お知らせ

  1. 同志社大学ホーム
  2. 2021年度のニュース一覧
  3. 第54回酸化反応討論会において、理工学研究科応用化学専攻の中原 寛樹さんが優秀学生発表賞を受賞しました。

第54回酸化反応討論会において、理工学研究科応用化学専攻の中原 寛樹さんが優秀学生発表賞を受賞しました。

関連カテゴリー
'21年11月24日 更新
 2021年10月30,31日に開催された第54回酸化反応討論会において、理工学研究科応用化学専攻の中原 寛樹さんが優秀学生発表賞を受賞しました。中原さんは、スーパーオキシドディスムターゼ(SOD)という抗酸化酵素と同様に、亜鉛イオンと銅イオンがイミダゾレートアニオン架橋された配位構造を多数有する多孔性材料が恬然酵素であるSODと同様に活性酸素種の1つ、スーパーオキシドアニオンを高速に消去することを見出しました。

発表題目
抗酸化酵素Cu,Zn-SODの活性部位に類似した構造を多数有する抗酸化ナノザイムの開発

発表者(論文の筆頭著者)
中原 寛樹
理工学研究科博士課程(前期課程)応用化学専攻1年次生(理工学部機能分子・生命化学科卒業)

連名者
岡村麻美
理工学研究科博士課程(前期課程)応用化学専攻卒業

野村章子
同志社大学ナノ・バイオサイエンス研究センター研究員

小寺 政人
機能分子・生命化学科 教授

人見 穣
機能分子・生命化学科 教授
 2021年10月30,31日に開催された第54回酸化反応討論会において、理工学研究科応用化学専攻の中原 寛樹さんが優秀学生発表賞を受賞しました。中原さんは、スーパーオキシドディスムターゼ(SOD)という抗酸化酵素と同様に、亜鉛イオンと銅イオンがイミダゾレートアニオン架橋された配位構造を多数有する多孔性材料が恬然酵素であるSODと同様に活性酸素種の1つ、スーパーオキシドアニオンを高速に消去することを見出しました。

発表題目
抗酸化酵素Cu,Zn-SODの活性部位に類似した構造を多数有する抗酸化ナノザイムの開発

発表者(論文の筆頭著者)
中原 寛樹
理工学研究科博士課程(前期課程)応用化学専攻1年次生(理工学部機能分子・生命化学科卒業)

連名者
岡村麻美
理工学研究科博士課程(前期課程)応用化学専攻卒業

野村章子
同志社大学ナノ・バイオサイエンス研究センター研究員

小寺 政人
機能分子・生命化学科 教授

人見 穣
機能分子・生命化学科 教授
関連情報
お問い合わせ先
理工学部・理工学研究科研究室事務室
TEL:0774-65-6211
FAX:0774-65-6801
E-mail:jt-koukn@mail.doshisha.ac.jp
お問い合わせ一覧(部課所在・事務取扱時間案内)