トピックス

  1. 同志社大学ホーム
  2. 2013年度のトピックス一覧
  3. 留学生と日本人学生が、宇治市のお茶工場で国際交流

留学生と日本人学生が、宇治市のお茶工場で国際交流

'13年6月5日 更新
2013年6月1日、新入留学生歓迎行事「京の社会見学-宇治丸久小山園でお茶を知ろう!」を開催し、留学生22名、日本人学生13名が参加しました。
参加者は両校地の正門前に集合し、それぞれ貸し切りバスで宇治市にあるお茶の老舗、宇治丸久小山園の填島工場を目指しました。現地にて両校地の学生が合流。バスを降り立つとすぐに、辺りはお茶の芳しい香りに包まれ、工場見学への期待が一気に高まりました。
お茶の種別や歴史について、ビデオで基本的な知識を得た後、参加者は3グループに分かれ、グループごとに茶室の見学、大茶会のお道具の鑑賞、製茶工場の見学などを行いました。伝統的な工法と現代の科学技術を融合し、色、香り、葉の形状などを厳密に審査し、繊細なお茶が生み出される様子に興味津々の様子でした。なんと言っても楽しかったのはお抹茶の試飲。係りの方に教えてもらいながらひとりひとり茶筅を使って点て、香り豊かな茶団子と一緒にいただきました。おみやげ物を選んだり、お抹茶やほうじ茶フレーバーのソフトクリームを食べたりと、お茶を満喫した後、バスは全員を乗せて伏見稲荷大社へ。すっかり打ち解けた参加者同士、思い思いに観光して帰りました。
工場見学は日本語で行われましたが、必要に応じて日本人学生が留学生に通訳し、情報提供する姿が印象的でした。当日は幸運なことに梅雨の晴れ間となり、留学生も日本人学生も京の一日を満喫したようです。
Kyoto Educational Trip
Kyoto Educational Trip
Kyoto Educational Trip
Kyoto Educational Trip
Kyoto Educational Trip
2013年6月1日、新入留学生歓迎行事「京の社会見学-宇治丸久小山園でお茶を知ろう!」を開催し、留学生22名、日本人学生13名が参加しました。
参加者は両校地の正門前に集合し、それぞれ貸し切りバスで宇治市にあるお茶の老舗、宇治丸久小山園の填島工場を目指しました。現地にて両校地の学生が合流。バスを降り立つとすぐに、辺りはお茶の芳しい香りに包まれ、工場見学への期待が一気に高まりました。
お茶の種別や歴史について、ビデオで基本的な知識を得た後、参加者は3グループに分かれ、グループごとに茶室の見学、大茶会のお道具の鑑賞、製茶工場の見学などを行いました。伝統的な工法と現代の科学技術を融合し、色、香り、葉の形状などを厳密に審査し、繊細なお茶が生み出される様子に興味津々の様子でした。なんと言っても楽しかったのはお抹茶の試飲。係りの方に教えてもらいながらひとりひとり茶筅を使って点て、香り豊かな茶団子と一緒にいただきました。おみやげ物を選んだり、お抹茶やほうじ茶フレーバーのソフトクリームを食べたりと、お茶を満喫した後、バスは全員を乗せて伏見稲荷大社へ。すっかり打ち解けた参加者同士、思い思いに観光して帰りました。
工場見学は日本語で行われましたが、必要に応じて日本人学生が留学生に通訳し、情報提供する姿が印象的でした。当日は幸運なことに梅雨の晴れ間となり、留学生も日本人学生も京の一日を満喫したようです。

さらに詳しい情報はInternational Center 国際センターFacebookでご案内しています。

国際交流や留学生に役立つ情報が盛りだくさんです。
Join us on Facebook!!!


FBtopimage