トピックス

  1. 同志社大学ホーム
  2. 2018年度のトピックス一覧
  3. 理工学研究科応用化学専攻の西村慎之介さんが82nd Prague Meeting on Macromolecules & 24th Polymer Networks Group MeetingにおいてOutstanding Poster Presentation賞を受賞しました

理工学研究科応用化学専攻の西村慎之介さんが82nd Prague Meeting on Macromolecules & 24th Polymer Networks Group MeetingにおいてOutstanding Poster Presentation賞を受賞しました

'18年7月5日 更新
 2018年6月17日〜6月21日にプラハで開催された 82nd Prague Meeting on Macromolecules & 24th Polymer Networks Group Meeting において、理工学研究科応用化学専攻の西村慎之介さんの発表が Outstanding Poster Presentation 賞を受賞しました。
 西村さんは、リビングラジカル重合法によりアミノ酸由来ビニルポリマーから構成される温度応答性トリブロック共重合体を新規に合成し、水中での自己集合挙動を検討しました。さらに、これらが温度変化に鋭敏に応答するインジェクタブルゲルとして機能することを明らかにしました。

 本研究は文部科学省私立大学戦略的基盤形成事業「細胞自在操作のための分子化学技術の開発拠点形成」の支援を受けて行われました。

発表題目
Thermo-responsive Hydrogels from Amino Acid-derived Triblock Vinyl Polymers via Flower-like Micelle Formation

発表者(受賞者)
西村 慎之介
理工学研究科応用化学専攻 博士課程(後期課程)3年次生
(理工学部 機能分子・生命化学科 卒業)

連名者
松原 翔
(理工学研究科 応用化学専攻 2017年3月修了)
東 信行
(理工学部 機能分子・生命化学科 教授)
古賀 智之
(理工学部 機能分子・生命化学科 教授)
西村慎之介
 2018年6月17日〜6月21日にプラハで開催された 82nd Prague Meeting on Macromolecules & 24th Polymer Networks Group Meeting において、理工学研究科応用化学専攻の西村慎之介さんの発表が Outstanding Poster Presentation 賞を受賞しました。
 西村さんは、リビングラジカル重合法によりアミノ酸由来ビニルポリマーから構成される温度応答性トリブロック共重合体を新規に合成し、水中での自己集合挙動を検討しました。さらに、これらが温度変化に鋭敏に応答するインジェクタブルゲルとして機能することを明らかにしました。

 本研究は文部科学省私立大学戦略的基盤形成事業「細胞自在操作のための分子化学技術の開発拠点形成」の支援を受けて行われました。

発表題目
Thermo-responsive Hydrogels from Amino Acid-derived Triblock Vinyl Polymers via Flower-like Micelle Formation

発表者(受賞者)
西村 慎之介
理工学研究科応用化学専攻 博士課程(後期課程)3年次生
(理工学部 機能分子・生命化学科 卒業)

連名者
松原 翔
(理工学研究科 応用化学専攻 2017年3月修了)
東 信行
(理工学部 機能分子・生命化学科 教授)
古賀 智之
(理工学部 機能分子・生命化学科 教授)