1. 同志社大学ホーム
  2. 大学紹介
  3. Cyber学長室(学長からの回答)

Cyber学長室

学長へのご質問・ご提言

証明書自動発行機について

2012年11月更新
今年の8月ごろに自動発行機が導入され、とても便利になると期待していました。
ただ、聞くところによると取扱い時間がかなり限られているようで、これでは宝の持ち腐れ、資金の無駄遣いと感じたので質問させていただきました。取扱い開始が、9時からこれは百歩譲っていいかとは思います。(学生はそんなに早起きでないので)ただ、例えば1講時の前に何かしらの手続を行いたい時に不便です。
取扱い終了時間、弘風館(平日)20時半・(土曜日)15時/尋真館(平日)19時、寒梅館(平日)18時加えて、尋真館と寒梅館に関しては土曜日が使いえないという始末。
人が手続をしているのであれば仕方ない部分もあるかもしれませんが、機械で取り扱っているにも関わらず平日も早い時間、土曜日も使えない場所があるということに関して疑問を感じざるを得ません。このことに関して、回答を頂きたいと思います。

質問をまとめますと
  • そもそも機械を導入した意図
  • 取扱い時間をこの時間にした理由
    特に夜の閉まる時間の早さ、土曜日を使えない理由

加えて気になることをお伝えさせていただきますと
  • パスワードの入力画面のキーの文字が大きい
  • ユーザーIDに対するパスワードを同一
上記の2点を考えましてセキュリティの観点からとても心配です。
キーの配列もキーボードと同じであれば入力しやすいです。
また、プリント課金あとに出てくる紙も大きくて、資源の無駄遣いではないかと思っています。以上です。

学長からの回答

このたびは、ご意見をいただきありがとうございました。

  • 導入した意図について
    システム系の機器については導入後数年を経過した時点で、新たな機能の追加等を検討し、システム・機器の入れ替えを行う場合があります。今回の証明書自動発行機の入れ替えでは、利用メニューの英語表示切替、学生証による決済機能、手数料納入時における学生ID・氏名等記載済の申請用紙発行、PCプリント料金納入手続きの自動化(窓口申請不要)などの機能を導入しています。

  • 取扱時間について
    利用可能時間については障害発生時の人的対応や新規導入システムという点を鑑み、現状の時間設定としています。なお、利用可能時間については、障害の発生件数や利用頻度などを勘案しながら延長も視野に入れて検討していきます。

  • *パスワード入力画面について
    パスワード入力画面のキーサイズについては押しやすさ等を勘案して現在のサイズにしていますが、キーの配列を含めていただいたご意見は、次回修正対応時の検討材料とさせていただきます。なお、パスワードを画面から入力することを鑑み、発行機画面はサイド方向からは表示内容が見えにくい仕様としています。