Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. 同志社大学ホーム
  2.  > 在学生
  3.  > 課外プログラム(♭プログラム)

課外プログラム

♭(ふらっと)プログラム(映画上映・コンサート / 京田辺)

♭(ふらっと)プログラムでは、コンサートや映画上映など、多彩な文化プログラムを行っています。どなたでもご自由に、”ふらっと” お立ち寄りください。

場所多目的ホール(ハローホール)やローム記念館劇場空間 など
※内容・日程・場所は都合により変更となる場合があります。
入場料全て無料
♭(ふらっと) プログラム(映画上映・京田辺)

2017年度秋学期ラインナップ

アロハフェスティバル「Mizuki&Ayako × Meahula Nohealani + OneVoices」

9月29日(金)  12:20~
@ローム記念館内劇場空間

ープロフィールー
Mizuki(ダンサー)
14歳から日本の教室でフラを始める。その後、ハワイ オアフ島のクムフラ(フラの指導者)カピオラニ・ハオに出会い師事、よりフラに魅了される。学んだことをシェアしたい想いから2013年フラ教室「Hālau Hula O Kapuamohala(ハーラウ・フラ・オ・カプアモハラ)」を設立。
カプアモハラという名前は、カピオラニ・ハオから授かった名前で、「花が咲く」と言う意味をもつ。一人一人が花を咲かせられるよう、そしてみんなで大きな1つの素敵な花を咲かせられるような教室を目指している。同志社大学在学中よりフラサークルに所属し、卒業後もサークルの指導者として150名余りを指導している。フラ・ホオラウナ・アロハ2011 ワヒネ ソロ部門2位受賞。ハワイ島ヒロで行われるフラの最高峰の大会、メリー・モナーク・フェスティバル2011に出場。

Ayako(ダンサー)
同志社大学在学中よりフラサークルに所属。Hālau Hula O Kapuamohala設立時より生徒として所属し、フラを学んでいる。数々のフラショー、フライベント等に出演し、現在は教室のインストラクターも務め、教室を支えている。カレッジフラ・コンペティション2015年 ソロ優勝・団体優勝。2016年 団体3位。

Meahula Nohealani(同志社大学公認団体)
2008年創部。200名近い部員が季節を問わず学内外で様々なイベントから発表会までをこなす学内フラダンスサークル。

One Voices(同志社大学公認団体)
同志社大学アカペラサークルOne VoicesからやってきましたMarbleです。ミュージカル"High School Musical"の世界をお客さんと一緒に楽しめるように歌っています。アロハフェスティバルで残り少ない夏を私たちと一緒に楽しみましょう!


【出演メンバー】
Mizuki&Ayako(ダンサー)
Meahula Nohealani(同志社大学公認団体学内フラサークル)

【コラボゲスト】
Marble(同志社大学公認団体OneVoices所属)


※今回はコラボゲストとして学内アカペラサークルOneVoicesよりMarbleを迎え、歌って・踊って・見て楽しめる「アロハフェスティバル」を開催します。
アロハフェス

Mizuki 氏(ダンサー)

アロハフェス

Ayako 氏(ダンサー)

アロハフェス

Meahula Nohealani(メアフラノヘアラニ)

アロハフェス

Marble(マーブル)

音楽と映像の融合・ミュージックアニメーション「水江未来 短編アニメ上映」

10月13日(金)  ①12:20~ ②14:55~ ※2回開催
@ローム記念館内劇場空間

ープロフィールー
水江未来
1981年生まれ、福岡県出身。
多摩美術大グラフィックデザイン学科卒業。「細胞」や「幾何学図形」をモチーフにした抽象アニメーション作品を多数制作し、主に国際映画祭を舞台に活動をしている。世界4大アニメーション映画祭(アヌシー・オタワ・広島・ザグレブ)すべてにノミネート経験があり、アニマドリード2009(スペイン)では、『DEVOUR DINNER』が準グランプリを受賞。また、第68回ヴェネチア映画祭オリゾンティ部門(2011)に『MODERN No.2』がノミネートされ、アヌシー国際アニメーション映画祭2012では、SACEM賞(最優秀音楽作品賞)を受賞。最新作「WONDER」は、第64回ベルリン映画祭短編部門(2014)にノミネートされ、同年のアヌシー国際アニメーション映画祭2014ではCANAL+Creative Aid賞(仏TV局賞)を受賞。他、クライアントワークとして多くのミュージックビデオやテレビ番組のアニメーションパートなどの映像作品を制作。小説の表紙や挿絵イラストなどでも独自のグラフィックデザインを活かして幅広く活動している。

