講演会・セミナー・イベント

  1. 同志社大学ホーム
  2. 講演会・セミナー・イベント一覧
  3. 【11/19開催】 「先進パワートレイン工学講座」 エネルギー変換研究センター

【11/19開催】 「先進パワートレイン工学講座」 エネルギー変換研究センター

'22年9月20日 更新

同志社大学 エネルギー変換研究センター
2022年度 技術セミナー:
先進パワートレイン工学講座
「エンジンシステム内噴霧燃焼過程の
最適化-2」

日時:
2022年11月19日(土)13:00-17:00
場所:
同志社大学 京田辺校地 
情報メディア館 4階 401
レクチャースタジオ ※会費無料
 パワートレイン/エンジン燃焼分野では、2014年4月から「自動車用内燃機関技術研究組合 (AICE)」が発足し主にディーゼル機関の排気系の高度研究が開始され、2014年9月からは政府の総合科学技術会議-戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)において「革新的燃焼技術」が始まりガソリン機関、ディーゼル機関双方で熱効率50%の高い必達目標が達成されました。またSIP内ではエンジン内噴霧燃焼過程のモデル開発とシミュレーションコード開発が注力され、日の丸コード「HINOCA」が陽の目をみました。さらに2019年からエンジン内噴霧燃焼挙動と排気後処理系の解析研究がAICE内で統合的に進められています。
このような背景のもとこれまで一連の先進エンジン工学講座セミナーを開催してきております。また2020年からの我が国のカーボン・ニュートラル宣言とグリーン成長線戦略の推進、世界的な電動化車両への急展開が志向されていますが、これからも各種電動化車両と協調するパワートレイン/エンジンの高効率化と低エミッション化は未だに最優先の研究課題であります。
今回はこの分野で最先端の研究を進められている大阪大学と岡山大学の先生方による、下記の4つの特別講演を頂きます。関係者各位に多数ご参加いただきたく、ここにご案内申し上げます。


 講演内容
2022年度 技術セミナー「先進パワートレイン工学講座」
「エンジンシステム内噴霧燃焼過程の最適化-2」

● 堀 司 講師
(大阪大学大学院 機械工学専攻 燃焼工学領域 燃焼工学研究室)

「スパコンを用いた大規模並列燃焼シミュレーションによる燃焼システムの最適化支援
ー内燃機関のゼロエミッション・高効率化とeFuel普及を目指してー」



● 赤松 史光 教授
(大阪大学大学院 機械工学専攻 燃焼工学領域 燃焼工学研究室)

「化石燃料の大量消費と環境問題を解決するための水素エネルギーキャリア戦略
-工業炉でのアンモニア直接燃焼利用-」



● 小橋 好充 准教授
(岡山大学 学術研究院 自然科学学域 動力熱工学研究室)

「多成分燃料の噴霧および混合気形成過程に関する数値解析」


● 河原 信幸 教授
(岡山大学 学術研究院 自然科学学域 動力熱工学研究室)

「水素火花点火エンジンにおける計測診断技術」

【講演概要】水素火花点火エンジンでは、水素を筒内に直接噴射し、層状混合気に火花点火を行い、燃焼を行う。点火プラグに光ファイバを組み込み、火花誘起ブレイクダウン分光法による燃料濃度計測手法を開発した。また、水素エンジンにおけるノッキング現象の可視化を行った。水素火花点火エンジンにおける計測診断技術に関して詳述する。
案内 技術セミナー

