講演会・セミナー・イベント

  1. 同志社大学ホーム
  2. 講演会・セミナー・イベント一覧
  3. 【ITECセミナー】 働き方改革を牽引するテレワーク -個人・企業・社会の持続的な成長発展に向けて

【ITECセミナー】 働き方改革を牽引するテレワーク -個人・企業・社会の持続的な成長発展に向けて

'17年2月9日 更新
講演の概要
民間企業のみならず中央官庁・自治体なども加わり、多くの組織で「働き方改革」の取組が本格化している。その動きを牽引しているのがテレワーク。テレワークは、少子高齢社会への処方箋、介護離職ゼロへの対応、女性活躍推進策をはじめとして、官民挙げた日本全体の社会変革、イノベーションの推進策として位置づけられ、現在は、実践・普及拡大の段階に入っている。本講演ではテレワーク関連の政策動向を紹介した後、企業・自治体の事例を交えながら、テレワーク導入・拡大にむけて必要な条件整備、テレワークの成功のポイント等を、議論する。

講師 小豆川裕子 氏のプロフィール:
金融、ITサービスのシンクタンク等を経て現職。1990年代後半よりICTの普及と個人・組織・社会の相関、ワークスタイル&ワークプレイス分野の実証(特にテレワーク)および政策研究等に従事。博士(学術、東京大学)、修士(経営学、筑波大学)、日本テレワーク学会副会長、テレワーク月間実行委員会副委員長、一般社団法人日本テレワーク協会アドバイザー、国土交通省、総務省、厚生労働省、内閣府委員(2016年度)。明治大学公共政策大学院、東京理科大学の非常勤講師を兼任。

著書
『テレワークで働き方が変わる-テレワーク白書2016』(共著、インプレスR&D、2016年)、『テレワークが未来を創る-働き方改革で実現するトランスボーダー社会』(共著、インプレスR&D、2015年)、『ICT進展と情報活用能力-変容する組織と個人の関係性』 (白桃書房、2012年、第28回テレコム社会科学賞奨励賞受賞)、『知識資産経営と組織パフォーマンス-人材・知識・ICTの融合の時代』(共編著、白桃書房、2009年、日本社会情報学会優秀文献賞受賞)他多数。
講演の概要
民間企業のみならず中央官庁・自治体なども加わり、多くの組織で「働き方改革」の取組が本格化している。その動きを牽引しているのがテレワーク。テレワークは、少子高齢社会への処方箋、介護離職ゼロへの対応、女性活躍推進策をはじめとして、官民挙げた日本全体の社会変革、イノベーションの推進策として位置づけられ、現在は、実践・普及拡大の段階に入っている。本講演ではテレワーク関連の政策動向を紹介した後、企業・自治体の事例を交えながら、テレワーク導入・拡大にむけて必要な条件整備、テレワークの成功のポイント等を、議論する。

講師 小豆川裕子 氏のプロフィール:
金融、ITサービスのシンクタンク等を経て現職。1990年代後半よりICTの普及と個人・組織・社会の相関、ワークスタイル&ワークプレイス分野の実証(特にテレワーク)および政策研究等に従事。博士(学術、東京大学)、修士(経営学、筑波大学)、日本テレワーク学会副会長、テレワーク月間実行委員会副委員長、一般社団法人日本テレワーク協会アドバイザー、国土交通省、総務省、厚生労働省、内閣府委員(2016年度)。明治大学公共政策大学院、東京理科大学の非常勤講師を兼任。

著書
『テレワークで働き方が変わる-テレワーク白書2016』(共著、インプレスR&D、2016年)、『テレワークが未来を創る-働き方改革で実現するトランスボーダー社会』(共著、インプレスR&D、2015年)、『ICT進展と情報活用能力-変容する組織と個人の関係性』 (白桃書房、2012年、第28回テレコム社会科学賞奨励賞受賞)、『知識資産経営と組織パフォーマンス-人材・知識・ICTの融合の時代』(共編著、白桃書房、2009年、日本社会情報学会優秀文献賞受賞)他多数。
開催日
2017年03月14日(火)
15:00~16:30
15:00~16:00講演  16:00~16:30質疑応答
開催場所
その他校地
同志社大学東京サテライトキャンパス
〒104-0031 東京都中央区京橋2丁目7番19号 京橋イーストビル3階
アクセスマップ
講師
株式会社 NTTデータ経営研究所  上席研究員 小豆川 裕子氏
費用
  • 無料
対象者
  • 在学生
  • 卒業生
  • 一般の方
参加申込
  • 要申込
下記フォームよりお申込み下さい。
ITECセミナー 参加申し込みフォーム
お問い合わせ先
技術・企業・国際競争力研究センター(ITEC):itec@doshisha-u.jp