トピックス

  1. 同志社大学ホーム
  2. 2020年度のトピックス一覧
  3. 社会学部社会学科立木茂雄教授が令和2年防災功労者防災担当大臣表彰を受賞

社会学部社会学科立木茂雄教授が令和2年防災功労者防災担当大臣表彰を受賞

関連カテゴリー
'20年9月9日 更新
 本学社会学部社会学科立木茂雄教授が令和2年防災功労者防災担当大臣表彰を受賞し、表彰式が東京都千代田区の中央合同庁舎第8号館で9月8日(火)に開催されました。
 防災功労者防災担当大臣表彰は、防災に関する調査・研究活動等において顕著な功績を挙げた者、自主的な活動の実施等を通じて防災思想の普及に顕著な功績を挙げた者、災害時において、人命救助、被害の拡大防止等の防災活動に顕著な功績を挙げた者を、防災担当大臣が表彰するものです。
 立木教授は、福祉防災学の専門家として、兵庫県が推進する防災と福祉の連携促進事業において、専門的見地から避難行動要支援者の避難対策について提言を行ったことや、災害時の高齢者や障がい者等の避難対策について、内閣府が設置する検討会で委員を歴任し、提言・検証を行うなど、防災と福祉の連携に尽力し、防災・減災対策の充実に貢献を果たしたことが評価され、今回の受賞に至りました。
 受賞にあたり立木教授は「別府市の福祉フォーラムの皆さまに導かれ、障がい当事者の参画や防災と福祉の連結の重要性を学ばせて頂きました。日本財団は、研究のシーズの段階から支えて下さいました。2018年度からの社会実装は、兵庫県、人と防災未来センター、兵庫県社会福祉士会との恊働の成果です。科研費ならびにJST RISTEXの共同研究者、協力者の皆さまには「誰一人取り残さない防災(i-BOSAI)」の実現に向けて、素晴らしいお働きをして頂いています。そして、2001年以来、空の鳥のように、野の花のように、何の憂いも無く、自由な研究実践と教育に専心できる環境を与えてくれている同志社大学に感謝します」と述べられました。
社会学部社会学科立木茂雄教授
 本学社会学部社会学科立木茂雄教授が令和2年防災功労者防災担当大臣表彰を受賞し、表彰式が東京都千代田区の中央合同庁舎第8号館で9月8日(火)に開催されました。
 防災功労者防災担当大臣表彰は、防災に関する調査・研究活動等において顕著な功績を挙げた者、自主的な活動の実施等を通じて防災思想の普及に顕著な功績を挙げた者、災害時において、人命救助、被害の拡大防止等の防災活動に顕著な功績を挙げた者を、防災担当大臣が表彰するものです。
 立木教授は、福祉防災学の専門家として、兵庫県が推進する防災と福祉の連携促進事業において、専門的見地から避難行動要支援者の避難対策について提言を行ったことや、災害時の高齢者や障がい者等の避難対策について、内閣府が設置する検討会で委員を歴任し、提言・検証を行うなど、防災と福祉の連携に尽力し、防災・減災対策の充実に貢献を果たしたことが評価され、今回の受賞に至りました。
 受賞にあたり立木教授は「別府市の福祉フォーラムの皆さまに導かれ、障がい当事者の参画や防災と福祉の連結の重要性を学ばせて頂きました。日本財団は、研究のシーズの段階から支えて下さいました。2018年度からの社会実装は、兵庫県、人と防災未来センター、兵庫県社会福祉士会との恊働の成果です。科研費ならびにJST RISTEXの共同研究者、協力者の皆さまには「誰一人取り残さない防災(i-BOSAI)」の実現に向けて、素晴らしいお働きをして頂いています。そして、2001年以来、空の鳥のように、野の花のように、何の憂いも無く、自由な研究実践と教育に専心できる環境を与えてくれている同志社大学に感謝します」と述べられました。
お問い合わせ先
社会学部・社会学研究科研究室事務室
TEL:075-251-3441
FAX:075-251-3066
E-mail:ji-shakn@mail.doshisha.ac.jp
お問い合わせ一覧(部課所在・事務取扱時間案内)