講演会・セミナー・イベント

  1. 同志社大学ホーム
  2. 講演会・セミナー・イベント一覧
  3. 【9/4開催】復興ボランティア学ワークショップ 参加者募集

【9/4開催】復興ボランティア学ワークショップ 参加者募集

'19年8月2日 更新
 「復興ボランティア学ワークショップ」は、石巻専修大学の「復興ボランティア学」講座に招かれた60人あまりの復興のリーダーたちの講演録を厳選し、8年間にわたる復興の全体像をつかむワークショップです。

 「語り部」や現地のボランティアの話しを聞いても、それは語る人の視点による復興の「スナップショット」に過ぎません。ワークショップでは、多様な復興関係者の話をインプットすることで、特定の視点に偏ることなく、復興支援の全体像をつかむことができます。

 被災地の問題について知ることは、自分たちの地域問題を発見することにつながります。そして、その問題を考えることによって、地域の問題を解決し、災害に強いまちづくりを実現できるのです。

 ワークショップでは、震災復興の現場の声から、地域問題を解決するために自分が取り組むべき課題を見つけ、一人一人が具体的な一歩を踏み出すところまで考えます。


主催:
V-NET京田辺、石巻専修大学経営学部山崎ゼミナール

V-NET京田辺
同志社大学に所属するボランティア団体の更なる活性化を目的とした学内ボランティア団体横断型ネットワーク
ASUVID京田辺×Global Baton for Ishinomaki×スポーツボランティア団体Egg
×そら×PAZMUSICA×同志社生涯スポーツ研究会~DUAL Sport~

石巻専修大学経営学部山崎ゼミナール
山崎泰央教授の下、東日本大震災以降、仮設住宅の支援活動を行っている。「風化防止」「減災」を考えこのワークショップを開始。これまで神戸、大阪、京都の関西をはじめ、東北から九州まで全国で開催している。
 「復興ボランティア学ワークショップ」は、石巻専修大学の「復興ボランティア学」講座に招かれた60人あまりの復興のリーダーたちの講演録を厳選し、8年間にわたる復興の全体像をつかむワークショップです。

 「語り部」や現地のボランティアの話しを聞いても、それは語る人の視点による復興の「スナップショット」に過ぎません。ワークショップでは、多様な復興関係者の話をインプットすることで、特定の視点に偏ることなく、復興支援の全体像をつかむことができます。

 被災地の問題について知ることは、自分たちの地域問題を発見することにつながります。そして、その問題を考えることによって、地域の問題を解決し、災害に強いまちづくりを実現できるのです。

 ワークショップでは、震災復興の現場の声から、地域問題を解決するために自分が取り組むべき課題を見つけ、一人一人が具体的な一歩を踏み出すところまで考えます。


主催:
V-NET京田辺、石巻専修大学経営学部山崎ゼミナール

V-NET京田辺
同志社大学に所属するボランティア団体の更なる活性化を目的とした学内ボランティア団体横断型ネットワーク
ASUVID京田辺×Global Baton for Ishinomaki×スポーツボランティア団体Egg
×そら×PAZMUSICA×同志社生涯スポーツ研究会~DUAL Sport~

石巻専修大学経営学部山崎ゼミナール
山崎泰央教授の下、東日本大震災以降、仮設住宅の支援活動を行っている。「風化防止」「減災」を考えこのワークショップを開始。これまで神戸、大阪、京都の関西をはじめ、東北から九州まで全国で開催している。
開催日
2019年09月04日(水)
14:00~17:00
開催場所
京田辺校地(京田辺キャンパス)
新別館第10会議室
費用
  • 無料
対象者
  • 在学生
東日本大震災に限らず、災害復興や防災・減災に関心のある人
地域課題の解決に取り組んでいる、またはこれから取り組みたい人
参加申込
  • 要申込
申込方法 :ボランティア支援室へメール申込み。
E-mail:jt-volun@mail.doshisha.ac.jp
件名:「復興ボランティア学ワークショップ申込」
本文:(1)学生ID (2)氏名 (3)所属団体(あれば) (4)電話番号
お問い合わせ先
京田辺校地学生支援課ボランティア支援室
TEL:0774-65-6777
FAX:0774-65-7421
E-mail:jt-volun@mail.doshisha.ac.jp
お問い合わせ一覧(部課所在・事務取扱時間案内)