Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
ニュース
  1. 同志社大学ホーム
  2.  > 2017年度のニュース一覧
  3.  > 同志社大学アメリカ研究所春季公開講演会「アメリカ美術の世紀」開催について

プレスリリース

同志社大学アメリカ研究所春季公開講演会「アメリカ美術の世紀」開催について

'17年6月21日 更新
このたび同志社大学アメリカ研究所では、下記のとおりシンポジウムを行います。
第二次世界大戦後、アメリカは政治や経済だけではなく、美術においても世界で中心的な地位を占めるようになったと言われます。美術の都がパリからニューヨークへ移動したという現象は、実際にはどのように起きたのでしょうか。今回、神戸大学国際文化学研究科准教授 池上裕子氏をお招きし、ヴェネツィア・ビエンナーレでアメリカ人として初めてグランプリを受賞した美術家、ロバート・ラウシェンバーグの活動を通して、この地政学的な転換の背景を探ります。
事前申し込み不要、入場無料ですので、事前告知および取材いただけましたら幸いです。

【講師略歴】
池上裕子氏 神戸大学国際文化学研究科准教授
国際基督教大学卒、大阪大学文学研究科修士課程修了(M.A.)、イェール大学美術史学科博士課程修了(Ph.D.)ニューヨーク近代美術館非常勤講師、学術振興会特別研究員(P.D.)、大阪大学グローバルCOE特任助教を経て現職。2016年『越境と覇権』でサントリー学芸賞受賞。


日時2017年6月30日(金) 16:40~18:10
場所同志社大学烏丸キャンパス志高館SK119教室
主催同志社大学アメリカ研究所

※入場無料、事前申し込み不要
関連書類
お問い合わせ先
【この件に関するお問い合わせ】
同志社大学アメリカ研究所事務室
電 話:075-251-4900 FAX:075-251-3091
e-mail:ji-amekn@mail.doshisha.ac.jp