講演会・セミナー・イベント

  1. 同志社大学ホーム
  2. 講演会・セミナー・イベント一覧
  3. 公開シンポジウム「能の精神性と未来への展望」

公開シンポジウム「能の精神性と未来への展望」

'17年11月2日 更新
◆概要
能は14世紀以来、今日まで絶えることなく演じつがれてきました。それは能がいずれの時代にも観る人を惹きつける何者かを保持しているからにほかなりません。伝統芸能は、常に同時代性を保ち続けているゆえに生命を保つのです。
さて能の持つ精神性を分析すると、そこには日本人の感性が見えてきます。「能の持つ想像力(あるいは創造力)」、あるいは「いろいろな物が見えた中世と見えなくなった現代」から将来に向けてということをテーマに今回のシンポジウムを企画しました。
ハーバード大学名誉教授で多くの日本文学や村上春樹氏の翻訳をなさっているJay Rubin氏には、日本人の精神性、文学に精通した深い視点で能を語っていただきます。
日本の能楽研究の第一人者である法政大学名誉教授の西野春雄氏には、作品研究に裏打ちされた能の世界の奥深さ、またご自身の新作能の創作活動についてお話いただきます。
株式会社日立製作所役員待遇フェローの小泉英明氏には、脳科学者の立場から、日本の武術の心も含めて、科学的に芸術活動についてお話いただきます。
同志社大学教授の飯塚まり氏には、近年注目されるウエルビーイングについて、日本の芸道になどで無意識下で行なわれていることについてお話いただきます。
能楽師河村晴久は、実演者の立場から、能の描く世界についてお話いたします。
能は宗教儀礼、娯楽から始まりましたが、言葉のつながりでイメージを広め、意識下にある世界を描き、見えないものを見て、祝言、鎮魂を行なってきました。自然と和合し、人とは何であるかを見つめてきた能の精神性に触れることは、かえって新鮮に、混迷の時代に未来への展望をひらく指標となるでしょう。

◆概要
能は14世紀以来、今日まで絶えることなく演じつがれてきました。それは能がいずれの時代にも観る人を惹きつける何者かを保持しているからにほかなりません。伝統芸能は、常に同時代性を保ち続けているゆえに生命を保つのです。
さて能の持つ精神性を分析すると、そこには日本人の感性が見えてきます。「能の持つ想像力(あるいは創造力)」、あるいは「いろいろな物が見えた中世と見えなくなった現代」から将来に向けてということをテーマに今回のシンポジウムを企画しました。
ハーバード大学名誉教授で多くの日本文学や村上春樹氏の翻訳をなさっているJay Rubin氏には、日本人の精神性、文学に精通した深い視点で能を語っていただきます。
日本の能楽研究の第一人者である法政大学名誉教授の西野春雄氏には、作品研究に裏打ちされた能の世界の奥深さ、またご自身の新作能の創作活動についてお話いただきます。
株式会社日立製作所役員待遇フェローの小泉英明氏には、脳科学者の立場から、日本の武術の心も含めて、科学的に芸術活動についてお話いただきます。
同志社大学教授の飯塚まり氏には、近年注目されるウエルビーイングについて、日本の芸道になどで無意識下で行なわれていることについてお話いただきます。
能楽師河村晴久は、実演者の立場から、能の描く世界についてお話いたします。
能は宗教儀礼、娯楽から始まりましたが、言葉のつながりでイメージを広め、意識下にある世界を描き、見えないものを見て、祝言、鎮魂を行なってきました。自然と和合し、人とは何であるかを見つめてきた能の精神性に触れることは、かえって新鮮に、混迷の時代に未来への展望をひらく指標となるでしょう。

開催日
2017年11月03日(金)
13:00~18:10
開催場所
今出川校地(今出川キャンパス)
寒梅館ハーディーホール
講師
西野春雄 法政大学名誉教授 元野上記念法政大学能楽研究所所長
Jay Rubin ハーバード大学 名誉教授
小泉英明 株式会社日立製作所名誉フェロー
飯塚まり 同志社大学ビジネス研究科教授
河村晴久 能楽師
費用
  • 無料
対象者
  • 在学生
  • 受験生
  • 卒業生
  • 一般の方
参加申込
  • 申込不要
無料 
お問い合わせ先
【お問合せ】
同志社大学創造経済研究センター
Tel: 075-251-3728 Fax: 075-251-3727
email: rc-csce@mail.doshisha.ac.jp
備考
同時通訳【日本語/英語】