1部を後述の締切日までに郵送で提出すること。
(3)
教育業績書(過去5年間に担当した科目リスト(学校・学部名、科目名、科目レベルを年別に明記)、教育内容、学生支援・地域社会への還元などに関する一覧。表彰歴など優秀な教育実績を説明できるものがあれば、それを含めること)。書式自由。
(4)
博士(Ph.D.を含む)学位記の写し、または学位証明書。
(5)
応募理由書(これまでの教育・研究実績および今後の教育・研究計画について日本語でまとめたもの。3000字程度)。
(6)
「南北アメリカ地域の課題(ただし副題と内容は応募者の専門領域を主としたもの)」または「米州関係史」(2年生以上対象)の15回分講義を想定したシラバス案。

8.応募締切日
2021年6月28日(月)17:00(日本時間)【必着】
本学部からの受領確認メールをもって提出完了とする。受領確認メールの送信にはしばらく時間がかかることがある。
PDFデータの容量が大きいなどメール添付での提出が難しい場合は、事前に相談すること。

9. 提出先
同志社大学グローバル地域文化学部事務室メールアドレス
gr-saiyo@mail.doshisha.ac.jp
Eメールの件名に必ず「グローバル地域文化学部アメリカコース(英語専任B・社会科学)教員応募」と書いて送付すること。
書籍を送付する場合の宛先は以下の通り。
〒602-0898 京都市上京区烏丸通上立売上る 
同志社大学グローバル地域文化学部事務室 
封筒下部に「グローバル地域文化学部アメリカコース(英語専任B・社会科学)教員応募」と朱字で書いて送付すること。

10.その他
(1)
審査手続き
第一次審査上記提出書類による業績審査を行う。
第二次審査第一次審査通過者には8月上旬にすべての業績の原本の提出を求め、新たな業績審査を行う。
第三次審査第二次審査通過者を対象に、8月末~9月上旬に面接審査を行う。
面接審査では、模擬授業(英語科目)の審査も行う(※ 但し、新型コロナウイルスの感染拡大が収束しない場合は、オンラインで実施する可能性がある)。
(2)
面接を行う際に,業務内容および処遇の概要を提示・説明する。また、本学部所定の交通費を支給する。
(3)
選考結果については、選考が終了次第、直接本人に通知する。
(4)
本件に関する問い合わせは、Eメールでのみ受け付ける。問い合わせの際、件名には「アメリカコース(英語専任B・社会科学)教員応募について」と記載すること。
(5)
主たる研究業績として提出した書籍の返却を希望する際は、送付先を明記した着払い伝票を同封すること。
(6)
夏期休暇中に連絡先が変わる場合には、変更期間、変更先の住所、電話番号、Eメールアドレスなどの情報を、必ず応募書類に含めること。

同志社大学グローバル地域文化学部
電話:075-251-2610  Fax:075-251-2781
Eメール:gr-saiyo@mail.doshisha.ac.jp
グローバル地域文化学部ホームページ:https://gr.doshisha.ac.jp/
同志社大学ホームページ:https://www.doshisha.ac.jp/

付記
ご提出いただいた書類・データは厳重に保管・管理し、審査終了後は責任を持って破棄します。また、提出いただいた書類に含まれる個人情報は、個人情報保護法に基づき、選考以外の目的には使用しません。

教員(スペイン語・任期付)公募

1.任用職名
助教、准教授または教授

2.担当科目
全学共通教養教育科目(スペイン語)、および言語文化関連科目

3.採用人員
1名

4.任用期間
2022年4月1日~2027年3月31日の5年間(任用期間満了後の契約更新はしない)

5.応募資格
(1)
スペイン語を母語とする者、またはそれに準じたスペイン語運用能力を持つ者。
(2)
スペイン語学・スペイン語教授法、スペイン語圏または日本の地域研究・文化研究を専門とし、スペイン語教育に関する経験実績を有する者。
(3)
博士課程前期(修士課程)修了後3年以上の教育・研究歴を有する者、またはそれに準ずる経歴を有する者。
(4)
校務遂行に必要な日本語運用能力を有する者。
(5)
採用後、近畿圏に居住できる者。
(6)
応募時点で2点以上の研究業績を有する者。

