プレスリリース

  1. 同志社大学ホーム
  2. 2019年度のニュース一覧
  3. けいはんなリサーチコンプレックス事業 「2019年度 赤ちゃん学基礎講座 ~赤ちゃん学的視点を探る~」

けいはんなリサーチコンプレックス事業 「2019年度 赤ちゃん学基礎講座 ~赤ちゃん学的視点を探る~」

'19年7月16日 更新
 関西文化学術研究都市(けいはんな学研都市)で世界に冠たるイノベーション創出を目指す「けいはんな リサーチコンプレックス事業(以下「けいはんなRC事業」」において、イノベーティブな人材育成を担う同志社大学は、本学が設立した世界的にもユニークな研究機関である赤ちゃん学研究センターと協力して、「赤ちゃん学基礎講座~赤ちゃん学的視点を探る~」(全3回)を開講いたします。

 赤ちゃん学の“赤ちゃん”とは「ヒトのはじまり」を象徴しています。同志社大学赤ちゃん学研究センターは、文部科学省の『共同利用・共同研究拠点』に認定されており、いまだに深くは解明されていない胎児から始まる成長・発達のメカニズムといった赤ちゃん学研究のハブとして活動しています。 本講座では、その研究ネットワークを生かし、「ヒトのはじまり」の最前線の研究について専門家からお話しいただきます。

 各回、専門家による講演を行い、その後、初回は赤ちゃん学研究センターの見学、2回目・3回目は本センターの研究者がファシリテータとしてトークセッションを行い、赤ちゃん学的視点で会場の参加者の皆様とともに議論を深めてまいります。
受講料は無料、どなたでも受講できる講座ですので、事前告知あるいは取材いただけましたら幸いです。


開講スケジュール(全3回)

第1回 2019年07月24日(水)18:00~20:00
「赤ちゃんの科学的理解の意味すること―赤ちゃん学の可能性―」
板倉 昭二(同志社大学赤ちゃん学研究センター専任フェロー教授/副センター長、京都大学名誉教授)

第2回 2019年08月26日(月)18:00~20:00
「赤ちゃんの脳を測る~生後1年間の眠りを紐解くエッセンス」
佐治 量哉 氏(玉川大学 農学部・脳科学研究所 准教授)

第3回 2019年09月24日(火)18:00~20:00
「子どもたちのための音響設計 ~聴く力を育てる空間づくり」
川井 敬二 氏(熊本大学 工学部土木建築学科 教授)

場所 同志社大学学研都市キャンパス快風館
〒619‐0225 木津川市木津川台4丁目1‐1
主催けいはんなリサーチコンプレックス事業
その他 受講料無料。
https://keihanna-rc.jp/events/event/baby2019/より事前申込。 

※けいはんなリサーチコンプレックス事業について
 文部科学省・国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)が支援する「世界に誇る地域発研究開発・実証拠点(リサーチコンプレックス)推進プログラム」の実施拠点として、けいはんな学研都市の45機関が参画し、国内外のイノベーション都市・拠点との連携を重視しながら、i-Brain(脳・人間科学技術)とICT(情報科学技術)をコアとする技術開発、プロデュースマインドを持った人材の育成、大学・研究機関・大手・中堅・中小企業・ベンチャー・地域住民の共創によりイノベーションの連鎖を自律的に引き起こす「イノベーション・エコシステム」の構築に取り組み、「人が渦巻くけいはんな」、「高収益事業が生まれるけいはんな」、「世界へ飛翔するけいはんな」の実現を目指す。
URL:https://keihanna-rc.jp/
 関西文化学術研究都市(けいはんな学研都市)で世界に冠たるイノベーション創出を目指す「けいはんな リサーチコンプレックス事業(以下「けいはんなRC事業」」において、イノベーティブな人材育成を担う同志社大学は、本学が設立した世界的にもユニークな研究機関である赤ちゃん学研究センターと協力して、「赤ちゃん学基礎講座~赤ちゃん学的視点を探る~」(全3回)を開講いたします。

 赤ちゃん学の“赤ちゃん”とは「ヒトのはじまり」を象徴しています。同志社大学赤ちゃん学研究センターは、文部科学省の『共同利用・共同研究拠点』に認定されており、いまだに深くは解明されていない胎児から始まる成長・発達のメカニズムといった赤ちゃん学研究のハブとして活動しています。 本講座では、その研究ネットワークを生かし、「ヒトのはじまり」の最前線の研究について専門家からお話しいただきます。

 各回、専門家による講演を行い、その後、初回は赤ちゃん学研究センターの見学、2回目・3回目は本センターの研究者がファシリテータとしてトークセッションを行い、赤ちゃん学的視点で会場の参加者の皆様とともに議論を深めてまいります。
受講料は無料、どなたでも受講できる講座ですので、事前告知あるいは取材いただけましたら幸いです。


開講スケジュール(全3回)

第1回 2019年07月24日(水)18:00~20:00
「赤ちゃんの科学的理解の意味すること―赤ちゃん学の可能性―」
板倉 昭二(同志社大学赤ちゃん学研究センター専任フェロー教授/副センター長、京都大学名誉教授)

第2回 2019年08月26日(月)18:00~20:00
「赤ちゃんの脳を測る~生後1年間の眠りを紐解くエッセンス」
佐治 量哉 氏(玉川大学 農学部・脳科学研究所 准教授)

第3回 2019年09月24日(火)18:00~20:00
「子どもたちのための音響設計 ~聴く力を育てる空間づくり」
川井 敬二 氏(熊本大学 工学部土木建築学科 教授)

場所 同志社大学学研都市キャンパス快風館
〒619‐0225 木津川市木津川台4丁目1‐1
主催けいはんなリサーチコンプレックス事業
その他 受講料無料。
https://keihanna-rc.jp/events/event/baby2019/より事前申込。 

※けいはんなリサーチコンプレックス事業について
 文部科学省・国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)が支援する「世界に誇る地域発研究開発・実証拠点(リサーチコンプレックス)推進プログラム」の実施拠点として、けいはんな学研都市の45機関が参画し、国内外のイノベーション都市・拠点との連携を重視しながら、i-Brain(脳・人間科学技術)とICT(情報科学技術)をコアとする技術開発、プロデュースマインドを持った人材の育成、大学・研究機関・大手・中堅・中小企業・ベンチャー・地域住民の共創によりイノベーションの連鎖を自律的に引き起こす「イノベーション・エコシステム」の構築に取り組み、「人が渦巻くけいはんな」、「高収益事業が生まれるけいはんな」、「世界へ飛翔するけいはんな」の実現を目指す。
URL:https://keihanna-rc.jp/
関連書類
お問い合わせ先
同志社大学 研究開発推進機構 (担当:松原)
TEL :0774-65-6223 
E-mail:hr-dev@keihanna-rc.jp