1. 同志社大学ホーム
  2. 大学紹介
  3. 同志社時報(第129号)

同志社時報

第129号 目次

第129号|2010.4

<目次>


新島 襄の言葉
新島襄の言葉[PDF 537KB]
否、否、決シテ然ラス桜井 希表紙裏

グラビア
グラビア[PDF 772KB]
同志社国際学院起工式
ホームカミングデー2009、同志社キャンパスフェスタ in 京都
大学グローバル・スタディーズ研究科「開設記念講演会」開催
大学ビジネス研究科「グローバルMBAコース開設記念シンポジウム」開催
新年度からの大学・女子大学長
大学「心理学部開設記念シンポジウム2009」開催
女子大学「第59回シェイクスピア・プロダクション」
大学「継志館」オープン
地の塩世の光・インタビューの2人

地の塩 世の光
地の塩 世の光[PDF 535KB]
恵まれた自分だからこそ能力ある女性のために働く小川 美知4
動物園から「いのち」の大切さを伝える長谷川 淳一8

特集 現代的課題と大学院教育
特集 現代的課題と大学院教育[PDF 3.5MB]
◇座談会◇
中国の台頭と日米中関係の現状・未来岡部 達味,加藤 千洋,
厳 善平,浅野 亮
12
◇対 談◇
地域や国家の枠を越え人類に共通の問題を探究・分析し解決に挑む内藤 正典,中西 久枝29
◇寄稿◇
グローバル・スタディーズ研究科の発足にあたって田端 信廣32
―スポーツ健康科学研究科開設―
スポーツ健康科学のさらなる進化
藤澤 義彦35
科目改編により中小企業・地域活性化 人材の育成をめざすビジネス研究科村山 裕三39

レクチャー
多言語主義から複言語主義へ
ヨーロッパの言語教育思想の展開と深化
西山 教行44
わがふるさとのイエス
―福音書のケセン語訳から見えてきたこと―
山浦 玄嗣52

紀行
「新島先生、やりましたよ。京都・安中ウォーク」田島 繁62

私の研究・私の授業
私の研究・私の授業[PDF 872KB]
生きた哲学としてのドイツ古典哲学中川 明才70
文化的発展を促す環境づくりのために河島 伸子72
文化情報学部における国文学研究―情報科学との連携と学生参加型研究の実践―福田 智子74
気分はニュースキャスター「動画レポート」の取り組み加藤 敦76
My Assignment Found Through Experience塩川 奈津子78
いい学び(e-manabi)しよう~eラーニングを活用した自主的な学び~反田 任80

同志社人物誌(101)
同志社人物誌(101)[PDF 783KB]
平田 久
―丹後宮津出身の異才・未完のジャーナリスト
西田 毅82

DOSHISHA CLOSE UP
DOSHISHA CLOSE UP[PDF 2.5MB]
身近で最新の話題が学べる『同志社経済セミナー』佐竹 光彦88
食の安全と心理学―心理学部開設記念シンポジウムから―中谷内 一也90
同志社高等学校のカリキュラムの特性加藤 未知92
海外語学研修・ホームステイプログラムについて谷口 美都子94
創立60周年を迎えるにあたっての改革市野 和康96
英語の授業で平和を考える~アレン・ネルソンさんの冊子を中心に~山口 良子98
大学で目を輝かせて学ぶ学生を育成したい!―同志社と近江兄弟社高校の高大連携について―藤澤 俊樹100

新刊紹介
独立の時代―アメリカの古典文学は語る―(林 以知郎他編著)石塚 則子102
言語都市・ロンドン
1861―1945(真銅 正宏他著)
西川 貴子102
誤解の理解 対話115例で解説するコミュニケーション論(井上 智義編著)高橋 雅延103
身分犯の共犯(十河 太朗著)川崎 友巳103
秀吉の智略「北野大茶湯」大検証(矢野 環他著)山田 哲也104
現代哲学の真理論―ポスト形而上学時代の真理問題―(吉田 謙二監修、加賀 裕郎他共編)山根 耕平104
擬装する女性作家―十八世紀イギリス女性作家の戦略―(玉田 佳子著)安達 みち代105
Extroversion/Introversion in Foreign Language Learning: Interactions with Learner Strategy Use(若本 夏美著)山岡 俊比古105
古事記神話の研究(寺川 眞知夫著)駒木 敏106
山宣譚(やませんものがたり)―タブーに立ち向かう義の人の青春―(小田切 明徳著)太田 雅夫106

DOSHISHA TOPICS
同志社創立135周年記念ロゴマーク決定43
女子大学、全国の大学で3番目、西日本で初!「国連グローバルコンパクト」に参加。61
薬物乱用防止を訴える学生製作ポスター69

DOSHISHA REPORT
 107

お問い合わせ