ご案内「先進エンジン工学講座」

同志社大学 エネルギー変換研究センター
2022年度 技術セミナー:
先進パワートレイン工学講座
「エンジンシステム内噴霧燃焼過程の
最適化-2」

日時:
2022年11月19日(土)13:00-17:00
場所:
同志社大学 京田辺校地 
情報メディア館 4階 401
レクチャースタジオ ※会費無料
 パワートレイン/エンジン燃焼分野では、2014年4月から「自動車用内燃機関技術研究組合 (AICE)」が発足し主にディーゼル機関の排気系の高度研究が開始され、2014年9月からは政府の総合科学技術会議-戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)において「革新的燃焼技術」が始まりガソリン機関、ディーゼル機関双方で熱効率50%の高い必達目標が達成されました。またSIP内ではエンジン内噴霧燃焼過程のモデル開発とシミュレーションコード開発が注力され、日の丸コード「HINOCA」が陽の目をみました。さらに2019年からエンジン内噴霧燃焼挙動と排気後処理系の解析研究がAICE内で統合的に進められています。
このような背景のもとこれまで一連の先進エンジン工学講座セミナーを開催してきております。また2020年からの我が国のカーボン・ニュートラル宣言とグリーン成長線戦略の推進、世界的な電動化車両への急展開が志向されていますが、これからも各種電動化車両と協調するパワートレイン/エンジンの高効率化と低エミッション化は未だに最優先の研究課題であります。
今回はこの分野で最先端の研究を進められている大阪大学と岡山大学の先生方による、下記の4つの特別講演を頂きます。関係者各位に多数ご参加いただきたく、ここにご案内申し上げます。


 講演内容
2022年度 技術セミナー「先進パワートレイン工学講座」
「エンジンシステム内噴霧燃焼過程の最適化-2」

● 堀 司 講師
(大阪大学大学院 機械工学専攻 燃焼工学領域 燃焼工学研究室)

「スパコンを用いた大規模並列燃焼シミュレーションによる燃焼システムの最適化支援
ー内燃機関のゼロエミッション・高効率化とeFuel普及を目指してー」



● 赤松 史光 教授
(大阪大学大学院 機械工学専攻 燃焼工学領域 燃焼工学研究室)

「化石燃料の大量消費と環境問題を解決するための水素エネルギーキャリア戦略
-工業炉でのアンモニア直接燃焼利用-」



● 小橋 好充 准教授
(岡山大学 学術研究院 自然科学学域 動力熱工学研究室)

「多成分燃料の噴霧および混合気形成過程に関する数値解析」


● 河原 信幸 教授
(岡山大学 学術研究院 自然科学学域 動力熱工学研究室)

「水素火花点火エンジンにおける計測診断技術」

【講演概要】水素火花点火エンジンでは、水素を筒内に直接噴射し、層状混合気に火花点火を行い、燃焼を行う。点火プラグに光ファイバを組み込み、火花誘起ブレイクダウン分光法による燃料濃度計測手法を開発した。また、水素エンジンにおけるノッキング現象の可視化を行った。水素火花点火エンジンにおける計測診断技術に関して詳述する。
開催日
2022年11月19日(土)
13:00~17:00
開催場所
京田辺校地(京田辺キャンパス)
情報メディア館 4階 401 レクチャースタジオ (JM-401)
講師
  • 堀 司 講師   (大阪大学大学院 機械工学専攻 燃焼工学領域 燃焼工学研究室)
  • 赤松 史光 教授 (大阪大学大学院 機械工学専攻 燃焼工学領域 燃焼工学研究室)
  • 小橋 好充 准教授 (岡山大学 学術研究院 自然科学学域 動力熱工学研究室)
  • 河原 信幸 教授  (岡山大学 学術研究院 自然科学学域 動力熱工学研究室)
費用
  • 無料
対象者
  • 在学生
  • 受験生
  • 卒業生
  • 一般の方
参加申込
  • 要申込
申込先:E-mail: rc-ene@mail.doshisha.ac.jp
お名前、ご所属、連絡先電話番号、メールアドレスをご記入の上
メールにて参加お申込み下さい。
以下の「参加申込みフォーム」からもお申込みを受付けております。
お問い合わせ先
同志社大学 エネルギー変換研究センター
Tel:0774-65-7756
Mail:rc-ene@mail.doshisha.ac.jp
URL:https://www1.doshisha.ac.jp/~ene-cent/
「同志社 エネルギー変換」で検索