※今回は、映画上映の他に、監督によるメイキングトーク、作品の展示を同時開催します。


水江未来

水江未来 監督

水江未来
水江未来
水江未来

【おでかけ♭ふらっと@今出川校地】
タンバリン博士 「田島隆」&鳴らしてみようタンバリンワークショップ

11月14日(火)  18:30~
@今出川校地 寒梅館クローバーホール
※今プログラムは、【おでかけ♭ふらっと】として、今出川校地での開催となります。


ープロフィールー
田島 隆
世界中のあらゆるタンバリンを演奏するタンバリン専門の演奏家。
日本でのタンバリンという楽器は、三日月形や丸型のフレームのみの形をしていて、カラオケのお供のような存在としての使用法が一般的ですが、実は想像のつかない程の優れた表現力を持っています。

今回は、何種類かの音色を奏でるだけではなく、メロディを奏でたり、ドラムセットの音が出たりというオリジナルサウンドも披露。その演奏は世界でも知られており、演奏法を世界に広く伝える活動もしています。シンプルな楽器から沢山のリズム、素晴らしい音楽が生まれる瞬間を、是非とも体感してください。

【出演メンバー】
田島 隆(タンバリン)
釋 恵一(ピアノ)

【コラボゲスト】
軽音楽部(同志社大学公認団体)
One Voices(同志社大学公認団体)

※今回はコンサートだけではなく、「皆で鳴らしてみようタンバリン!」のワークショップもおこないます。


田島隆

田島隆 氏

田島隆
田島隆
田島隆

昨年のプログラムの様子(京田辺校地多目的ホール)

ミュージカル・ソウ(のこぎり)コンサート 「Andre(安藤玲子)」

12月1日(金)  12:20~
@ローム記念館内劇場空間


ープロフィールー
Andre(安藤 玲子)
ミュージカル・ソウ(のこぎり)奏者 大阪府八尾市出身。
2002年 ミュージカル・ソウ(のこぎり音楽)を、サキタハヂメ氏に師事。
2009年 アメリカ・サンタクルーズでの国際ミュージカル・ソウコンテストで3位入賞。
2016年 八尾市文化新人賞受賞。
ホール、美術館・ギャラリー、教会等で、ソロ活動をはじめ、アンサンブル、語りや現代アーティスト等との共演も行う。サキタハヂメ氏の代行講師、アシスタントを経て、のこぎり音楽の講師を務める。

【出演メンバー】
Andre(のこぎり)
岡辺直子(ピアノ)

【コラボゲスト】
同志社室内楽団(同志社大学登録団体)

※今回はコラボゲストとして学内登録団体の同志社室内楽団を迎えコンサートを開催します。


●のこぎりの楽器について
ミュージカル・ソウ(英:Musical saw)、シンギング・ソウ(英:Singing saw)とも呼ばれる体鳴楽器のひとつ。西洋鋸によく似ているが、刃はついていないか、付いていても目立てされていないので切断に用いることができない。マレットや弓を用いて発音させる。




安藤玲子

Andre(安藤玲子 氏)
© Yukio Shinohara

安藤玲子

岡辺直子 氏(ピアノ)

安藤玲子

クリスマス週間ジョイントコンサート「ジョイント♭(フラット)」

12月16日(土)  13:00~
@多目的ホール(ハローホール)


クリスマス目前!普段の発表とは一味違う、特に演出にこだわった軽音楽系の「魅せるバンド」がハローホールに集結します。普段の定期ライブの発表とは全く違ったアプローチによるコンサート。各出演バンドがつくりこんだ演出で、1日だけのスペシャルバージョンでお届けするコンサートです。

【出演メンバー】
F.A.C(同志社大学公認団体)
The Amplugged(同志社大学登録団体)

※今回は同志社大学公認団体と登録団体の軽音楽系サークルによるジョイントコンサートを、多目的ホールにてランチタイムの時間帯におこないます。


クリスマス
クリスマス

手描きアニメーション「小野ハナ 短編アニメ上映」

12月20日(水)  ①12:20~ ②14:55~ ※2回開催
@ローム記念館内劇場空間


ープロフィールー
小野ハナ
1986年生まれ、岩手県盛岡市出身。短編アニメーション作家。
2014年に東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻修了。
修了作『澱みの騒ぎ』で大藤信郎賞受賞。
集団や社会の中で意識から排除されがちな人間の精神的病理や、災害への恐怖などをモチーフに物語/抽象風景の作品を創作。パペットアニメーション作家の当真一茂氏とのユニット「UCHU-PEOPLE」設立。ディレクター・アニメーターとしても活躍中。

※今回は、映画上映の他に監督によるメイキングトーク、作品の展示を同時開催します。
小野ハナ

小野ハナ 監督

小野ハナ
小野ハナ
小野ハナ

「紙切り芸&パフォーマンス」

2018年1月16日(火)  12:20~
@ローム記念館内劇場空間


ープロフィールー
林家 楽一(紙切り芸)
1980年生まれ、神奈川県横浜市出身。
2001年  三代目林家正楽に入門
2006年 初高座
2015年 落語協会に入会
日本の手業と演芸の癒合「紙切り」。1枚の紙と一挺(いっちょう)の鋏(はさみ)だけでその物語を描きだす。さあ林家楽一の世界観へお立合い!

