トピックス

  1. 同志社大学ホーム
  2. 2022年度のトピックス一覧
  3. 坂本健太さん,坪田有司さん,坪谷圭恵さん(統計科学研究室)が日本計算機統計学会第36回シンポジウムにおいて,「学生研究発表賞」を受賞しました.

坂本健太さん,坪田有司さん,坪谷圭恵さん(統計科学研究室)が日本計算機統計学会第36回シンポジウムにおいて,「学生研究発表賞」を受賞しました.

'23年2月20日 更新
日本計算機統計学会第36回シンポジウム(2022年11月26~27日開催)において,坂本健太さん(統計科学研究室/博士過程前期課程2年次生),坪田有司さん,坪谷圭恵さん(統計科学研究室/学部4年次生)の研究内容が「特に優秀で計算機統計学の発展に寄与し、将来性に富むもの」と評価されました.



発表題目・発表者
情報源とラベルの関係性を考慮した教師あり次元縮約について(坂本健太,宿久洋)
Robust principal component-guided sparse regression について(坪田有司,谷岡健資,宿久洋)
十分次元削減を用いたquasi-instrumental variablesによる 局所的平均処置効果の推定について(坪谷圭恵,土田潤,宿久洋)
表彰者 写真
日本計算機統計学会第36回シンポジウム(2022年11月26~27日開催)において,坂本健太さん(統計科学研究室/博士過程前期課程2年次生),坪田有司さん,坪谷圭恵さん(統計科学研究室/学部4年次生)の研究内容が「特に優秀で計算機統計学の発展に寄与し、将来性に富むもの」と評価されました.



発表題目・発表者
情報源とラベルの関係性を考慮した教師あり次元縮約について(坂本健太,宿久洋)
Robust principal component-guided sparse regression について(坪田有司,谷岡健資,宿久洋)
十分次元削減を用いたquasi-instrumental variablesによる 局所的平均処置効果の推定について(坪谷圭恵,土田潤,宿久洋)
お問い合わせ先
文化情報学部・文化情報学研究科事務室
TEL:0774-65-7610
FAX:0774-65-7618
E-mail:jt-bnkjm@mail.doshisha.ac.jp
お問い合わせ一覧(部課所在・事務取扱時間案内)