トピックス

  1. 同志社大学ホーム
  2. 2018年度のトピックス一覧
  3. 文部科学省平成30年度「私立大学研究ブランディング事業」に採択されました

文部科学省平成30年度「私立大学研究ブランディング事業」に採択されました

関連カテゴリー
'19年2月26日 更新
同志社大学は、2019年2月26日(火)に文部科学省より発表されました平成30年度「私立大学研究ブランディング事業(タイプB:先端的・学際的な研究拠点の整備により、全国的あるいは国際的な経済・社会の発展、科学技術の進展に寄与する研究)」に採択されました。採択を受けた取り組みは「宇宙生体医工学を利用した健康寿命の延伸を目指す統合的研究基盤と国際的連携拠点の形成」で、2020年度までの3年間支援を受け、2022年度までの5年間、大学のブランディング化を目指します。

私立大学研究ブランディング事業は、学長のリーダーシップの下、大学の特色ある研究を基軸として、全学的な独自色を大きく打ち出す取り組みを行う私立大学等を支援する文部科学省の事業です。2018年度は157校の申請校から、学識経験者等で構成する「私立大学研究ブランディング事業委員会」において、事業の実施体制と事業内容を総合的に審査し、20校(タイプA:11件、タイプB:9件)が選定されました。

 今回の採択事業の軸となる研究プロジェクト「宇宙生体医工学研究プロジェクト」(代表:理工学部教授 辻内伸好)は、「宇宙生体医工学」を利用した健康寿命の延伸を目指す統合的研究基盤と国際的連携拠点の形成をめざし、既に2018年4月より同志社大学先端的教育研究拠点として研究活動を開始しております。

プロジェクト詳細については、以下のリンクをご覧ください。
宇宙生体医工学研究プロジェクト概要図

宇宙生体医工学研究プロジェクト概要図

同志社大学は、2019年2月26日(火)に文部科学省より発表されました平成30年度「私立大学研究ブランディング事業(タイプB:先端的・学際的な研究拠点の整備により、全国的あるいは国際的な経済・社会の発展、科学技術の進展に寄与する研究)」に採択されました。採択を受けた取り組みは「宇宙生体医工学を利用した健康寿命の延伸を目指す統合的研究基盤と国際的連携拠点の形成」で、2020年度までの3年間支援を受け、2022年度までの5年間、大学のブランディング化を目指します。

私立大学研究ブランディング事業は、学長のリーダーシップの下、大学の特色ある研究を基軸として、全学的な独自色を大きく打ち出す取り組みを行う私立大学等を支援する文部科学省の事業です。2018年度は157校の申請校から、学識経験者等で構成する「私立大学研究ブランディング事業委員会」において、事業の実施体制と事業内容を総合的に審査し、20校(タイプA:11件、タイプB:9件)が選定されました。

 今回の採択事業の軸となる研究プロジェクト「宇宙生体医工学研究プロジェクト」(代表:理工学部教授 辻内伸好)は、「宇宙生体医工学」を利用した健康寿命の延伸を目指す統合的研究基盤と国際的連携拠点の形成をめざし、既に2018年4月より同志社大学先端的教育研究拠点として研究活動を開始しております。

プロジェクト詳細については、以下のリンクをご覧ください。