トピックス

  1. 同志社大学ホーム
  2. 2018年度のトピックス一覧
  3. 理工学研究科の山下亮さんが化学工学会中国四国支部・関西支部合同徳島大会で優秀発表賞を受賞

理工学研究科の山下亮さんが化学工学会中国四国支部・関西支部合同徳島大会で優秀発表賞を受賞

'19年1月10日 更新
2018年12月8日に開催された、化学工学会中国四国支部・関西支部合同徳島大会において、大学院理工学研究科応用化学専攻2年次生の山下亮さんが、優秀発表賞を受賞しました。山下さんは、水面上でフッ素油滴が蒸発する過程で生じる、特徴的な分裂現象や油滴群が示す様々な動的自己組織化に関して、実験・シミュレーションによる現象発生メカニズムの解明を試みました。

発表題目
「水面上におけるフッ素油滴群の動的自己組織化」

発表者
山下亮
理工学研究科 博士課程(前期課程)応用化学専攻2年次生(理工学部 化学システム創成工学科 卒業)
中嶋千雅
(理工学研究科応用化学専攻2015年修了、理工学部化学システム創成工学科卒業)
吉田拓司
(理工学研究科応用化学専攻2017年修了、理工学部化学システム創成工学科卒業)

連名者
名和愛利香
(研究開発推進機構および理工学部 特任助教)
山本大吾
(理工学部 助教)
塩井章久
(理工学部 教授)
吉川研一
(生命医科学部 教授)
Marie Pierre KRAFFT (University of Strasbourg, Professor)
yamashita
2018年12月8日に開催された、化学工学会中国四国支部・関西支部合同徳島大会において、大学院理工学研究科応用化学専攻2年次生の山下亮さんが、優秀発表賞を受賞しました。山下さんは、水面上でフッ素油滴が蒸発する過程で生じる、特徴的な分裂現象や油滴群が示す様々な動的自己組織化に関して、実験・シミュレーションによる現象発生メカニズムの解明を試みました。

発表題目
「水面上におけるフッ素油滴群の動的自己組織化」

発表者
山下亮
理工学研究科 博士課程(前期課程)応用化学専攻2年次生(理工学部 化学システム創成工学科 卒業)
中嶋千雅
(理工学研究科応用化学専攻2015年修了、理工学部化学システム創成工学科卒業)
吉田拓司
(理工学研究科応用化学専攻2017年修了、理工学部化学システム創成工学科卒業)

連名者
名和愛利香
(研究開発推進機構および理工学部 特任助教)
山本大吾
(理工学部 助教)
塩井章久
(理工学部 教授)
吉川研一
(生命医科学部 教授)
Marie Pierre KRAFFT (University of Strasbourg, Professor)