プレスリリース

  1. 同志社大学ホーム
  2. 2018年度のニュース一覧
  3. 同志社大学エコ美学センター(エコ・エステティックス&サイエンスセンター)公開シンポジウム 「土地の記憶と建築による地域の再生」開催について

同志社大学エコ美学センター(エコ・エステティックス&サイエンスセンター)公開シンポジウム 「土地の記憶と建築による地域の再生」開催について

'19年1月11日 更新
 このたび、同志社大学エコ美学センター(エコ・エステティックス&サイエンスセンター)は、公開シンポジウム「土地の記憶と建築による地域の再生」を下記の通り開催いたします。

 本シンポジウムは、建築家、地域住民、行政それぞれの立場から文化財や伝統的建築物群などの指定や保護から外れ、価値を看過されがちな建築物を対象に、土地の記憶とは何かを踏まえつつ、その再生・活用による地域の活性化の意義と可能性を問うものです。

 入場無料、事前申込み不要で、一般の方々に参加いただける講演会ですので、事前告知いただくとともに、取材いただけましたら幸いです。

日時2019年1月26日(土)13:00~
場所同志社大学今出川キャンパス 良心館305番教室
主催同志社大学エコ美学センター

内容


講演
「よみがえる古民家と地域の活性化」
カール・ベンクス氏(建築デザイナー、カール・ベンクス&アソシエイト有限会社代表取締役)
「塩屋、小さなまちのあそびかた」
森本 アリ 氏(音楽家 旧グッゲンハイム邸運営 シオヤプロジェクト主宰)

報告
「京都市の空き家対策について」
矢田部 衛氏(京都市都市計画局まち再生・創造推進室空き家対策課長)

司会
清瀬みさを 文学部美学芸術学科教授

入場料無料。事前申込み不要。一般来聴歓迎.
 このたび、同志社大学エコ美学センター(エコ・エステティックス&サイエンスセンター)は、公開シンポジウム「土地の記憶と建築による地域の再生」を下記の通り開催いたします。

 本シンポジウムは、建築家、地域住民、行政それぞれの立場から文化財や伝統的建築物群などの指定や保護から外れ、価値を看過されがちな建築物を対象に、土地の記憶とは何かを踏まえつつ、その再生・活用による地域の活性化の意義と可能性を問うものです。

 入場無料、事前申込み不要で、一般の方々に参加いただける講演会ですので、事前告知いただくとともに、取材いただけましたら幸いです。

日時2019年1月26日(土)13:00~
場所同志社大学今出川キャンパス 良心館305番教室
主催同志社大学エコ美学センター

内容


講演
「よみがえる古民家と地域の活性化」
カール・ベンクス氏(建築デザイナー、カール・ベンクス&アソシエイト有限会社代表取締役)
「塩屋、小さなまちのあそびかた」
森本 アリ 氏(音楽家 旧グッゲンハイム邸運営 シオヤプロジェクト主宰)

報告
「京都市の空き家対策について」
矢田部 衛氏(京都市都市計画局まち再生・創造推進室空き家対策課長)

司会
清瀬みさを 文学部美学芸術学科教授

入場料無料。事前申込み不要。一般来聴歓迎.
関連書類
お問い合わせ先
同志社大学エコ美学センター(エコ・エステティックス&サイエンスセンター) 
清瀬みさを e-mail:mkiyose@mail.doshisha.ac.jp