坂野 雄亮(Key)
ストリートからホテルまで夜な夜な暗躍中のトび道具鍵盤触人。ある時は鍵盤ハーモニカを壊れんばかりに吹き、ある時はそっと優しくピアノに触れるストロングかつハードであるかと思えば繊細で泣けるスタイルをも兼ね備えた気持ち先行型演奏家。

【出演メンバー】
林家楽一 (紙切り芸)
坂野雄亮 (Key)

今回は紙切りの芸だけでなく、観覧席よりお題を頂き、それに即興の音楽もつけて展開するパフォーマンスも行います。【紙切り芸の流れ:お好きなご注文をどうぞ⇒即興で切ってゆきます⇒出来上がりました⇒お土産にどうぞ】
紙切り芸

林家楽一 氏(紙切り芸)

紙切り芸

坂野雄亮 氏(Key)

2017年度春学期ラインナップ

ガールズホーンバンド×軽音楽部 Jazzfunkコンサート「ガラムマサラ」

4月22日(土)  13:00~
@多目的ホール(ハローホール)

ープロフィールー
ガラムマサラ
2005年、奈良県立郡山高校OGで結成。結婚式や演奏会でのゲスト、地域のお祭り等、ジャンルを問わず様々なイベントに出演。仕事に子育てメンバーそれぞれの生活環境が大きく変化する中、同じ志を持ちながら活動継続中!!

軽音学部
同志社大学軽音楽部は、同志社軽音系サークル唯一の部活動として活動しております。Jazzを中心に、Fusion、Ska、Latin、BossaNovaから、Rock、Popsまでジャンルに制限はありません。また、楽器についても特に制限はなく、"やりたい"という意思があればどんな楽器、音楽をすることも可能です! 軽音楽部に興味をもってくださった方は、是非、練習場や学内コンサートにお越しください。また、見学希望質問等何かあれば練習場へ直接来てください。


【出演メンバー】
坂田明奈(sax奏者 from 東京)
奥山佳奈(drum & percussion)


【コラボゲスト】
軽音楽部(同志社大学公認団体)



※今回、プロ活動している坂田明奈さん・奥山佳奈さんに加えメンバーそれぞれが、違った生活リズムの中での活動を続け、志を維持してゆくためには?といったお話を交えてコンサートを展開してゆきます。
坂田明奈さん

坂田明奈

奥山佳奈さん

奥山佳奈

ライブ

鍵盤触人(Keyboard Atteckers) 鍵盤コンサート「坂野雄亮+茶之木一世」

5月10日(水) 12:20~
@ローム記念館 劇場空間


鍵盤触人(Keyboard Atteckers)
坂野雄亮・茶之木一世の2人からなる鍵盤DUO。ピアノの連弾のように演奏し始めたとおもいきや、曲中に次から次へと目の前にある様々な鍵盤楽器に乗り換え演奏しながら、時には楽しく・リズミカルに・マニアックに魅せる表現演奏を、職人ではなく‘鍵盤触人’としてお届けします。


ープロフィールー
坂野雄亮
ストリートからホテルまで夜な夜な暗躍中のトび道具鍵盤触人。ある時は鍵盤ハーモニカを壊れんばかりに吹き、ある時はそっと優しくピアノに触れるストロングかつハードであるかと思えば繊細で泣けるスタイルをも兼ね備えた気持ち先行型演奏家。井筒和幸 監督 / 妻夫木聡 主演松竹映画【黄金を抱いて翔べ】プレミア試写会での即興演奏など多岐に渡る活動を展開している。


茶之木一世
幼少よりクラシックピアノを学ぶ。青春時代、家ではクラシック以外聴かせてもらえなかったが、紅白モノマネ歌合戦を観ることはなぜか許され、ジャンルを問わずヒットソングを知る。高校卒業後、JAZZ、Fusion、Funk、Latin等多ジャンルを学び、後にオランダにて David Liebman主催 ISAJ JAZZ Meetingに参加その経験をもとに アメリカ ヨーロッパ演奏、韓国ツアーを行う。現在【ナチュラルキラーズ】【yokoyure】に所属し活動中。


【出演メンバー】
坂野雄亮(Key)
茶之木一世(Key)

鍵盤触人1

鍵盤触人(手前:茶之木一世、奥:坂野雄亮)

