Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
ニュース
  1. 同志社大学ホーム
  2.  > 2017年度のニュース一覧
  3.  > JICA海外研修員×同志社大学商学部 髙橋ゼミ 東欧・中央アジア各国の特産品の模擬商談会を実施

プレスリリース

JICA海外研修員×同志社大学商学部 髙橋ゼミ 東欧・中央アジア各国の特産品の模擬商談会を実施

'17年6月22日 更新
6/29(木)に、来日中の独立行政法人国際協力機構(JICA)の海外研修員と同志社大学商学部准教授 髙橋広行のゼミが合同で、東欧・中央アジア各国の特産品を知ってもらう機会の創出を目的とし、総合小売業のバイヤー等を実際に招いた模擬商談会を実施します。

【本件のポイント】
  • 東欧(バルカン半島)・中央アジア各国の地域産品や珍しい商品が一堂に会する
  • 髙橋ゼミの学生が通訳として参加し、特産品のPRを実施
    参加国はいずれも旧社会主義圏であったことや、コソボ紛争のイメージもあるなど、世界における課題に対し、自身の学ぶ専門性がどのように解決に貢献できるかを実感できる貴重な機会

【本件の背景・概要】
この模擬商談会は、JICAで実施されている「先進国市場を対象にした輸出振興/マーケティング戦略」の研修活動の一環で、より実践的な輸出振興アプローチの習得のために実施するものです。この研修を本学商学部准教授 髙橋広行が監修していることから、髙橋ゼミと共同で実施することになりました。学生にとっては、マーケティングの実務に触れることはもちろん、国際協力が身近なものであることを学ぶ機会になります。

日時2017年6月29日(木) 13:00~17:00
会場同志社大学 今出川キャンパス 至誠館1番教室(S1)
参加国と特産品アルバニア、モンテネグロ、キルギス、ウズベキスタン
<ワイン、オリーブオイル、ベジタブルオイル、ドライフルーツ、クルト(チーズ食品)、ハルヴァ(伝統菓子)、ウールを使った小物類、伝統的な織物や焼きもの など>
内容・各国研修員からの特産品に関するプレゼンテーション
・サンプル品の試食、談話・交流  ※通訳あり
ウズベキスタンの民芸品

ウズベキスタンの民芸品

模擬商談会の様子

模擬商談会の様子