トピックス

  1. 同志社大学ホーム
  2. 2020年度のトピックス一覧
  3. ISFJ日本政策学生会議 政策フォーラム2020において、政策学部三好ゼミ3年次生が発表した論文が分科会賞を授賞しました。

ISFJ日本政策学生会議 政策フォーラム2020において、政策学部三好ゼミ3年次生が発表した論文が分科会賞を授賞しました。

'20年12月28日 更新
2020年12月19日・20日にオンラインで開催されたISFJ日本政策学生会議 政策フォーラム2020において、政策学部 三好ゼミ3年生が発表した論文「社会的流動性を促進する教育事業の提案〜「ときめき」を創造する放課後教育の設立に向けて〜」が教育②分科会の分科会賞を授賞しました。

本稿は、社会的流動性の停滞は、多くの才能ある人材を失うことになり、潜在的な経済成長が損なわれるという問題意識に基づき、執筆されたものです。
論文では、独自のアンケート調査結果を用いて、3世代にわたる長期的な社会的流動性の実態について分析を行うと共に、小学生時の学習意欲と将来の経済的生活水準との関係、小学生時の周囲の環境と学習意欲との関係を、ロジスティック回帰モデルを使って分析しています。そして、その分析結果を踏まえ、新たな放課後の教育事業『ときめき きらめき 教室』の設置を提案、経済的に恵まれない家庭の子どもに能力を引き出す機会を設け、結果として社会的流動性を促進させていくことを提案しています。

ISFJ日本政策学生会議 政策フォーラムでは、毎年、日本全国の大学の学部ゼミが参加し、100編前後の論文が発表されています。そして、その論文のレベルの高さには定評があります。このような大会での受賞でしたので、受賞がアナウンスされた瞬間、著者達は、感動と喜びに包まれたようです。

論文題目「社会的流動性を促進する教育事業の提案〜「ときめき」を創造する放課後教育の設立に向けて〜」
論文執筆者高田希、臼井愛海、工藤優希、小林明加音、杉山詩奈
三好ゼミ ISFJ日本政策学生会議 政策フォーラム2020

オンラインプレゼンテーションを実施した尋真館教室にて(2020年12月19日撮影 撮影時のみマスクを外しました)

2020年12月19日・20日にオンラインで開催されたISFJ日本政策学生会議 政策フォーラム2020において、政策学部 三好ゼミ3年生が発表した論文「社会的流動性を促進する教育事業の提案〜「ときめき」を創造する放課後教育の設立に向けて〜」が教育②分科会の分科会賞を授賞しました。

本稿は、社会的流動性の停滞は、多くの才能ある人材を失うことになり、潜在的な経済成長が損なわれるという問題意識に基づき、執筆されたものです。
論文では、独自のアンケート調査結果を用いて、3世代にわたる長期的な社会的流動性の実態について分析を行うと共に、小学生時の学習意欲と将来の経済的生活水準との関係、小学生時の周囲の環境と学習意欲との関係を、ロジスティック回帰モデルを使って分析しています。そして、その分析結果を踏まえ、新たな放課後の教育事業『ときめき きらめき 教室』の設置を提案、経済的に恵まれない家庭の子どもに能力を引き出す機会を設け、結果として社会的流動性を促進させていくことを提案しています。

ISFJ日本政策学生会議 政策フォーラムでは、毎年、日本全国の大学の学部ゼミが参加し、100編前後の論文が発表されています。そして、その論文のレベルの高さには定評があります。このような大会での受賞でしたので、受賞がアナウンスされた瞬間、著者達は、感動と喜びに包まれたようです。

論文題目「社会的流動性を促進する教育事業の提案〜「ときめき」を創造する放課後教育の設立に向けて〜」
論文執筆者高田希、臼井愛海、工藤優希、小林明加音、杉山詩奈
お問い合わせ先
政策学部事務室
TEL:075-251-3107
FAX:075-251-3108
E-mail:ji-seijm@mail.doshisha.ac.jp
お問い合わせ一覧(部課所在・事務取扱時間案内)