6.義務時間および業務
(1)
授業担当は、今出川校地および京田辺校地における1週16時間(8コマ)を最少基準とする。
(2)
科目担当以外に、スペイン語のカリキュラム運営に関する業務(教材作成、登録相談等)、学期末試験の監督(他教員の担当科目の応援監督を含む)、学生のスペイン語能力向上を支援する業務(語学カウンセリング等)、国際交流に寄与する業務、入学試験関連業務等を担当する。

7.提出書類
以下の(1)~(5)をPDF形式でEメールに添付して提出すること。
(1)
履歴書・業績書[Excel 64KB]および学校法人同志社内における職務経歴報告書[Excel 17KB]
(2)
主たる研究業績2点(現物もしくは抜き刷り)およびその要約(各々日本語で800字程度)。
(3)
応募理由書(これまでの教育実績および今後の教育研究計画をスペイン語1,000語程度にまとめたもの、さらに日本語訳を付けること)。
(4)
最終学歴の学位記の写し、または学位証明書。
(5)
日本語能力を証明する書類(検定資格など)がある場合、その証明書。

8.応募締切日
2021年6月30日(水)17:00(日本時間)【必着】
追って受領確認メールをお送りします。それを以て提出完了となりますので、ご確認ください。ただし、受領確認メールをお送りするまでしばらく時間がかかることがあります。
PDFデータの容量が大きいなど、メールの添付ファイルでの送付が難しい場合は、事前にご相談ください。

9.提出先
同志社大学グローバル地域文化学部スペイン語教員(任期付)応募用アドレス
gr-saiyo@mail.doshisha.ac.jp
注)
Eメールの件名に必ず「グローバル地域文化学部スペイン語教員(任期付)応募」と書いて送付すること。

10.その他
(1)
選考の過程でその他の業績の現物の提出を求めることがある。
(2)
必要な時点で、学位記、diplomaまたはcertificadoの原本の提示を求める。
(3)
必要に応じて模擬授業(スペイン語科目)および面接を行う(8月下旬を予定)。ただし、新型コロナウィルス感染拡大に伴い、オンラインで実施の可能性がある。
(4)
面接に際し、本学部所定の交通費を支給する。
(5)
選考結果については、選考が終了次第、直接本人に通知する。
(6)
夏期休暇中に連絡先が変わる場合には、変更期間、変更先の住所、電話/Fax番号、Eメールアドレスなどを記載した文書をPDF化し、必ず応募メールに添付すること。

同志社大学 グローバル地域文化学部
〒602-0898 京都市上京区烏丸通上立売上る
電話:075-251-2610  Fax:075-251-2781
Eメール:gr-saiyo@mail.doshisha.ac.jp
グローバル地域文化学部ホームページ:https://gr.doshisha.ac.jp/
同志社大学ホームページ:https://www.doshisha.ac.jp/

付記
ご提出いただいた書類は厳重に保管・管理し、審査終了後は責任をもって破棄します。
また、ご提出いただいた書類に含まれる個人情報は、個人情報保護法に基づき、選考以外の目的には使用いたしません。

Convocatoria de un puesto de profesor/a con contrato por tiempo determinado a partir de abril del 2022

1. Categoría
profesor asistente, profesor asociado o catedrático, según sus méritos.

2. Asignaturas a su cargo
lengua y cultura española o hispanoamericana.

3. Número de plazas vacantes
una

4. Período de contrato
5 años, desde el 1 de abril del 2022 hasta el 31 de marzo del 2027 (no renovable e improrrogable).

5. Condiciones requeridas para los solicitantes
1)
Ser hispanohablante nativo, o tener una competencia del español similar a la de un hispanohablante nativo.
2)
Tener como campo de especialidad alguno de los siguientes: lingüística hispánica, enseñanza de la lengua española, estudios de área o de cultura de los países de habla hispana o japonesa, así como también tener experiencia en la enseñanza de la lengua española.
3)
Poseer el título de máster y/o doctor, con experiencia de tres o más años en enseñanza o investigación tras la obtención del título de máster.
4)
Dominio suficiente del japonés para poder llevar a cabo las tareas relativas al cargo desempeñado.
5)
Es necesario que resida en la región de Kinki tras ser admitido.
6)
Tener por lo menos dos publicaciones académicas en el momento de realizar la solicitud.

