Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
ニュース
  1. 同志社大学ホーム
  2.  > 2017年度のニュース一覧
  3.  > 同志社大学良心学研究センター公開シンポジウム「仏教とキリスト教の対話 -共通善を求めて」開催のお知らせ

プレスリリース

同志社大学良心学研究センター公開シンポジウム「仏教とキリスト教の対話 -共通善を求めて」開催のお知らせ

'17年10月11日 更新
このたび同志社大学良心学研究センターは、下記のとおりシンポジウムを開催します。事前申し込み不要、入場無料ですので、事前告知および取材いただけましたら幸いです。
仏教・神道など日本の伝統宗教が息づき、その文化を展開していった中心地として京都は重要な役割を果たしてきました。その京都に1875年、同志社大学の前身となる同志社英学校が設立されたときに、仏教界を中心に各方面からキリスト教主義の学校に対する抗議運動がなされました。
しかし、仏教をはじめとする日本宗教とキリスト教がしばしば対立的な関係にあった戦前と比べれば、今日、宗教間の相互理解や対話が進んだだけでなく、それが積極的に求められる時代となりました。このシンポジウムでは様々な宗教間対話を経験してこられた大谷光真氏を講師として招き、現代社会が抱える多様な問題の解決のために、異なる宗教伝統から知恵を出し合い、協力することの意義を模索します。


日時2017年10月23日(月)16:40~18:40
場所同志社大学 今出川キャンパス 同志社礼拝堂
講演者大谷 光真 氏(浄土真宗本願寺派・前門主)
コメンテーター小原 克博(同志社大学神学部教授、良心学研究センター所長)

※入場無料、事前申し込み不要
関連書類
お問い合わせ先
【この件に関するお問い合わせ】
同志社大学良心学研究センター
e-mail:rc-csc@mail.doshisha.ac.jp