トピックス

  1. 同志社大学ホーム
  2. 2018年度のトピックス一覧
  3. 日本金属学会2018年秋期(第163回)講演大会で理工学研究科の馬島正成さんが第31回優秀ポスター賞を受賞しました

日本金属学会2018年秋期(第163回)講演大会で理工学研究科の馬島正成さんが第31回優秀ポスター賞を受賞しました

'18年11月7日 更新
優秀ポスター賞は、日本金属学会講演大会において優秀なポスター及び発表者に対して授賞されるものです。
馬島さんは、ECAP加工によりがマグネシウム合金の組織を様々に変化させ、その組織が耐食性に及ぼす影響を評価しています。綿密な組織観察による組織因子の抽出と電気化学測定による腐食反応の分析から、マグネシウム合金の組織と腐食メカニズムの関係を考察したこと、さらに質疑応答での対応が評価され、受賞の運びとなりました。

発表題目
ECAP加工により組織制御されたマグネシウム合金ZK60の耐食性

受賞者
馬島 正成(理工学研究科機械工学専攻 博士課程(前期課程)1年次生)

連名者
伊東 慎平(理工学部 機械システム工学科 4年次生)
正井 伶人(理工学部 エネルギー機械工学科 4年次生)
湯浅 元仁(理工学部 エネルギー機械工学科 助教)
宮本 博之(理工学部 機械システム工学科 教授)
優秀ポスター賞は、日本金属学会講演大会において優秀なポスター及び発表者に対して授賞されるものです。
馬島さんは、ECAP加工によりがマグネシウム合金の組織を様々に変化させ、その組織が耐食性に及ぼす影響を評価しています。綿密な組織観察による組織因子の抽出と電気化学測定による腐食反応の分析から、マグネシウム合金の組織と腐食メカニズムの関係を考察したこと、さらに質疑応答での対応が評価され、受賞の運びとなりました。

発表題目
ECAP加工により組織制御されたマグネシウム合金ZK60の耐食性

受賞者
馬島 正成(理工学研究科機械工学専攻 博士課程(前期課程)1年次生)

連名者
伊東 慎平(理工学部 機械システム工学科 4年次生)
正井 伶人(理工学部 エネルギー機械工学科 4年次生)
湯浅 元仁(理工学部 エネルギー機械工学科 助教)
宮本 博之(理工学部 機械システム工学科 教授)
関連情報