1. 同志社大学ホーム
  2. 大学紹介
  3. Cyber学長室(学長からの回答)

Cyber学長室

学長へのご質問・ご提言

大阪サテライト・オフィスで就職相談を!

2013年2月更新

現在、就職活動中で大阪を中心にして説明会や選考等に参加しています。以前に東京オフィスで就職に関する相談(エントリーシートの添削)をしていただけたので、大阪サテライト・オフィスでも同様の相談に乗ってもらえると思い、活動の合間に参りました。しかし、就職相談は今出川ないしは京田辺のキャリアセンターのみで受け付けていると言われ、大阪サテライト・オフィスでは就職相談が出来ないことを知りました。
そこで、「大阪サテライト・オフィスへ、就職相談に乗っていただける方を派遣」してもらうことはできないでしょうか?
企業説明会の開催頻度を見たときに、大阪が関西で一番多いことから利便性が高い点、また大阪・兵庫等に住む学生が、この時期に就職相談のために大学まで行くことが困難な点を配慮して頂ければと思います。

学長からの回答


 このたびは、ご意見をいただきありがとうございました。
 大阪サテライト・オフィスは、在学生の皆様に大阪における就職サポート拠点として利用いただけるよう各種のサービスを提供しています。ホームページ(https://www.doshisha.ac.jp/information/facility/osaka_o/overview.html)や就職ガイダンスでご案内しているように、大阪での就職活動に伴うパソコンの利用、各種証明書の発行、就職関連図書や雑誌の閲覧、大学指定の履歴書発売、休憩といったサービスです。サテライト・オフィスという性格上、今出川校地、京田辺校地のようなフルサービスは実施していません。簡単な用件については、わざわざ大学まで出向くことのないよう配慮したためです。
 キャリアセンターでは、就職活動において学生の自主性を重んじた支援を行っています。そのため就職活動のタイミングに合わせて、各種ガイダンスやセミナーを実施しています。そして、エントリーシートや面接においては、学生が自らの個性を自らの言葉で伝えることを重視しています。エントリーシート講座や面接講座は、少人数制でキャリアアドバイザーが講師を務めています。個別相談におけるエントリーシートの相談においても、添削ではなく内容を中心にアドバイスをするというスタンスです。そのため、じっくりと学生と向き合っての相談となります。就職活動の合間の、短時間での対応が可能かどうか判断が分かれるところです。
 しかしながら、大阪での相談実施の希望は従来からお聞きしています。昨年度から、秋学期終了時から春学期開始前まで、大阪サテライト・オフィスで面接講座を実施して、面接で企業に何を伝えるかのポイントを説明しています。
 今後については、状況を踏まえたうえで、大阪サテライト・オフィスの機能について検討していきたいと思います。