1. 同志社大学ホーム
  2. 大学紹介
  3. Cyber学長室(学長からの回答)

Cyber学長室

学長へのご質問・ご提言

同志社はどうして医学部を作ると宣言しないのですか。

2006年10月更新
私は同志社大学について、すごく不可解に思っていることがあります。
新島先生は、大学を作るんだと130年前に大学設立の趣旨を全国に宣言され、同志社という大学を作られました。ところが今の同志社の経営者は130年もたっているのに新島先生の悲願だった医学部を設立するという宣言さえ、まだ出さずに、医学系の学部を作るなどと魂のない腑抜けのようなことを言われるのにほとほとあきれてしまっています。同志社の首脳陣は、新島先生のような篤い、燃えるような魂がないのでしょうか。私には同志社は医学部を作るのに130年遅れているとしか思えません。
同志社の首脳陣の皆さん、医学系学部、スポーツ系学部を作るなどというあいまいなことを言わず、困難なことにも命をかけて立ち向かわれた新島先生の熱き魂を受け継ぎ、「同志社は医学部を作る」と「しかもできるだけ早く医学部を作る」と新島先生にならって医学部設立の趣旨を全国に発表してください。そして同志社人や同志社医学部設立に賛同する方々から寄付を募れば、130年遅れていようとも医学部は設立できると思います。医学部を設立すると宣言されれば新島先生がどんなに喜ばれることでしょう。
『軟骨かんたるなかれ』学長先生の熱き魂に期待しております。ぜひ医学部を作ると宣言して、130年のブランクを取り返してください。

学長からの回答

医師、歯科医師、獣医師および船舶職員の養成に係る大学等の設置を、文部科学省は認めておりません。
このような状況の中、このたび、2006年7月27日開催の大学評議会において、生命医科学部及びスポーツ健康科学部の京田辺校地での設置が決定されました。
本学では、この間、大学将来構想委員会を設置し、中学校跡地活用と京田辺校地の活性化を視野に入れた将来構想案を全学的に検討していました。2005年3月17日に出された中間報告では、京田辺校地を、相互に連携した「生命-身体、科学技術、情報」に関する最先端研究の拠点、およびこれらの学問諸分野についての実験・実習・フィールドワークに比重を置いた実践的教育の拠点として位置付け、より競争力のある先端的理系研究・教育の拠点へと拡充するため、工学部・文化情報学部に加え、新たな理系の教育研究組織の設置の必要性を認めています。
創立者新島は、「人間を救うには霊肉両面よりすることが必要である」との考えに基づき医学部の設置を望んでいました。しかし、一旦は、京都看護婦学校と同志社病院が創設されたものの、財政上の理由から廃止・売却され、以後新島の構想は長きにわたり中断されたままでありました。
2004年、工学部に人間環境科学、運動機能・生理学などの教育課程を持つ環境システム学科を設置しました。このような医学や医療に関する新学科の設置により、漸く新島の夢の実現に向けての一歩が踏み出されたといえます。
他方、社会全体に目を向けると、世界有数の高齢社会を迎えている日本において、健康寿命を延長して個々人の生活の質を向上させるとともに、医療・介護などの社会的負担を軽減することが早急に求められています。これを達成するには急速に発展する生命科学の成果を取り入れると同時に、より広い視野から医学をとらえ、工学やその他の関連領域の学問を融合していくことが必要であります。また、これに寄与できる知識・技術・視野を合わせもつ人材を養成することが急務であります。
新島の当初の想い及び社会状況に鑑み、本学では2003年度の京都府立医科大学との学術交流に関する包括協定の締結を皮切りに、寄付研究プロジェクトである「再生医療研究センター」「アンチエイジングリサーチセンター」や文部科学省学術フロンティア推進事業に選定された「医工学研究センター」の立ち上げなど、生命科学・医学分野への関わりを深めてきました。また、生命科学・医学分野に関する研究環境のさらなる充実を図るために、2005年度には医療法人社団医聖会と包括協定を締結し、その病院に隣接した学研都市キャンパスに「快風館」を開設しました。
今後、現在設置されている生命、医療系の研究センター群や医療機関との連携だけでなく、生命医科学部とスポーツ健康科学部との密接な協力・連携を図ることにより、大きなシナジー効果が期待されます。