鍵盤触人2

「mooga booga 短編アニメ上映」

5月23日(火)  ①12:20~ ②14:55~(2回開催)
@ローム記念館 劇場空間

ープロフィールー
moogabooga(ムーガブーガ)
髙野真と髙野文子によるアニメーションプロダクション兼アートユニット。“くらしの中での想像力” をテーマに、人形や立体物を中心としたアニメーション技術を用いて、TV番組・MV・短編アニメ・ギャラリーでの展示など、様々な領域で制作中。主な作品に、NHK Eテレ プチプチアニメ『モノだらけ!』シリーズ、みんなのうた『ぎんなん楽団カルテット』・『お月様ライト』、三戸なつめ『前髪切りすぎた』MVなど。2016年より活動の拠点を京都に移す。


※今回は作家によるメイキングトーク・作品展示を同時開催いたします。

作品1
作品2
作品2

「当真一茂 短編アニメ上映」

6月6日(火)  ①12:20~ ②14:55~(2回開催)
@ローム記念館 劇場空間

ープロフィールー
当真一茂
1988年生まれ。
2012年 沖縄県立芸術大学 デザイン学科卒
2014年 東京藝術大学 大学院映像研究アニメーション専攻修了
2016年 こども向けアプリ制作会社勤務
2017年 フリーランスで活動中

幼いころ、「ウォレスとグルミット」を見て以来人形アニメーションにあこがれる。大学3年次から、羊毛フェルトによる人形アニメーション制作を始め、卒業制作の「スキマのスケーリー」が「まつもとこどもたちの映画祭4」で上映される。東京藝術大学 大学院映像研究アニメーション専攻に進学し、修了作品として制作した「パモン」は、ドイツにて第14回日本映画祭「ニッポン・コネクション」で上映される。 現在は頭の中にあるフワフワしたファンシーなキャラクターやイメージを実体化するため活動中。最近は、人形にダンスをさせる技法を磨いている。人形アニメーション制作のほかにも、日本国内、海外での作品上映や、ワークショップの企画、運営、人形造形、イラストレーションなど幅広く活動中。

※今回は作家によるメイキングトーク・作品展示を同時開催いたします。
当真さん

当真一茂

作品1
作品2
作品3

スティールバンド words and music コンサート「pandelight(パンデライト)」

6月16日(金)  開演時間12:20~
@ローム記念館 劇場空間

ープロフィールー
pandelight(パンデライト)
各地にご当地ならではの唄や踊りがあるように、大阪ならではのお祭り感溢れるグルーヴを追求するスティールパンのバンド。バンドが目指す音楽、哲学、活動方針等全ての根底に存在する「ノリとヴァイブスでええ感じにリラックスしようよ」感を 「レイドバック大阪スタイル」と命名し、大阪を中心に活動中。

【出演】
寺本裕也・サカモトジャイ庵・頼経道子・寺本小絵佳(Steel Pan)
たなやん(Per)
熊代 崇人(Bass)
FUNKYMIC(Rap)


※今回はゲストにラッパー、ベース、パーカッションを加えた特別プログラムでお送りします!
pandelight

pandelight

たなやん

たなやん

熊代さん

熊代崇人

FUNKYMIC

FUNKYMIC

七夕週間ランチタイムコンサート「同志社室内楽団×邦楽部」

7月5日(水)、6日(木)  開演時間12:20~
@ローム記念館劇場空間


ープロフィールー
同志社室内楽団
2013年「同志社弦楽四重奏団」として設立。同年9月「同志社室内楽団」として改名し「自由に楽しく音楽を」「ステージを楽しむ」ことをモットーに学内外問わず幅広く活動中。当初2名だった団員も2017年3月現在82名となり、同志社大学、同志社女子大学、京都大学などの学生も在籍。ジャンルにとらわれない演奏で好評を得ている。

邦楽部
同志社大学邦楽部は今年で創立86年目を迎える、同志社大学公認の部活動です。箏、三絃(三味線)、尺八といった日本伝統の和楽器を演奏する活動をしております。どれも魅力的な音色をもつ奥深い楽器ですが、大学から楽器を始めた初心者でも、先輩からの丁寧な指導と練習で十分に弾きこなせるようになります。また、曲の種類も古典的な曲から、親しみやすいメロディーや激しいリズムのある現代的な曲まで幅広いので、それぞれの好みにあわせて自由に演奏を楽しめます。楽器の音色を聴いてみたい、楽器に触れてみたいという方は是非一度、邦楽部の部室にお越しください。お待ちしています!


【出演メンバー】
同志社室内楽団(同志社大学登録団体)
邦楽部(同志社大学公認団体)

※今回は七夕週間として2日にわたってジョイントコンサートを行います。

同志社室内楽団

同志社室内楽団

邦楽部

邦楽部

このページの先頭へ