プレスリリース

  1. 同志社大学ホーム
  2. 2019年度のニュース一覧
  3. 同志社大学神学部公開講演会 「『クルアーン』と日本人」開催について

同志社大学神学部公開講演会 「『クルアーン』と日本人」開催について

'19年6月11日 更新
 このたび同志社大学神学部では、明治学院大学の大川玲子教授を講師にお招きし、講演会「『クルアーン』と日本人」を開催いたします。
 日本人は、イスラーム教の聖典「クルアーン」(コーラン)をどのように理解することができるでしょうか。その内容や日本語訳の歴史をふまえつつ、日本社会での多様なクルアーン認識の可能性について考えます。
入場無料、事前申込み不要で、一般の方々に参加いただける講演会ですので、事前告知いただくとともに、取材いただけましたら幸いです。

日時2019年6月27日(木) 14:55~16:25
場所同志社大学今出川キャンパス
神学館礼拝堂(神学館3階)
主催同志社大学神学部
入場料無料。事前申込み不要。一般来聴歓迎。

講師
大川 玲子 氏(明治学院大学教授)

〔講師の略歴〕
2003年東京大学大学院人文社会系研究科アジア文化研究専攻イスラーム学専門分野博士課程修了(博士)
『聖典「クルアーン」の思想イスラームの世界観』講談社現代新書、2004年
『図説コーランの世界写本の歴史と美のすべて』河出書房新社、2005年
(訳書)M.クック『コーラン』岩波書店、2005年
『イスラームにおける運命と啓示クルアーン解釈書に見られる「天の書」概念をめぐって』晃洋書房、2009年
『イスラーム化する世界グローバリゼーション時代の宗教』平凡社新書、2013年
『チャムパ王国とイスラームカンボジアにおける離散民のアイデンティティ』平凡社、2017年
『クルアーン神の言葉を誰が聞くのか』慶応義塾大学出版会、2018年
 このたび同志社大学神学部では、明治学院大学の大川玲子教授を講師にお招きし、講演会「『クルアーン』と日本人」を開催いたします。
 日本人は、イスラーム教の聖典「クルアーン」(コーラン)をどのように理解することができるでしょうか。その内容や日本語訳の歴史をふまえつつ、日本社会での多様なクルアーン認識の可能性について考えます。
入場無料、事前申込み不要で、一般の方々に参加いただける講演会ですので、事前告知いただくとともに、取材いただけましたら幸いです。

日時2019年6月27日(木) 14:55~16:25
場所同志社大学今出川キャンパス
神学館礼拝堂(神学館3階)
主催同志社大学神学部
入場料無料。事前申込み不要。一般来聴歓迎。

講師
大川 玲子 氏(明治学院大学教授)

〔講師の略歴〕
2003年東京大学大学院人文社会系研究科アジア文化研究専攻イスラーム学専門分野博士課程修了(博士)
『聖典「クルアーン」の思想イスラームの世界観』講談社現代新書、2004年
『図説コーランの世界写本の歴史と美のすべて』河出書房新社、2005年
(訳書)M.クック『コーラン』岩波書店、2005年
『イスラームにおける運命と啓示クルアーン解釈書に見られる「天の書」概念をめぐって』晃洋書房、2009年
『イスラーム化する世界グローバリゼーション時代の宗教』平凡社新書、2013年
『チャムパ王国とイスラームカンボジアにおける離散民のアイデンティティ』平凡社、2017年
『クルアーン神の言葉を誰が聞くのか』慶応義塾大学出版会、2018年
関連書類
お問い合わせ先
同志社大学神学部・神学研究科事務室 
Tel:075-251-3332