トピックス

  1. 同志社大学ホーム
  2. 2018年度のトピックス一覧
  3. 理工学研究科応用化学専攻の大林健人さんが粉体工学会 春期研究発表会でベストプレゼンテーション賞を受賞

理工学研究科応用化学専攻の大林健人さんが粉体工学会 春期研究発表会でベストプレゼンテーション賞を受賞

'18年5月23日 更新
2018年5月15・16日に開催された、粉体工学会 春期研究発表会において、理工学研究科応用化学専攻1年次生の大林健人さんが、ベストプレゼンテーション賞を受賞しました。

大林さんは、金イオンの還元反応によりゲル中に金ナノ粒子を合成させる研究において、イオンの拡散条件が粒子形成に与える影響を調べ、数理モデルを構築することで本手法の粒子形成メカニズムの検討を行いました。

発表題目
「リーゼガング現象を用いた金ナノ粒子合成における粒子形成機構の解明」

発表者
大林健人
理工学研究科応用化学専攻1年次生
(理工学部化学システム創成工学科卒業)

連名者
香山莉穂
(理工学研究科応用化学専攻2016年3月修了、理工学部化学システム創成工学科卒業)
山本大吾
理工学部 助教
塩井章久
理工学部 教授
大林さん
2018年5月15・16日に開催された、粉体工学会 春期研究発表会において、理工学研究科応用化学専攻1年次生の大林健人さんが、ベストプレゼンテーション賞を受賞しました。

大林さんは、金イオンの還元反応によりゲル中に金ナノ粒子を合成させる研究において、イオンの拡散条件が粒子形成に与える影響を調べ、数理モデルを構築することで本手法の粒子形成メカニズムの検討を行いました。

発表題目
「リーゼガング現象を用いた金ナノ粒子合成における粒子形成機構の解明」

発表者
大林健人
理工学研究科応用化学専攻1年次生
(理工学部化学システム創成工学科卒業)

連名者
香山莉穂
(理工学研究科応用化学専攻2016年3月修了、理工学部化学システム創成工学科卒業)
山本大吾
理工学部 助教
塩井章久
理工学部 教授
関連情報