1. 同志社大学ホーム
  2. 大学紹介
  3. Cyber学長室(学長からの回答)

Cyber学長室

学長へのご質問・ご提言

時間割表について

2006年2月更新
私は近々資格取得のためダブルスクールすることを考えています。
そのため、2月中には来年度の時間割を知っておきたいのですが、時間割表が配られるのは3月末とのこと。
なんとか来年度の時間割表だけでも早めにもらうことはできないのでしょうか。
私以外にもダブルスクールを考えている人はいるでしょうし、またバイトなどのシフトが急に変われない人もいると思います。
4月からスムーズに勉強に入れるように時間割表を早めに配布してほしいです。

学長からの回答

授業時間割の編成は、各学部・研究科がそれぞれの教育目標に則り開講科目を決定した後、他大学から出講される嘱託講師も含めた全教員に対する出講可能日時の問い合わせ(以下、「出講調査」という)から始まります。
その回答を受けて、科目担当者の出講可能日時や、教授会等の学内会議日などを考慮し、かつ、学生ひとり一人について、外国語科目や各学部が指定する必修科目同士が重複しないように時間割を編成します。さらに、登録者数を予想し、使用する視聴覚機器も勘案して教室配当を行います。
例年、10月末から編成作業を開始しますが、上述のように、この作業には相当の時間を要します。
日程を前倒しすればご要望に添えるわけですが、次年度の開講科目の決定や教員に対する出講調査は、これ以上前倒しすることが困難な状況にあります。
以上のような理由から、授業時間割表の配付は3月末とならざるを得ないことをご理解ください。