講演会・セミナー・イベント

  1. 同志社大学ホーム
  2. 講演会・セミナー・イベント一覧
  3. 11/24(火)『僕たちは島で、未来を創ることにした。』

11/24(火)『僕たちは島で、未来を創ることにした。』

'20年11月20日 更新
【拡散歓迎】
同志社大学 政策学会 公開オンライン講演会

□■『僕たちは島で、未来を創ることにした。』 ■□
~地方創生のトップランナー、島根県海士町からの挑戦~
【ゲスト】阿部 裕志さん(株式会社 風と土と 代表取締役)

11月24日(火) @ Zoom meeting & YouTube Live

日本海に浮かぶ、島根県隠岐の島。
その一角を占める海士町(あまちょう)は、全国から志ある移住者を惹き付ける地方創生のトップランナーとして知られています。
その海士町に12年前に移住し、まちづくり会社を仲間と興し、離島から持続可能な未来を拓こうと活動を続けて来られた阿部裕志さんにオンラインでご出演いただきます。
当日は、阿部さんが手掛ける地域づくりや人材育成事業について詳しくお話を伺い、「しあわせな人口減少社会」をどのように地域から創っていくことができるのか、ともに考えます。
ご興味のあるみなさんならどなたでも参加歓迎です。ぜひお申込みください!
※同志社大学 政策学部「政策トピックス (しあわせな人口減少社会のデザイン)」(佐野淳也)の公開授業 として実施します。政策トピックス(しあわせな人口減少社会のデザイン)のシラバスはこちらより。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とき
2020年 11月24日(火)16:40~18:10

開催方法
【動画配信】YouTube Live(申込み不要)
【双方向型】Zoom meeting(要事前申込み)

ゲスト講師:
阿部 裕志さん(株式会社「風と土と」代表取締役)
【プロフィール】
1978年愛媛県生まれ。京都大学大学院にてチタン合金の研究で修士号を取得後、トヨタ自動車の生産技術エンジニアとして働くが、現代社会のあり方に疑問を抱き、2008年海士町に移住、起業。島のビジョン・戦略・プロジェクトを生み出す地域づくり事業、島外の企業や自治体、大学の研修を島で行う人材育成事業を行うほか、辺境の島から温かい関係性を高める叡智を広げる出版社「海士の風」を立ち上げ準備中。
田んぼや畑、素潜り漁、神楽などローカルな活動を実践しつつ、イギリス・シューマッハカレッジやドラッカースクール・セルフマネジメントなどのエッセンスを活用した研修プログラムづくり、JICAと提携し海士町とブータンとの交流づくりなど、グローバルな視点も取り入れながら、持続可能な未来を切り拓いている。
環境省・プラットフォームのあり方に関する検討ワーキング委員、海士町教育委員教育長代行、隠岐國商工会理事、AMAホールディングス株式会社取締役、一般社団法人ないものはないラボ共同代表を務める。平成26年度ふるさとづくり大賞総務大臣賞受賞。著書『僕たちは島で、未来を見ることにした(木楽舎)』

◎株式会社「風と土と」https://kazetotuchito.jp/
◎朝日新聞記事「移住し起業 独自の研修」
http://www.asahi.com/area/hiroshima/articles/MTW20190411351370001.html

コーディネーター(担当教員)
佐野 淳也 (同志社大学政策学部 准教授)

グラフィック・ファシリテーター
奥野 美里(コクリエ・ラボ/ワークショップデザイナー)
さの はるか(USANET/イラストレーター)

プログラム(予定)
16:40あいさつ/プログラム紹介
16:50講演『僕たちは島で、未来を創ることにした。』(阿部 裕志さん)
17:30小グループに分かれての感想シェア(Zoom参加者のみ)
17:45質疑応答セッション
18:05全体まとめ/感想フォーム案内
18:10終了

対象:
一般/在学生/卒業生/受験生/教職員

参加無料
◎申し込み&参加方法
【動画配信】YouTube Live(申込み不要)
※当日、以下URLよりご視聴ください!
https://youtu.be/IFgO65tbdKU
【双方向型】Zoom meeting(要事前申込み)
※以下より必要事項をご記入ください。当日の講演会開始前までに参加案内をお送りします。
https://bit.ly/2UGL8JB
〆切:2020年11月24日(火)正午 昼12時
【拡散歓迎】
同志社大学 政策学会 公開オンライン講演会

□■『僕たちは島で、未来を創ることにした。』 ■□
~地方創生のトップランナー、島根県海士町からの挑戦~
【ゲスト】阿部 裕志さん(株式会社 風と土と 代表取締役)