6. Responsabilidades y horario de trabajo
1)
Como mínimo, ocho clases semanales de 90 minutos de duración en los campus de Imadegawa y/o Kyotanabe.
2)
Responsabilidades administrativas: participación en la planificación y la administración del curso; supervisión de los exámenes finales de cada semestre (se incluye también la supervisión de exámenes de asignaturas de otros profesores, en caso de ser necesaria la ayuda); participación en actividades destinadas a mejorar el nivel de los estudiantes en el español; contribución a los programas de intercambio internacional de la Universidad Doshisha; cumplimiento de las responsabilidades vinculadas a los exámenes de ingreso de la universidad.

7. Documentos necesarios para la solicitud
Es necesario enviar los documentos 1) – 5) en formato PDF a través de e-mail como archivos adjuntos.
1)
Curriculum vitae (rirekisho) y lista de trabajos publicados (gyosekisho)[Excel 64KB],así como el informe sobre experiencia profesional en la Universidad Doshisha[Excel 17KB]
2)
Original o separata de dos publicaciones académicas, acompañadas por un resumen en japonés de cada una (unas 800 letras).
3)
Motivos de la solicitud en dos versiones, española y japonesa (alrededor de 1000 palabras en español con su traducción al japonés), contando su experiencia educativa hasta la actualidad y sus proyectos concernientes a los métodos de enseñanza y a la investigación académica.
4)
Fotocopia del último título académico o su certificado.
5)
Fotocopia del certificado del Japanese Language Proficiency Test, o de un equivalente que certifique su habilidad de japonés, en caso de ser posible presentarlo.

8. Fecha límite para presentar la solicitud
Los documentos deben llegar antes de las 17:00 (hora de Japón) del miércoles, 30 de junio del 2021.
Una vez se haya confirmado la recepción de la documentación le enviaremos un e-mail acusando el recibo de la misma (puede tardar varios días). Cuando reciba este mensaje de e-mail, el proceso de solicitud habrá concluido.
En caso de tener dificultades en el envío de los documentos en formato PDF por su tamaño u otras razones, consulte de antemano a la dirección de envío.

9. Los documentos deben ser enviados a la siguiente dirección
E-mail: gr-saiyo@mail.doshisha.ac.jp
N.B.
En el asunto del mensaje de e-mail debe anotarse: “Application Documents (Spanish)”.

10. Debe tener en cuenta lo siguiente
1)
Según el desarrollo del proceso de selección, pueden requerirse a los solicitantes documentos adicionales.
2)
En el momento necesario pediremos a los solicitantes la presentación de los diplomas o certificados originales.
3)
Tras un proceso de selección se hará una entrevista (fecha prevista: finales de agosto) a los candidatos que resulten finalistas. Se les podrá requerir que realicen una clase de demostración. Es posible que la entrevista se realice en línea (ej. vía Zoom) según la situación pandémica del covid-19.
4)
Se podrá reembolsar una parte de los gastos de transporte para la entrevista según el reglamento de la Facultad.
5)
Los candidatos serán notificados directamente del resultado, una vez concluido el proceso de selección.
6)
En caso de ausentarse de su domicilio durante las vacaciones estivales, adjunte en formato PDF un archivo con la siguiente información: período de ausencia, nueva dirección, número de teléfono y/o fax, dirección de correo electrónico, etc.

<Información general>
Faculty of Global and Regional Studies
Doshisha University

Dirección: Kamidachiuri-agaru, Karasuma-dori, Kamigyo-ku
Kyoto 602-0898 JAPAN
Tel: 075-251-2610
Fax: 075-251-2781
E-mail: gr-saiyo@mail.doshisha.ac.jp
Página web de la Facultad: https://gr.doshisha.ac.jp/
Página de web de la Universidad: https://www.doshisha.ac.jp/

<Apéndice>
En caso de discrepancias entre la versión japonesa y la española, prevalecerá la versión japonesa.
Trataremos los documentos presentados con el máximo cuidado, asumiendo la responsabilidad de eliminarlos después del proceso de selección. No los utilizaremos para ningún otro objetivo cumpliendo con la ley de protección de información personal.

