プレスリリース

  1. 同志社大学ホーム
  2. 2021年度のニュース一覧
  3. 同志社データサイエンス・AI教育プログラム DDASH 2022年度開始

同志社データサイエンス・AI教育プログラム DDASH 2022年度開始

'21年12月6日 更新
 同志社大学では、社会の要請に応えるため「数理・データサイエンス・AI教育」に関して、大学全体としてこれを推進していくことを決定し、2022年度から「同志社データサイエンス・AI教育プログラム(DDASH)」を開始いたします。(DDASH:Doshisha Approved Program for Data Science and AI Smart Higher Education)
 DDASHは、次の3つのレベルで実施予定です。全学部の学生を対象としたリテラシーレベルのDDASH-L(2022年度開始)、より高度な内容を含む応用基礎レベルのDDASH-A(2023年度開始予定)、および、それらを包含するDDASH副専攻(2023年度開始予定)の3つのプログラムです。DDASH-Lは文部科学省数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度(リテラシーレベル)に準拠しており、DDASH-Aは同(応用基礎レベル)に準拠することを予定しております。DDASH-Lは、2005年度から実施してきた全学共通教養教育科目「データサイエンス1・2」や文化情報学部を中心としたデータサイエンス教育の実績を踏まえた全学レベルの教育プログラムであり、次のような特徴をもっております。

  • 文系・理系を問わずすべての学生が修得可能な教育プログラム
  • 10数年におよぶデータサイエンス教育の実績に立脚
  • 総合大学の強みを生かし、既設の科目をパッケージ化
  • 学内複数学部の力を結集して教材を作成
  • すべての学部から教員が参加するワーキング・グループでプログラムを点検・検討
  • プログラムにおける必修科目はフルオンデマンドで開講
  • 様々な分野の外部講師を招聘(*以下、順不同)
    総務省統計局・独立行政法人統計センター、株式会社日経リサーチ、アステラス製薬株式会社、株式会社リクルート、京セラ株式会社、株式会社Agoop
  • 統計検定を用いた質の自己検証(同志社大学生向け特別価格で受験可能)

 なお、DDASHは学部レベルのみではなく、大学院レベルでの展開も予定しており、その一部として「Comm 5.0 AI・データサイエンス副専攻」を開設、データサイエンス・AIを駆使してイノベーションを創出し、世界で活躍できる人材育成を目指しております。詳細については別紙をご参照願います。今後も、同志社大学では学部・大学院と一貫した数理・データサイエンス・AI分野の人材育成に取り組んでまいります。
 同志社大学では、社会の要請に応えるため「数理・データサイエンス・AI教育」に関して、大学全体としてこれを推進していくことを決定し、2022年度から「同志社データサイエンス・AI教育プログラム(DDASH)」を開始いたします。(DDASH:Doshisha Approved Program for Data Science and AI Smart Higher Education)
 DDASHは、次の3つのレベルで実施予定です。全学部の学生を対象としたリテラシーレベルのDDASH-L(2022年度開始)、より高度な内容を含む応用基礎レベルのDDASH-A(2023年度開始予定)、および、それらを包含するDDASH副専攻(2023年度開始予定)の3つのプログラムです。DDASH-Lは文部科学省数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度(リテラシーレベル)に準拠しており、DDASH-Aは同(応用基礎レベル)に準拠することを予定しております。DDASH-Lは、2005年度から実施してきた全学共通教養教育科目「データサイエンス1・2」や文化情報学部を中心としたデータサイエンス教育の実績を踏まえた全学レベルの教育プログラムであり、次のような特徴をもっております。

  • 文系・理系を問わずすべての学生が修得可能な教育プログラム
  • 10数年におよぶデータサイエンス教育の実績に立脚
  • 総合大学の強みを生かし、既設の科目をパッケージ化
  • 学内複数学部の力を結集して教材を作成
  • すべての学部から教員が参加するワーキング・グループでプログラムを点検・検討
  • プログラムにおける必修科目はフルオンデマンドで開講
  • 様々な分野の外部講師を招聘(*以下、順不同)
    総務省統計局・独立行政法人統計センター、株式会社日経リサーチ、アステラス製薬株式会社、株式会社リクルート、京セラ株式会社、株式会社Agoop
  • 統計検定を用いた質の自己検証(同志社大学生向け特別価格で受験可能)

 なお、DDASHは学部レベルのみではなく、大学院レベルでの展開も予定しており、その一部として「Comm 5.0 AI・データサイエンス副専攻」を開設、データサイエンス・AIを駆使してイノベーションを創出し、世界で活躍できる人材育成を目指しております。詳細については別紙をご参照願います。今後も、同志社大学では学部・大学院と一貫した数理・データサイエンス・AI分野の人材育成に取り組んでまいります。
関連書類
お問い合わせ先
同志社大学 教育支援機構全学共通教養教育センター事務室
TEL: 075-251-3326
E-mail: ji-kyoyo@mail.doshisha.ac.jp
全学共通教養教育センター https://cgle.doshisha.ac.jp/