1. 同志社大学ホーム
  2. 大学紹介
  3. Cyber学長室(学長からの回答)

Cyber学長室

学長へのご質問・ご提言

VPNによる学内ネットワークへのアクセスについて

2009年7月更新
同志社には学内ネットワークがあり、ここから数々のデータベースが利用できます。この利用は学内パソコンからだけでなく、VPN(vertial private network)接続を利用することで自宅のパソコンからでも、学内のネットワークに入ることができると、学校配布冊子DO2009などで広報されています。これからの2年間の研究生活のために、さっそく今出川のITサポートオフィスを訪ね、利用に必要なツール一式をダウンロードし、私のパソコンにインストールしました。しかし、結果的にはパソコンのビット数が合わない(私のが64、ツールは32)ということで、インストールはできず、せっかくのこのネットワークが学内からでないと利用できないことがわかりました。事務室の人も親切に相談にのってくださいましたが、ツールメーカーからの回答でいたしかたないという回答でした。ただし、最近のパソコンは64ビットタイプも多く、ほかの学生からも同様の要望が寄せられているとのことです。私たち社会人学生は時間的制約があり、ぜひともこのような便利なシステムを利用したく、早急にメーカーと交渉して利用できる工夫をしていただきたいと思い、お願いした次第です。よろしくお願いいたします。

学長からの回答

このたびはご意見ありがとうございました。
ご指摘のとおり、64bit版のVPNソフトウェアが、VPN接続システムの販売元より、未提供のため、ご指摘のOSでは現在、VPN接続サービスをご利用いただけない状態です。ご不便をおかけいたしますこと改めてお詫び申し上げます。
システム販売元に対し、所管部署より継続して開発依頼を行っておりますが、販売元より明確な期日は提示されていません。今後も引き続き依頼を行ってまいりますが、開発につきましては、販売元の判断となりますこと、ご理解たまわりますよう改めてお願い申し上げます。
学外から学内ネットワークにアクセスできるVPNは、利便性の一方で、深刻なセキュリティホールとなる可能性がございます。VPNの実現には多くの手法がございますが、本学では十分な動作検証を行い、安全が確認された信頼性の高いVPN接続方法とソフトウェアを用いることとしており、セキュリティ確保の観点から、他の方式を採用する予定はございません。
VPN接続システムの販売元から対応ソフトが提供されるまでの回避策といたしまして、64bit版OSのVM(virtual machine)上に、32bit版OSを起動させることでVPN接続することが可能です(動作検証済み)。詳細につきましては、ITサポートオフィスまでお問い合わせください。
お手数をおかけいたしますが、ご検討いただきますようお願いいたします。