トピックス

  1. 同志社大学ホーム
  2. 2018年度のトピックス一覧
  3. 第62回システム制御情報学会研究発表講演会 (SCI’18)において生命医科学研究科の三部有里奈さんが学生発表賞を受賞しました。

第62回システム制御情報学会研究発表講演会 (SCI’18)において生命医科学研究科の三部有里奈さんが学生発表賞を受賞しました。

関連カテゴリー
'18年6月15日 更新
5月16日から行われた第62回システム制御情報学会研究発表講演会 (SCI’18)において、三部有里奈さん(生命医科学研究科 医工学・医情報学専攻 脳神経行動工学研究室)が学生発表賞を受賞しました。本賞は、学会期間中に優秀な発表を行った学生に対して贈られるものです。三部さんは、コウモリが未知から既知の障害物空間を飛行する際、エコーロケーション行動を適応的に変化させることを行動実験により明らかにし、またその飛行ルートや音響行動の変化を、シンプルな数理モデルを用いて表現できる可能性を示唆しました。

発表題目
「コウモリの空間学習に基づく音響ナビゲーション戦略に関する行動学的・数理学的分析」

発表者(受賞者)
三部 有里奈
(生命医科学研究科 医工学・医情報学専攻 博士課程(前期課程)1年次生)

連名者
山田 恭史
(広島大学大学院 理学研究科 博士研究員)
山本 雄也
(生命医科学研究科を2018年3月に修了)
伊藤 賢太郎
(法政大学 助教)
小林 耕太
(生命医科学部 准教授)
飛龍 志津子
(生命医科学部 教授)
賞状を持つ三部さん
5月16日から行われた第62回システム制御情報学会研究発表講演会 (SCI’18)において、三部有里奈さん(生命医科学研究科 医工学・医情報学専攻 脳神経行動工学研究室)が学生発表賞を受賞しました。本賞は、学会期間中に優秀な発表を行った学生に対して贈られるものです。三部さんは、コウモリが未知から既知の障害物空間を飛行する際、エコーロケーション行動を適応的に変化させることを行動実験により明らかにし、またその飛行ルートや音響行動の変化を、シンプルな数理モデルを用いて表現できる可能性を示唆しました。

発表題目
「コウモリの空間学習に基づく音響ナビゲーション戦略に関する行動学的・数理学的分析」

発表者(受賞者)
三部 有里奈
(生命医科学研究科 医工学・医情報学専攻 博士課程(前期課程)1年次生)

連名者
山田 恭史
(広島大学大学院 理学研究科 博士研究員)
山本 雄也
(生命医科学研究科を2018年3月に修了)
伊藤 賢太郎
(法政大学 助教)
小林 耕太
(生命医科学部 准教授)
飛龍 志津子
(生命医科学部 教授)