教員(ロシア語・任期付) 公募

1.任用職名
助教、准教授、または教授

2.担当科目
ロシア語および言語文化関連科目

3.採用人員
1名

4.任用期間
2022年4月1日〜2027年3月31日の5年間(任用期間満了後の契約更新はしない)

5.応募資格
(1)
ロシア語を母語とする者、またはそれに準じたロシア語運用能力を持つ者。
(2)
ロシア語学・ロシア語教育またはロシア語圏および日本の地域研究あるいは文化研究を専攻し、ロシア語教育に関する経験実績を有する者。
(3)
博士課程前期(修士課程)修了後3年以上の教育・研究歴の有る者、またはそれに準ずる経歴を有する者。
(4)
校務遂行に必要な日本語運用能力を有する者。
(5)
採用後に近畿圏に居住できる者。

6.時間と業務
(1)
授業担当は、今出川校地および京田辺校地における1週16時間(8コマ)を最小基準とする。
(2)
科目担当以外に、ロシア語カリキュラムに関する業務、学生の外国語能力向上に関する業務、国際交流に寄与する業務、入学試験関連業務等を担当する。

7.提出書類
以下の(1)〜(5)をPDF形式でEメールに添付して提出すること。
(1)
履歴書・研究業績書[Excel 64KB]各1通。
(2)
主たる業績2点(抜き刷り可。各々日本語による800字程度の要約を添付すること)。
(3)
応募理由書(これまでの教育実績および今後の教育研究計画をロシア語1,000語程度、さらに日本語訳を付けること)。
(4)
最終学歴の学位記のコピー。
(5)
日本語能力を証明する書類(検定資格など)がある場合、そのコピー。

8.応募締切日
2021年7月1日(木)17:00(日本時間)【必着】
追って受領確認メールをお送りします。それを以て提出完了となりますので、ご確認ください。ただし、受領確認メールを送るまでしばらく時間がかかることがあります。
PDF データの容量が大きいなど、メールの添付ファイルでの送付が難しい場合は、事前にご相談ください。

9.提出先
同志社大学グローバル地域文化学部ロシア語教員(任期付)応募用アドレス
gr-saiyo@mail.doshisha.ac.jp
注)Eメールの件名に必ず「グローバル地域文化学部ロシア語教員(任期付)応募」と書いて送付すること。

10. その他
(1)
選考の過程でその他の業績の提出を求めることがある。
(2)
必要な時点で学位記等の原本の提示を求めることがある。
(3)
必要に応じて面接を行う(8月上旬または中旬を予定)。面接の際の交通費は、本学部の規定に基づいて支給する。ただし、新型コロナウィルス感染拡大に伴い、オンラインでの実施の可能性がある。
(4)
選考結果については、選考終了後すみやかに本人に通知する。
(5)
夏期休暇中に連絡先が変わる場合には、変更期間、変更先の住所、電話/ファックス番号、Eメールアドレス等を記載し、必ず応募書類に同封すること。

同志社大学 グローバル地域文化学部
〒602-0898 京都市上京区烏丸通上立売上る
電話:075-251-2610 Fax:075-251-2781
E メール:gr-saiyo@mail.doshisha.ac.jp
グローバル地域文化学部ホームページ:https://gr.doshisha.ac.jp/
同志社大学ホームページ:https://www.doshisha.ac.jp/

付記
提出いただいた書類は厳重に保管・管理し、審査終了後は責任をもって破棄いたします。また、提出いただいた書類に含まれる個人情報は、個人情報保護法に基づき、選考以外の目的には使用いたしません。

Вакансия на должность «Преподаватель русского языка» Факультет глобальных и региональных исследований, Университет Досися

1.Должность
старший преподаватель, доцент или профессор

2.Предметы преподавания
русский язык и культура России

3.Число вакансий


4.Период найма
С 1 апреля 2022 года по 31 марта 2027 года (5 лет, договор не обновляется)

