講演会・セミナー・イベント

  1. 同志社大学ホーム
  2. 講演会・セミナー・イベント一覧
  3. 【2/26開催】エネルギー変換研究センター「海外客員教授講演会」のご案内

【2/26開催】エネルギー変換研究センター「海外客員教授講演会」のご案内

'20年2月6日 更新

同志社大学 エネルギー変換研究センター
2019年度 技術セミナー
「海外客員教授講演会」


日時: 2020年2月26日(水)10:00-12:00
場所:同志社大学 京田辺校地 
   光喜館 3階 会議室    
   参加費無料
◆特別講師:永田 雅人 (中国・天津大学 教授)

講演内容:連続講義 “Instability of Fluid Motion”
第10回
「回転平面クエット流の広領域における渦構造」
回転平面クエット流において、すでに求まっている基本領域での厳密秩序解を広領域に拡張し、ニュートン法を使った厳密解を求める手法と直接数値シミュレーションの手法を併用して流れの渦構造を解析する。

研究員講演会
▶ 「回転二円板間の低隙間比の数値計算と実験」
 稲谷春輝, 野口尚史, 平田勝哉

中心軸を共有する二円板が同一方向に同一角速度で回転すると二次流れが発生し、流れ場が非軸対称になることがある。そしてコア領域 (剛体回転領域) と外周部領域の二つの領域に分かれる。円板間の隙間が円板半径に比べて十分小さいとき、 その二つの領域の境界が円板間中央面 (midplane) での軸方向渦度分布において多角形状を示す。そこで本研究では、数値解析と実験を用いて、多角形状のパターンの流れをマッピングする。

▶「粘性流体中で振動する球に作用する流体力に関する実験的研究」
山本将史,野口尚史,平田勝哉

振動する球に作用する付加質量力と粘性減衰力を実験により求めた。また、OpenFOAMを用いて水没している糸に作用する流体力を計算し、実験結果の補正を行った。そして、運動レイノルズ数Sと無次元振幅KCを用いて結果をまとめた。さらにS及びレイノルズ数の変化に伴い、振幅の影響の出方がどのように変化するかに注目した。

▶「水の回転円筒容器によるスピンアップ時に見られる柱状流れ構造に関して」
 下浦康平,野口尚史,平田勝哉

回転円筒容器を用いて水のスピンアップを試みる際、複数現れる柱状の流れ構造によって剛体回転化が妨げられる。この柱状構造の発生要因を考え得る可能性から比較実験を用いて検討する。


学外者の方はメールにてお申し込み下さい。

同志社大学 エネルギー変換研究センター
TEL:0774-65-7756
E-mail: rc-ene@mail.doshisha.ac.jp
URL:https://www1.doshisha.ac.jp/~ene-cent/
「同志社 エネルギー変換」で検索
「海外客員教授講演会」のご案内

「海外客員教授講演会」のご案内

同志社大学 エネルギー変換研究センター
2019年度 技術セミナー
「海外客員教授講演会」


日時: 2020年2月26日(水)10:00-12:00
場所:同志社大学 京田辺校地 
   光喜館 3階 会議室    
   参加費無料
◆特別講師:永田 雅人 (中国・天津大学 教授)

講演内容:連続講義 “Instability of Fluid Motion”
第10回
「回転平面クエット流の広領域における渦構造」
回転平面クエット流において、すでに求まっている基本領域での厳密秩序解を広領域に拡張し、ニュートン法を使った厳密解を求める手法と直接数値シミュレーションの手法を併用して流れの渦構造を解析する。

研究員講演会
▶ 「回転二円板間の低隙間比の数値計算と実験」
 稲谷春輝, 野口尚史, 平田勝哉

中心軸を共有する二円板が同一方向に同一角速度で回転すると二次流れが発生し、流れ場が非軸対称になることがある。そしてコア領域 (剛体回転領域) と外周部領域の二つの領域に分かれる。円板間の隙間が円板半径に比べて十分小さいとき、 その二つの領域の境界が円板間中央面 (midplane) での軸方向渦度分布において多角形状を示す。そこで本研究では、数値解析と実験を用いて、多角形状のパターンの流れをマッピングする。

▶「粘性流体中で振動する球に作用する流体力に関する実験的研究」
山本将史,野口尚史,平田勝哉

振動する球に作用する付加質量力と粘性減衰力を実験により求めた。また、OpenFOAMを用いて水没している糸に作用する流体力を計算し、実験結果の補正を行った。そして、運動レイノルズ数Sと無次元振幅KCを用いて結果をまとめた。さらにS及びレイノルズ数の変化に伴い、振幅の影響の出方がどのように変化するかに注目した。

▶「水の回転円筒容器によるスピンアップ時に見られる柱状流れ構造に関して」
 下浦康平,野口尚史,平田勝哉

回転円筒容器を用いて水のスピンアップを試みる際、複数現れる柱状の流れ構造によって剛体回転化が妨げられる。この柱状構造の発生要因を考え得る可能性から比較実験を用いて検討する。


学外者の方はメールにてお申し込み下さい。

同志社大学 エネルギー変換研究センター
TEL:0774-65-7756
E-mail: rc-ene@mail.doshisha.ac.jp
URL:https://www1.doshisha.ac.jp/~ene-cent/
「同志社 エネルギー変換」で検索
開催日
2020年02月26日(水)
10:00~12:00
開催場所
京田辺校地(京田辺キャンパス)
光喜館 3階会議室
講師
◆特別講師:永田 雅人 (中国・天津大学 教授)
費用
  • 無料
対象者
  • 在学生
  • 受験生
  • 卒業生
  • 一般の方
参加申込
  • 申込不要
学外者の方はメール、もしくはフォームにてお申込み下さい。
お問い合わせ先
同志社大学 エネルギー変換研究センター
TEL:0774-65-7756
E-mail: rc-ene@mail.doshisha.ac.jp
URL:https://www1.doshisha.ac.jp/~ene-cent/
「同志社 エネルギー変換」で検索