11月24日(火) @ Zoom meeting & YouTube Live

日本海に浮かぶ、島根県隠岐の島。
その一角を占める海士町(あまちょう)は、全国から志ある移住者を惹き付ける地方創生のトップランナーとして知られています。
その海士町に12年前に移住し、まちづくり会社を仲間と興し、離島から持続可能な未来を拓こうと活動を続けて来られた阿部裕志さんにオンラインでご出演いただきます。
当日は、阿部さんが手掛ける地域づくりや人材育成事業について詳しくお話を伺い、「しあわせな人口減少社会」をどのように地域から創っていくことができるのか、ともに考えます。
ご興味のあるみなさんならどなたでも参加歓迎です。ぜひお申込みください!
※同志社大学 政策学部「政策トピックス (しあわせな人口減少社会のデザイン)」(佐野淳也)の公開授業 として実施します。政策トピックス(しあわせな人口減少社会のデザイン)のシラバスはこちらより。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とき
2020年 11月24日(火)16:40~18:10

開催方法
【動画配信】YouTube Live(申込み不要)
【双方向型】Zoom meeting(要事前申込み)

ゲスト講師:
阿部 裕志さん(株式会社「風と土と」代表取締役)
【プロフィール】
1978年愛媛県生まれ。京都大学大学院にてチタン合金の研究で修士号を取得後、トヨタ自動車の生産技術エンジニアとして働くが、現代社会のあり方に疑問を抱き、2008年海士町に移住、起業。島のビジョン・戦略・プロジェクトを生み出す地域づくり事業、島外の企業や自治体、大学の研修を島で行う人材育成事業を行うほか、辺境の島から温かい関係性を高める叡智を広げる出版社「海士の風」を立ち上げ準備中。
田んぼや畑、素潜り漁、神楽などローカルな活動を実践しつつ、イギリス・シューマッハカレッジやドラッカースクール・セルフマネジメントなどのエッセンスを活用した研修プログラムづくり、JICAと提携し海士町とブータンとの交流づくりなど、グローバルな視点も取り入れながら、持続可能な未来を切り拓いている。
環境省・プラットフォームのあり方に関する検討ワーキング委員、海士町教育委員教育長代行、隠岐國商工会理事、AMAホールディングス株式会社取締役、一般社団法人ないものはないラボ共同代表を務める。平成26年度ふるさとづくり大賞総務大臣賞受賞。著書『僕たちは島で、未来を見ることにした(木楽舎)』

◎株式会社「風と土と」https://kazetotuchito.jp/
◎朝日新聞記事「移住し起業 独自の研修」
http://www.asahi.com/area/hiroshima/articles/MTW20190411351370001.html

コーディネーター(担当教員)
佐野 淳也 (同志社大学政策学部 准教授)

グラフィック・ファシリテーター
奥野 美里(コクリエ・ラボ/ワークショップデザイナー)
さの はるか(USANET/イラストレーター)

プログラム(予定)
16:40あいさつ/プログラム紹介
16:50講演『僕たちは島で、未来を創ることにした。』(阿部 裕志さん)
17:30小グループに分かれての感想シェア(Zoom参加者のみ)
17:45質疑応答セッション
18:05全体まとめ/感想フォーム案内
18:10終了

対象:
一般/在学生/卒業生/受験生/教職員

参加無料
◎申し込み&参加方法
【動画配信】YouTube Live(申込み不要)
※当日、以下URLよりご視聴ください!
https://youtu.be/IFgO65tbdKU
【双方向型】Zoom meeting(要事前申込み)
※以下より必要事項をご記入ください。当日の講演会開始前までに参加案内をお送りします。
https://bit.ly/2UGL8JB
〆切:2020年11月24日(火)正午 昼12時
開催日
2020年11月24日(火)
16:40~18:10
開催場所
学外
オンライン
費用
  • 無料
対象者
  • 在学生
  • 受験生
  • 卒業生
  • 一般の方
参加申込
  • 要申込
◎申し込み&参加方法
【動画配信】YouTube Live(申込み不要)
※当日、以下URLよりご視聴ください!
https://youtu.be/IFgO65tbdKU

【双方向型】Zoom meeting(要事前申込み)
※以下より必要事項をご記入ください。当日の講演会開始前までに参加案内をお送りします。
https://bit.ly/2UGL8JB
〆切:2020年11月24日(火)正午 昼12時
お問い合わせ先
同志社大学 佐野淳也 研究室
〒602-0047 京都市上京区新町通今出川上ル
同志社大学新町キャンパス 渓水館208号室
Tel 075-251-3564
jsano@mail.doshisha.ac.jp
佐野淳也リサーチマップresearchmap.jp/sanojunya/