重要なお知らせ

  1. 同志社大学ホーム
  2. 2020年度のニュース一覧
  3. 【新型コロナウイルス感染症】本学の対応について(第7報)

【新型コロナウイルス感染症】本学の対応について(第7報)

'20年4月9日 更新
学生の皆さんへ
学 長 植木 朝子
(緊急対策本部長)
【新型コロナウイルス感染症】本学の対応について(第7報)

新型コロナウイルス感染拡大に係る政府の「緊急事態宣言」の発令と、これを踏まえた京都府からの不要不急の外出や7都府県への往来の自粛要請を受け、本学は以下の措置を講じるとともに、5月12日以降の授業形態方針を決定しました。
つきましては、今回の措置実施の趣旨をご理解いただき、ご協力いただきますようお願いします。

1.実施する措置
(1)大学キャンパスへの入構制限
本学の全キャンパスについて、当該期間中に通行できる門扉を制限し、学生(科目等履修生や聴講生等の各種身分の学生も含む)の入構を原則禁止とします。
※必要・緊急の用件で入構せざるを得ない場合には、必要最小限の人数での入構を認めます。ただし、自身が所属する学部長・研究科長等から事前に許可を得、また、入構の際には、門衛所で、用務内容や行動範囲等について所定用紙にて申告下さい。

(2)大学各窓口閉鎖(図書館を含む)
既に臨時休館等している施設も含め、大学の各窓口を閉鎖します。
※窓口は閉鎖しますが、E-Mailや電話の対応は行います。

【入構制限・窓口閉鎖措置実施期間】
2020年4月13日(月)~2020年5月11日(月)

2.5月12日以降の授業形態方針
「本学の対応について(第6報)」において、対面授業(教室等での授業)開始日を5月12日(火)とする旨お伝えしていましたが、5月12日以降の授業形態を以下の通りとする方針を決定しました。
※詳細事項については、大学ホームページを通して教務部からお知らせします。

(5月12日以降の授業形態方針)
5月12日(火)以降、春学期の授業を原則ネット配信(双方向オンライン型の授業、動画配信、資料配信など)で実施する。ただし、本学の施設や装置・設備を用いることが不可欠な授業は、別途、実施方法について検討する。

以 上

学生の皆さんへ
学 長 植木 朝子
(緊急対策本部長)
【新型コロナウイルス感染症】本学の対応について(第7報)

新型コロナウイルス感染拡大に係る政府の「緊急事態宣言」の発令と、これを踏まえた京都府からの不要不急の外出や7都府県への往来の自粛要請を受け、本学は以下の措置を講じるとともに、5月12日以降の授業形態方針を決定しました。
つきましては、今回の措置実施の趣旨をご理解いただき、ご協力いただきますようお願いします。

1.実施する措置
(1)大学キャンパスへの入構制限
本学の全キャンパスについて、当該期間中に通行できる門扉を制限し、学生(科目等履修生や聴講生等の各種身分の学生も含む)の入構を原則禁止とします。
※必要・緊急の用件で入構せざるを得ない場合には、必要最小限の人数での入構を認めます。ただし、自身が所属する学部長・研究科長等から事前に許可を得、また、入構の際には、門衛所で、用務内容や行動範囲等について所定用紙にて申告下さい。

(2)大学各窓口閉鎖(図書館を含む)
既に臨時休館等している施設も含め、大学の各窓口を閉鎖します。
※窓口は閉鎖しますが、E-Mailや電話の対応は行います。

【入構制限・窓口閉鎖措置実施期間】
2020年4月13日(月)~2020年5月11日(月)

2.5月12日以降の授業形態方針
「本学の対応について(第6報)」において、対面授業(教室等での授業)開始日を5月12日(火)とする旨お伝えしていましたが、5月12日以降の授業形態を以下の通りとする方針を決定しました。
※詳細事項については、大学ホームページを通して教務部からお知らせします。

(5月12日以降の授業形態方針)
5月12日(火)以降、春学期の授業を原則ネット配信(双方向オンライン型の授業、動画配信、資料配信など)で実施する。ただし、本学の施設や装置・設備を用いることが不可欠な授業は、別途、実施方法について検討する。

以 上