プレスリリース

  1. 同志社大学ホーム
  2. 2021年度のニュース一覧
  3. ソーシャルマーケティング研究センターwebinarシリーズ登録開始!

ソーシャルマーケティング研究センターwebinarシリーズ登録開始!

'21年4月28日 更新
 2021年4月1日開設の 同志社大学ソーシャルマーケティング研究センター(センター長:瓜生原(うりゅうはら)葉子)はWebinarシリーズ 『Greater social goodを目指して』 の登録を開始しました。
 「ソーシャルマーケティング」とは、より良い社会(greater social good)につながる行動への変容(behavior change)を促すための学際的、体系的な枠組みであり、その目標である「greater social good」を共通のテーマとし、11分野12名の本センター研究者が講演を行い、皆さまとともに議論を深めてまいります。
 受講料は無料、どなたでも受講できます。具体的な内容は、https://www.jsocialmarketing.org/に掲載します。本センターについてのご取材、また、Webinarの事前告知とご取材をどうぞよろしくお願い申し上げます。

本センターは、社会に良い(social good)行動を増やすアプローチ方法を学際的・重層的・創造的に研究し、その知見を社会に実装することで、学術研究の進展と社会課題の解決・SDGsの達成に寄与することを目的としています。ソーシャルマーケティングについて研究を行うアジアおよび日本初の拠点として、国際ソーシャルマーケティング協会※から公式に認証を受けています。

登録方法
https://forms.gle/4BqyoXpuYqhWDPLP9 視聴用zoom linkをお送りいたします。

日時講演タイトル講演者講演者の専門分野
5月11日 (火)
18:30-20:00
ソーシャルマーケティングの可能性瓜生原 葉子
(ソーシャルマーケティング研究センター長)
行動変容マネジメント
5月25日 (火)
18:30-19:30
豪州ソーシャルマーケティング@グリフィス
研究センターでの取り組み
藤平 春加
(グリフィス大学Social Marketing @ Griffith )
ソーシャルマーケティング
6月8日 (火)
18:30-19:30
ボランティアの動機づけ遅 力榕
(同志社大学大学院社会学研究科
ボランティア・市民参加、地域福祉
6月22日 (火)
18:30-19:30
人と人とのコミュニケーションを測る大久保 雅史
(同志社大学理工学部)
ヒューマンインタフェース
7月6日 (火)
18:30-19:30
国際協力におけるスポーツの台頭と研究展望遠藤 華英
(同志社大学スポーツ健康科学部)
スポーツを通じた国際協力論
7月20日(火)
18:30-19:30
プロデュースの視点から人物の育成を考える渡辺 好章
(同志社大学名誉教授)
超音波エレクトロニクス
9月第2週
時間未定
経営学の展開と人間・社会
-social good とは何か-
上林 憲雄
(神戸大学大学院経営学研究科)
経営学・人的資源管理・経営組織
10月5日 (火)
18:30-19:30
非営利セクターの可能性と課題岡田 彩
(東北大学大学院情報科学研究科)
市民社会論,NPO・NGO論
10月19日 (火)
18:30-19:30
生活習慣病セルフケアに対する臨床行動分析大屋 藍子
(同志社大学心理学部)
行動分析学
11月2日 (火)
18:30-19:30
医療のいままで・これから:エビデンス、患者参加、共創中山 健夫
(京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻健康情報学分野)
パブリックヘルス、健康情報学、疫学
11月16日 (火)
18:30-19:30
アドバンスケアプランニング吉川美喜子
(京都府立医科大学移植・一般外科)
腎臓内科、臓器提供・移植
11月30日 (火)
18:30-19:30
豪州ソーシャルマーケティング@グリフィス研究センターでの取り組み(2)藤平 春加ソーシャルマーケティング
12月14日 (火)
18:30-19:30
国際社会におけるソーシャルマーケティングの取り組みJeff French
(Social Marketing,, Brighton University Business School)
ソーシャルマーケティング
 2021年4月1日開設の 同志社大学ソーシャルマーケティング研究センター(センター長:瓜生原(うりゅうはら)葉子)はWebinarシリーズ 『Greater social goodを目指して』 の登録を開始しました。
 「ソーシャルマーケティング」とは、より良い社会(greater social good)につながる行動への変容(behavior change)を促すための学際的、体系的な枠組みであり、その目標である「greater social good」を共通のテーマとし、11分野12名の本センター研究者が講演を行い、皆さまとともに議論を深めてまいります。
 受講料は無料、どなたでも受講できます。具体的な内容は、https://www.jsocialmarketing.org/に掲載します。本センターについてのご取材、また、Webinarの事前告知とご取材をどうぞよろしくお願い申し上げます。

