1. 同志社大学ホーム
  2. 教職員募集
  3. 教員採用(免許資格課程センター)

教員採用(免許資格課程センター)

任期付教員(有期)公募

1.任用職名
准教授(有期)または教授(有期)

2.募集人員
1名

3.研究分野
大分類:社会科学、小分類:教育学

4.専門分野
授業デザインおよび授業論

5.任用期間
5年 (ただし、65歳に達した年度末を上限とする。)
任用期間満了後の契約更新はしない。
過去に学校法人同志社との間で締結された有期労働契約の契約期間(労働契約法第18条第2項及び法第7条第2項の規定の適用を受ける契約期間を除く)がある場合、その契約期間を含め通算して10年を超えることはできない。

6.採用予定日
2022年4月1日

7.主な担当予定科目
  • 京都教育大学大学院連合教職実践研究科(教職大学院)における主な担当予定科目
    (大学院改組の設置認可申請により、科目名等が変更する場合がある)
    • 授業デザインに関する科目 例:「社会認識を培う授業の実践」
    • 「教科指導の理論と課題」
    • 「授業力高度化実践研究Ⅰ、Ⅱ」
    • 「教職専門実習Ⅰ、Ⅱ」
    • 「授業力高度化演習」
    • 「教科指導実践演習A(a)」
  • 同志社大学における主な担当予定科目
    • 「教育実習指導」
    • 「教育実習A、B、C」 (担当時間数には含まれない)
    • 「教職実践演習(中・高)」
    • 「教育原理」または各教科の指導法の科目
上記以外の同志社大学における担当科目は、本人の専門分野を考慮して決定する。

8.応募資格
下記①、②の両方に該当する者
博士の学位を有する者またはこれと同等の業績を有する者
担当科目に関する十分な研究業績を有する者(特に直近10年以内の研究業績を有すること。)
上記に加え、学校または教育行政機関等での実務経験があればなお望ましい。

9.勤務地、義務時間および業務
勤務地
京都教育大学大学院連合教職実践研究科および同志社大学(今出川校地および京田辺校地)。
授業担当
1週8時間(4コマ)を基準とするが、それ以上を担当することもある。
業務
京都教育大学大学院連合教職実践研究科での業務を主たる業務とする。
京都教育大学大学院連合教職実践研究科に週3日以上勤務し、科目担当、学生指導(ゼミ指導)、実地教育指導等に従事する。また、各種委員会委員、共通業務等を担当する。
同志社大学においては、全学教職課程の科目担当および学生の指導、教職課程の運営に係る業務を担当する。

10.応募書類
  1. 履歴書[Excel 36KB]記入見本[PDF 147KB])、研究業績書[Excel 42KB]記入見本[PDF 199KB])および学校法人同志社内における職務経歴報告書[Excel 17KB](本学所定)
  2. 主要研究業績5点以内(抜き刷り、コピー可)およびその要旨(それぞれ400字程度)
    但し、後日すべての研究業績の提出をお願いすることがあります。
  3. 卒業証明書(学士)、修士課程および博士課程修了(学位取得)証明書のコピー
  4. 応募理由書(教職科目を担当するにあたり、学生の意欲や資質向上のための授業内容とその方法の創意工夫について、具体的に1,000字程度で記述してください。)

11.応募締切日
2020年7月30日(木)必着

12.書類郵送先
〒602-8580  京都市上京区今出川通烏丸東入
同志社大学教育支援機構免許資格課程センター所長 舩津 浩司
(封筒に「免許資格課程センター任期付教員(連合教職大学院担当教員)応募書類在中」と朱書きのうえ、書留郵便にて送付のこと。)

13.選考方法
書類審査(一次選考)と面接(二次選考:一次選考通過者に対して、9月下旬に実施する。)
(該当者には日時について追って連絡するので、メールアドレス、電話/FAX番号等を必ず履歴書に記入すること。)

14.問合せ先
同志社大学教育支援機構 免許資格課程センター事務室
E-mail: ji-menky@mail.doshisha.ac.jp
お問合せはメールにてお願いいたします。お電話でのお問合せはご遠慮ください。返信まで多少お時間を頂戴する場合もございますが、ご容赦願います。

15.その他
  1. 選考の過程でその他の業績の提出を求めることがある。
  2. 必要な時点で卒業証明書、修士課程もしくは博士課程修了証明書の原本提出をお願いする。
  3. 履歴書記載内容を証明する書類等追加書類の提出を求める場合がある。
  4. 必要に応じて模擬授業をお願いすることもある。
  5. 面接の際の交通費は、本学の規程に基づいて支給する。(国内に限る)
  6. 選考結果については、選考終了後すみやかに本人に通知する。
  7. 提出書類は原則として返却しない。業績現物に限り、希望があれば返却する。その場合、返却を希望する業績を明示のうえ、宅配便の着払い伝票を同封のこと。
  8. 採用後は、近畿圏に居住すること。

提出いただいた書類は厳重に保管・管理し、審査終了後は責任をもって破棄します。
また、提出いただいた書類に含まれる個人情報は、個人情報保護法に基づき、選考以外の目的には使用いたしません。