プレスリリース

  1. 同志社大学ホーム
  2. 2019年度のニュース一覧
  3. 第7回 同志社大学グローバル地域文化学会 学術講演会 「いま、ここにあるグローバル  ―日本から考える多文化共生/難民支援―」開催

第7回 同志社大学グローバル地域文化学会 学術講演会 「いま、ここにあるグローバル  ―日本から考える多文化共生/難民支援―」開催

'19年10月25日 更新
 同志社大学グローバル地域文化学会では催学術講演会「いま、ここにあるグローバル-日本から考える多文化共生/難民支援-」を開催いたします。入場無料、事前申込不要ですので、告知、取材いただけましたら幸いです。

 今世紀初頭に始まったいわゆる「テロとの戦い」のなか、各国においてイスラム教徒への差別・偏見が「多文化共生」に暗い影を落としています。一方、長期化する内戦や紛争による迫害によって、多くの人々が難民化していますが、受け入れ国の負担は大きく、世界的にかれらへの逆風が強まっています。ふたつの現象は、今日の排外主義的な潮流において密接に絡まりあっています。

 このような「グローバルイシュー」を他人事ではなく、〈いま〉まさに〈ここ〉にある問題として、日本から考えていくにはどうすれば良いのでしょうか。この講演会では、ムスリムの社会統合と難民支援のそれぞれの分野の専門家をお招きし、国内外の事例紹介と講演者の多文化共生/難民支援の実地経験から学びつつ、日本において何ができるかについて、対話を重視したインタラクティブな知的交流の場として参加者全員で議論していきます。

日時2019年11月5日(火)17:00~19:00(16:40受付開始)
講師
  • 安達智史(あだち さとし) 近畿大学総合社会学部・准教授
    専門は現代イギリスにおけるムスリムの社会統合。
    主著『リベラル・ナショナリズムと多文化主義―イギリスの社会統合とムスリム』(勁草書房 2013年)。
  • 橋本直子(はしもと なおこ) 一橋大学社会学研究科・准教授
    専門は国際難民法・移民法。強制移民学・国際人権法。
    共著『難民・強制移動研究のフロンティア』(現代人分社2014年)
場所同志社大学烏丸キャンパス志高館110教室
主催同志社大学グローバル地域文化学会
※入場無料、事前申込不要
 同志社大学グローバル地域文化学会では催学術講演会「いま、ここにあるグローバル-日本から考える多文化共生/難民支援-」を開催いたします。入場無料、事前申込不要ですので、告知、取材いただけましたら幸いです。

 今世紀初頭に始まったいわゆる「テロとの戦い」のなか、各国においてイスラム教徒への差別・偏見が「多文化共生」に暗い影を落としています。一方、長期化する内戦や紛争による迫害によって、多くの人々が難民化していますが、受け入れ国の負担は大きく、世界的にかれらへの逆風が強まっています。ふたつの現象は、今日の排外主義的な潮流において密接に絡まりあっています。

 このような「グローバルイシュー」を他人事ではなく、〈いま〉まさに〈ここ〉にある問題として、日本から考えていくにはどうすれば良いのでしょうか。この講演会では、ムスリムの社会統合と難民支援のそれぞれの分野の専門家をお招きし、国内外の事例紹介と講演者の多文化共生/難民支援の実地経験から学びつつ、日本において何ができるかについて、対話を重視したインタラクティブな知的交流の場として参加者全員で議論していきます。

日時2019年11月5日(火)17:00~19:00(16:40受付開始)
講師
  • 安達智史(あだち さとし) 近畿大学総合社会学部・准教授
    専門は現代イギリスにおけるムスリムの社会統合。
    主著『リベラル・ナショナリズムと多文化主義―イギリスの社会統合とムスリム』(勁草書房 2013年)。
  • 橋本直子(はしもと なおこ) 一橋大学社会学研究科・准教授
    専門は国際難民法・移民法。強制移民学・国際人権法。
    共著『難民・強制移動研究のフロンティア』(現代人分社2014年)
場所同志社大学烏丸キャンパス志高館110教室
主催同志社大学グローバル地域文化学会
※入場無料、事前申込不要
関連書類
お問い合わせ先
同志社大学グローバル地域文化学部 事務室
電 話:075-251-2610
FAX:075-251-2781
e-mail:ji-grjm@mail.doshisha.ac.jp