本センターは、社会に良い(social good)行動を増やすアプローチ方法を学際的・重層的・創造的に研究し、その知見を社会に実装することで、学術研究の進展と社会課題の解決・SDGsの達成に寄与することを目的としています。ソーシャルマーケティングについて研究を行うアジアおよび日本初の拠点として、国際ソーシャルマーケティング協会※から公式に認証を受けています。

登録方法
https://forms.gle/4BqyoXpuYqhWDPLP9 視聴用zoom linkをお送りいたします。

日時講演タイトル講演者講演者の専門分野
5月11日 (火)
18:30-20:00
ソーシャルマーケティングの可能性瓜生原 葉子
(ソーシャルマーケティング研究センター長)
行動変容マネジメント
5月25日 (火)
18:30-19:30
豪州ソーシャルマーケティング@グリフィス
研究センターでの取り組み
藤平 春加
(グリフィス大学Social Marketing @ Griffith )
ソーシャルマーケティング
6月8日 (火)
18:30-19:30
ボランティアの動機づけ遅 力榕
(同志社大学大学院社会学研究科
ボランティア・市民参加、地域福祉
6月22日 (火)
18:30-19:30
人と人とのコミュニケーションを測る大久保 雅史
(同志社大学理工学部)
ヒューマンインタフェース
7月6日 (火)
18:30-19:30
国際協力におけるスポーツの台頭と研究展望遠藤 華英
(同志社大学スポーツ健康科学部)
スポーツを通じた国際協力論
7月20日(火)
18:30-19:30
プロデュースの視点から人物の育成を考える渡辺 好章
(同志社大学名誉教授)
超音波エレクトロニクス
9月第2週
時間未定
経営学の展開と人間・社会
-social good とは何か-
上林 憲雄
(神戸大学大学院経営学研究科)
経営学・人的資源管理・経営組織
10月5日 (火)
18:30-19:30
非営利セクターの可能性と課題岡田 彩
(東北大学大学院情報科学研究科)
市民社会論,NPO・NGO論
10月19日 (火)
18:30-19:30
生活習慣病セルフケアに対する臨床行動分析大屋 藍子
(同志社大学心理学部)
行動分析学
11月2日 (火)
18:30-19:30
医療のいままで・これから:エビデンス、患者参加、共創中山 健夫
(京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻健康情報学分野)
パブリックヘルス、健康情報学、疫学
11月16日 (火)
18:30-19:30
アドバンスケアプランニング吉川美喜子
(京都府立医科大学移植・一般外科)
腎臓内科、臓器提供・移植
11月30日 (火)
18:30-19:30
豪州ソーシャルマーケティング@グリフィス研究センターでの取り組み(2)藤平 春加ソーシャルマーケティング
12月14日 (火)
18:30-19:30
国際社会におけるソーシャルマーケティングの取り組みJeff French
(Social Marketing,, Brighton University Business School)
ソーシャルマーケティング
関連書類
お問い合わせ先
同志社大学商学部
瓜生原葉子(うりゅうはら ようこ)
TEL:075-251-3740
E-Mail:yuryuhar@mail.doshisha.ac.jp