トピックス

  1. 同志社大学ホーム
  2. 2017年度のトピックス一覧
  3. 2017年度プロジェクト科目秋学期成果報告会を開催しました。

2017年度プロジェクト科目秋学期成果報告会を開催しました。

'18年1月31日 更新
日時 : 2018年1月21日(日)
場所 : 今出川校地 良心館 ラーニング・コモンズ
・11:30~15:00 ポスターセッション
・15:00~16:00 講評・総評・表彰式


全学共通教養教育科目「プロジェクト科目」では、各学期の授業期間終了時に、京田辺校地・今出川校地開講クラスが一堂に会し、学内外に向けて成果報告の場を設けています。

2017年度秋学期成果報告会は、春学期同様、ポスターセッション形式で開催され、春学期・秋学期連結科目11クラスの履修生が、活動の成果をまとめたポスターをもとに最終報告を行いました。

当日は、京都のみならず他府県からも企業や教育機関関係者、過年度履修生、授業協力者、保護者の方など約190人の参加があり、盛況を博しました。

ポスターの前で積極的に聴衆に呼びかける履修生の姿からは、自分達が取り組んできた活動や成果を伝えようとする熱意が伝わってきました。春学期の中間報告時と比較して、ポスターの完成度も高くなっており、またポスターセッションにおいても、聴衆者との活発なやり取りが会場の随所で見られました。

審査員からも、ポスターセッションの姿勢や内容に対しては高く評価されました。また、目的の背後にある問題・課題に対して、メンバー間で意識的に共有できていたことが着実な成果に結びついたとの称賛の言葉もいただきました。
しかし同時に、企画の考案段階において問題をもう少し掘り下げることが企画の充実に繋がるのでないかという、更なる進境を期待する声も聞かれました。
終了後は、メンバー同士で1年間の努力を互いに称え合う、晴れ晴れとした履修生の姿が印象的でした。

最後に、最優秀賞、優秀賞および特別賞の表彰が行われました。
得票数は僅差となり、優秀賞は同票のため3クラスが受賞する結果となりました。
各賞は以下のとおりです。


【最優秀賞】
西陣のモノづくり産業の見える化と交流促進を通じた地域活性
<今出川校地開講、春・秋連結科目>
 科目担当者:北林 功
 科目代表者:八木 匡(経済学部)

【優秀賞】
留学生と創る!「京の職人文化読本」(錦市場などを中心に)
<今出川校地開講、春・秋連結科目>
 科目担当者:遠藤 正彦
 科目代表者:高岸 雅子(日本語・日本文化教育センター)

ラジオで発信―若者と高齢者の音楽イベント制作
<今出川校地開講、春・秋連結科目>
 科目担当者:大江 宮子
 科目代表者:金子 邦秀(社会学部)

クラシック音楽のコンサートを創ろう!
<今出川校地開講、春・秋連結科目>
 科目担当者:鈴木 利奈
 科目代表者:伊達 立晶(文学部)

【特別賞】
テーマパーク利用者の利便性向上に関する企画立案プロジェクト
<京田辺校地開講、春・秋連結科目>
 科目担当者:神田 好博
 科目代表者:田中 達也(理工学部)
日時 : 2018年1月21日(日)
場所 : 今出川校地 良心館 ラーニング・コモンズ
・11:30~15:00 ポスターセッション
・15:00~16:00 講評・総評・表彰式


全学共通教養教育科目「プロジェクト科目」では、各学期の授業期間終了時に、京田辺校地・今出川校地開講クラスが一堂に会し、学内外に向けて成果報告の場を設けています。

2017年度秋学期成果報告会は、春学期同様、ポスターセッション形式で開催され、春学期・秋学期連結科目11クラスの履修生が、活動の成果をまとめたポスターをもとに最終報告を行いました。

当日は、京都のみならず他府県からも企業や教育機関関係者、過年度履修生、授業協力者、保護者の方など約190人の参加があり、盛況を博しました。

ポスターの前で積極的に聴衆に呼びかける履修生の姿からは、自分達が取り組んできた活動や成果を伝えようとする熱意が伝わってきました。春学期の中間報告時と比較して、ポスターの完成度も高くなっており、またポスターセッションにおいても、聴衆者との活発なやり取りが会場の随所で見られました。

審査員からも、ポスターセッションの姿勢や内容に対しては高く評価されました。また、目的の背後にある問題・課題に対して、メンバー間で意識的に共有できていたことが着実な成果に結びついたとの称賛の言葉もいただきました。
しかし同時に、企画の考案段階において問題をもう少し掘り下げることが企画の充実に繋がるのでないかという、更なる進境を期待する声も聞かれました。
終了後は、メンバー同士で1年間の努力を互いに称え合う、晴れ晴れとした履修生の姿が印象的でした。

最後に、最優秀賞、優秀賞および特別賞の表彰が行われました。
得票数は僅差となり、優秀賞は同票のため3クラスが受賞する結果となりました。
各賞は以下のとおりです。


【最優秀賞】
西陣のモノづくり産業の見える化と交流促進を通じた地域活性
<今出川校地開講、春・秋連結科目>
 科目担当者:北林 功
 科目代表者:八木 匡(経済学部)

【優秀賞】
留学生と創る!「京の職人文化読本」(錦市場などを中心に)
<今出川校地開講、春・秋連結科目>
 科目担当者:遠藤 正彦
 科目代表者:高岸 雅子(日本語・日本文化教育センター)

ラジオで発信―若者と高齢者の音楽イベント制作
<今出川校地開講、春・秋連結科目>
 科目担当者:大江 宮子
 科目代表者:金子 邦秀(社会学部)

クラシック音楽のコンサートを創ろう!
<今出川校地開講、春・秋連結科目>
 科目担当者:鈴木 利奈
 科目代表者:伊達 立晶(文学部)

【特別賞】
テーマパーク利用者の利便性向上に関する企画立案プロジェクト
<京田辺校地開講、春・秋連結科目>
 科目担当者:神田 好博
 科目代表者:田中 達也(理工学部)
関連情報
お問い合わせ先
同志社大学 プロジェクト科目検討部会 事務局 (今出川校地教務課内)
TEL:075-251-4630
FAX:075-251-3064
E-mail:ji-pbl@mail.doshisha.ac.jp
お問い合わせ一覧(部課所在・事務取扱時間案内)