5.Требования
(1)
Носитель русского языка или обладатель эквивалентной культурно-лингвистической квалификации
(2)
Специалист по лингвистике или методике преподавания русского языка, русской культуре, культуре регионов России, или культуре Японии и ее регионов, имеющий опыт преподавания русского языка в университетах и других образовательных учреждениях
(3)
Обладатель ученой степени не ниже магистра со стажем преподавательской или научной работы не менее трех лет после присвоения ученой степени, а также обладатель приравниваемой к этому квалификации
(4)
Уверенное владение японским языком, позволяющее осуществлять профессиональную деятельность
(5)
Возможность постоянного проживания в районе Кинки (префектуры Киото, Осака, Хёго, Сига, Нара) после приема на должность

6. Обязанности
(1)
Преподавание в кампусах Имадэгава и Кётанабэ (еженедельно не менее 16 академических часов, т. е. 8 занятий)
(2)
Помимо преподавания, обязательно участие в разработке учебных планов, программ повышения языковой компетентности студентов, организации международных программ обучения русскому языку и культуре в сотрудничестве с иностранными университетами, участие в проведении вступительных экзаменов в университет Досися.

7. Обязательные документы
необходимо отправить документы (1) - (5) в формате PDF по электронной почте.
(1)
Резюме и Список публикаций[Excel 64KB]
(2)
Две научных публикации, к каждой публикации требуется приложить аннотацию (до 800 знаков на японском языке).
(3)
Письмо с изложением мотивов участия в конкурсе на данную вакансию (отразить опыт преподавания и научной работы и изложить план своей преподавательской и исследовательской деятельности в Досися, до 1000 слов на русском языке с приложением перевода на японский).
(4)
Копия диплома о присвоении наивысшей из имеющихся у кандидата ученых степеней.
(5)
Копия сертификата уровня владения японским языком или иного документа, удостоверяющего эту компетенцию.

8. Срок подачи документов
до 1 июля 2021 года, 17:00 (по японскому времени).
После получения ваших документов в электронном виде мы отправим подтверждение о получении, что будет удостоверять ваше участие в конкурсе на вакансию. Для отправления подтверждения может потребоваться время.
Объем ваших файлов PDF может превысить допустимый для отправки электронной почтой – о подобных затруднениях просим заранее проконсультироваться в нашем офисе.

9. Адрес
Документы для участия в конкурсе на должность преподавателя русского языка (контракт на 5 лет) на факультете Глобальных и региональных исследований университета Досися присылать по адресу: gr-saiyo@mail.doshisha.ac.jp
(В качестве темы вашего электронного послания укажите: “Russian Teacher(contract), Faculty of Global and Regional Studies”).

10. Прочее
(1)
В процессе конкурсного отбора могут потребоваться все научные публикации претендента на вакансию.
(2)
Может возникнуть требование предъявить оригиналы свидетельств о присвоении ученых степеней.
(3)
При необходимости, претендент приглашается на интервью (в начале или в середине августа). Дорожные расходы оплачиваются по правилам факультета. Однако в связи с распространением короновирусной инфекции нового типа, возможно проведение собеседования в онлайн-режиме.
(4)
Результаты конкурса сообщаются претендентам после его завершения.
(5)
При изменении адреса постоянного проживания (на время летнего отпуска и т. п.), требуется вместе с документами, в отдельном файле, послать на электронный адрес факультета Глобальных и региональных исследований информацию о своем новом адресе и периоде пребывания по нему, номере факса/телефона, электронном адресе.

Факультет глобальных и региональных исследований
Университет Досися

Адрес: Doshisha University, Faculty of Global and Regional Studies: Kamitachiuri-agaru Karasuma-dori Kamigyoku, Kyoto 602-0898, Japan
Веб-сайт факультета:https://gr.doshisha.ac.jp/
Тел.:075-251-2610
Факс:075-251-2781
E-mail:gr-saiyo@mail.doshisha.ac.jp
Веб-сайт университета:https://www.doshisha.ac.jp/

Все представленные документы будут храниться с необходимой тщательностью, а после завершения конкурса будут уничтожены. Согласно закону о защите персональных данных, содержащиеся в документах персональные данные будут использованы только для конкурса на замещение вакансии.